在日コリアンの秘密


701 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/19(土) 21:58
>>697
あの〜、世界中どこいっても世紀末なんですけど。
漢字をきちんと勉強してね。

702 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/19(土) 23:34
>697
標準的なチョーセンジンです。

703 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/19(土) 23:37
>>697
さらに関西弁。関西人=挑戦人スレへの朝鮮か?

704 名前: 珍土犬 投稿日:2000/08/19(土) 23:38
>697
食べないでね、ワンワン!

705 名前: >689 投稿日:2000/08/20 (日) 16:26
今日、青森光星負けたね。金成奉監督も見たよ。まんまコリアンだね。

706 名前: 本名・小林よしのり 投稿日:2000/08/20(日) 17:04
わしが朝鮮人かいっ!あんたらのお仲間やないかい、なぁー、わしのどこが
下品なんじゃい、ほんなら、わしは、なにな?下品な日本人ちゅうことか?
馬鹿にすなやっ!平均中の平均的な、日本人の代表格みたいなもんやで、
わしな、そうおもわへんか、なぁー、日本で一番偉いニッポンジンやないかい
、近所のおばちゃんも、そうゆうてるで、なぁー。

707 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/20(日) 17:12
>706
あなたさ〜、
日本人のフリしたり朝鮮人のフリして
ハングル板掻き回してるでしょ?最近。
やめようね、ややこしいから。

708 名前: 本名・小林よしのり 投稿日:2000/08/20(日) 17:18
わしの娘と嫁はんとな、昨日、朝鮮がやっとる焼き肉屋でな、メシくうとってん、
そしたらな、そこの焼き肉屋の親父がな、高校生が酔うてベロベロになったらあかん
ゆうて説教たれたんや、ほんでな、頭にきてな、タレの入れもんにな、タン吐いて入れてきたで、
あっさりしたで、なぁー娘もなぁー、便所行って、ションベンそこいらじゅうに垂れ流してきた、ゆうてたで。
チョンコのくせして生意気やろ?なぁー、わし、下品か?同じ日本人から
ゆわれたら、エライショックやで。一番、平均的な日本人や、おもてるさかい。


709 名前: >706 投稿日:2000/08/20(日) 17:18
いやいや、ただ頭が悪そうだとみんなが言ってるだけです。
あんまり、日常生活で近づきたくないキャラですな。

710 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/20(日) 17:26
>708
ネタ披露するな(ワラ
関西弁だと生々しい。

711 名前: 本名・小林よしのり 投稿日:2000/08/20(日) 17:29
あ、忘れとったわ、わしの娘がな、「誰かええ男いてへんの?」そうゆうてたわ、
ここなら、まさかなぁー、朝鮮人おらへんやろしなー、ここならばこそやないかい、
なぁー、平均的な、日本を代表するような日本男子の集まりと見たで、ここな、
わしの娘、ガングロ、金髪、この前まで援助交際してなー、わしのパチンコ代
かせいできよったで、ええ娘やろ、なぁー、大和撫子やで。


712 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/20(日) 17:29
思い出した、このカキコ、皇太子じゃねーか。
オタク右翼さん皇太子が出てきましたよ。

713 名前: 本名・小林よしのり 投稿日:2000/08/20(日) 17:44
照れるやないかい!皇太子て・・・・あの皇太子やろ?なぁー、
そんなわし、上品さんか?なぁー心の中ではそう、おもてるけどなぁー。

714 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/20(日) 18:26
また半ボードの連中がここの削除依頼出しているよ。本当にしつこいな。

715 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/20(日) 18:40
どーせ削除すんなら617だけでなく
意味ねーコピペもあぼーんすりゃいいのに

716 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/20(日) 18:46
>715
617って、どんな内容だったの?


717 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/20(日) 18:56
ハンボード管理してる人って在日の一般人なの?

718 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/20(日) 20:56
>717
そうだよ。

719 名前: 本名・小林よしのり 投稿日:2000/08/20(日) 22:04
わし、皇太子やて、わかる奴にはわかるんやで、なぁー、わしの娘天皇家に
嫁がせたろか、なぁーええ考えとちゃうか、どないやろ?今はやりのガングロやし、
金髪やし、悪いとこ、どう逆立ちして考えてもないねん!パンスケの経験もあるしなー
ベストや!誰か宮内庁の人間、紹介してくれへんか?

720 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/20(日) 22:16
煽り・語りにも人格がでるやね(w

721 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/20(日) 22:45
>719
お前も叛ボードからの厄介者か?とっとと立ち去れ!

722 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/21(月) 03:51
削除依頼が出てたよ

../../piza_saku/966/966761509.html
「在日コリアンの秘密」即刻削除依頼


723 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/21(月) 03:52
がいしゅつだった。ごめん。

724 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/21(月) 05:48
やっと歴史が修正される。
55年もかかったとは。

725 名前: ひどいチョッパリがおおいな・・・ 投稿日: 2000/08/21(月) 11:04
ここのカキコみてショックうけまくり!
なぜそこまで嫌ってんの!?
もっと仲良くしようぜ!!

726 名前: >725 投稿日:2000/08/21 (月) 11:10
あんた在日?>725

727 名前: >725 投稿日:2000/08/21(月) 11:45
この板全部読めば、なぜ日本人が在日コリアンを嫌ってるかはすぐに解るはずだ。
また、これは断じて差別ではないぞ。
差別はアメリカの黒人差別のように弱いものに対しておこなわれる。
在日は弱者ではない。
あくまでも日本の弱体化を狙う最大の敵として認知している。
我々は必ず在日が今までやってきた数々の非道な行いを後悔させてやる。




728 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/21(月) 12:25
../../piza_occult/966/966427780.html
なんかまたちょうしに乗ってるあほが・・・

729 名前: 本名・小林よしのり 投稿日:2000/08/21(月) 13:04
なんで、おまえらケンカばっかりしてんねん、アメリカのなぁ〜白豚
黒豚がケンカするゆうんならわかるけど、ニッポン、朝鮮がケンカして
なんぞ、意味あるんか?わからへんがな、なぁ〜〜。

730 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/21(月) 13:04
../../piza_net/961/961869359.html

731 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/21(月) 13:47
(1)コンプレックスの塊
   例)
   関西人→何かに付けて「東京は!東京モンは!!」
       「東京モンには負けへんでェ〜!」
       東京をすぐ目の敵にする。そのクセ構ってほしくてたまらない態度。
   朝鮮人→何かに付けて「日本は!日本人は!!」
       「日本人には負けへんでェ〜!!」
       日本をすぐ目の敵にする。そのクセ構ってほしくてたまらない態度。
(2)自我の塊
   例)
   関西人→何処へ行っても関西弁(or 関西人気質を押し付ける)。
       自己中心的。気が短く怒りっぽい。
       「郷に入っては郷に従う」という事が出来ない。
   朝鮮人→何処へ行っても民俗主義。自己中心的。気が短く怒りっぽい。
       「郷に入っては郷に従う」という事が出来ない。
(3)金銭にガメツイ&汚い
(4)貧弱な公共精神
(5)異様に顔がデカい!!
(6)アンタッチャブル!!!(ヤクザ・パチンコ屋・風俗業・犯罪・パチモン・
etc のメッカ)
この『朝鮮度指数(笑)』の異常な高さは一体どういう事なのでしょう?
もしかすると関西人の殆どは通常の大和民俗からは遠く懸け離れた濃ゆ〜いミックス
ブラッドなのでしょうか?
それとも特殊な問題(在日・部落・etc )を抱えすぎてるが為に、その位のバイタリ
ティが無いと押し潰されそうに成ってしまうので、それを回避する自己防衛本能が働
き、彼等をしてそうたらしめているのでしょうか?
或いは上記の気質は関西在住の在日さんの特色なのでせうか?
私には関西圏は『特殊地帯』に思えてなりません・・・・。
因みに私は東京モンではありません。




732 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/21(月) 21:51
>727
偉い!日本人の鑑だ。

733 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/21(月) 22:54
../../saki_geino/966/966857092.html

和田アキ子が在日だったことを知らない連中がいる。
同じ2chでもこんなに違うんだね。

734 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/21(月) 23:22
>>733
やつってなんで芸能界のドン、なんて威張っているんだろうね。唄も下手。
髪の毛はカツラみたいだし。日曜昼の超お下劣番組もろとも逝け!!

735 名前: 修学旅行で感じた事について独り言。 投稿日: 2000/08/22(火) 09:25
まぁいろいろとハングル版読んでみたけど50%&50%で信じてる。
でも差別用語とされてる?言葉はできれば使って欲しくない・・・

ところで最近修学旅行で北朝鮮に逝ってきたけど
なんかピョンヤンより新潟の方が都会だったのには驚いた。
とりあえず朝鮮に言って思った事は結構ある。
まず小学校時代に教科書で習ったのと全然違った事。
小学校時代に教わった事。
@コジキなどがいない!!(らしい・・・)
A肉が毎日食える!!(らしい・・・)
B地上の楽園!!(らしい・・・)
Cコンピュータ技術がすごい!!(コレはホントらしいけど・・・)
とまぁとりあえずなんでもかんでも「世界一の先進国」みたいな?
教科書にはたいがい遠方から写したピョンヤンとか・・・
(遠くで見ると確かに大都会だが近くで見ると超ボロボロ・・・)

そして感じた事。
@金日成はちゃんと火葬してあげたほうがいいと思う・・・(妙に可哀相だ・・・)
Aとりあえず街を歩いてる人は何をやっているのか?仕事はなんだ?
B娯楽がないからホテルで退屈!!(TV一日2時間くらいしかしてないしChも1しかない。)
Cホテルの料理なのになぜハエがたかる?
D人民は金正日を尊敬しすぎ!!(そこまで崇拝?する必要あるか?)
E停電しすぎ。

とまぁ聞いてた&思ってたとおりだったよ・・・
昔の朝鮮について勉強にはなったけどねぇ・・・
修学旅行で逝くようなところではないと・・・

まぁ話かなりそれた気がするけど
これよんで気分悪くした人は無視してね!!(はあと)

736 名前: >735 投稿日:2000/08/22 (火) 09:48
いきなり質問なんだけど、朝高で日本人を差別用語で呼ぶ人ってどれくらいの割合?
あと、教師はチョッパリ、ウェノムという言葉を使うと怒る?

737 名前: はいはいお答えしましょう!! by関西の朝高生 投稿日: 2000/08/22(火) 10:16
>朝高で日本人を差別用語で呼ぶ人
 いや・・・はっきり言ってそんな人いませんよ。(少なくとも俺の学校では)
 だからチョッパリとか使っても怒るかどうかわからない。
 今度根性出して先生の前で言ってみるわ(笑)

 どうでもいいけど学校の授業の「現代革命歴史」(わかりやすくいうと金日成の伝記)が
 クソうざい!!
 確かにあの人は革命起こしたかもしれんけど教科書全部おんなじ内容やし
 ウザくてたまらん!!
 世界歴史の教科書の一部に代表的なのを書いときゃそれでええやんか!!
 全部同じような事で年と言った言葉が微妙に違うだけで
 覚えにくいんじゃい!!
 ・・・
 あ〜スッキリした・・・(むなしい・・・)

738 名前: >737 投稿日:2000/08/22(火) 10:37
京都に韓学園だかあるんでしょう
何でそっちに行かなかったの?

739 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 10:45
>737
そんな偏向された歴史観が教育されてるなら、やっぱり
大検はうけなきゃねぇ・・・

740 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 11:40
>>737
金日成はロシアの傀儡で革命なんて起こしてないです。

741 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 11:42
>737
>>朝高で日本人を差別用語で呼ぶ人
>いや・・・はっきり言ってそんな人いませんよ。(少なくとも俺の学校では)
くどいようだが、学校外でダチ同士の会話でも使わないのか?

742 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 11:42
朝高生の書き込み歓迎!
朝高現役の学生さんが何を考えているのかとか、ここにいる人も
知りたがっていると思うから、よろしくね。


743 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 11:46
ここで、チョンだの、書き込みしている人も、実社会では使って
いないんじゃないの。どうなんだろう、、

744 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 12:10
いつも思うんだけど、なんで在日ってまともなスレッド立てないんだろ?
力道山とか関西の朝高生君なんかに質問系以外のスレ立てて欲しい。

745 名前: >735 投稿日:2000/08/22(火) 12:23
こういう現役朝高生の生の声が聞けるのはいいね
他にも日本の高校とちがった話があったら教えてください
(といっても日本の高校がどうかがわからんと違いがわからんか……)

あと○数字は使わないほうがいいよ
Macの人とかは見えないから

746 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 13:01


*****現役朝高生への煽り禁止*****




747 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 13:49
現役朝高生と決まったワケでもないだろ?


748 名前: 現役の朝高生!!長々と寒いことを書いてゴメンナサイ。 投稿 日:2000/08/22(火) 15:48
いや・・・まじで使ってないですよ!
ただしイルコー(日高)って呼ぶことはある。
なんていうか「イルコーの友達紹介してや!」とか・・・
イルコーってのは差別用語ではない。
ただ「日本の高校生」を略して訳しただけ。
朝鮮高校生のことを「朝高生」って呼ぶのといっしょ。

>743さん
差別用語の「チョンコ」とか「チョン学」とか「鮮人」・・・
あと「にんにくくさい」とか「はしっこあるけ!」とかも・・・
今は(実社会では)言う人いないんじゃないでしょうか?
言われた事、聞いたことないし・・・
だからココの掲示板見つけたときはすごいびっくりしましたよ。
「差別用語の嵐だ!!」ってね〜♪

え〜っと日本高との違い・・・?
1=学校では「日本語」(日高でいう国語)の授業以外は全て
  ハングルで話さないとダメ!(でもほぼみんな守ってない。(笑))

2=成績悪くても必ず進級できる?
  これは聞いた話やけど過去に期末テストで名前しか書いてないのに
  進級した・・・らしい。

3=運動会!学芸会!等があつい!!(ウザい・・・)
  どうにかしてくれ・・・マジで・・・
  組み体操ウザイ!!なぜそこまで練習する!?
  マスゲームとかに憧れてんの?
  できないやつに無理やりさせんな!!
  見ててかわいそうだ!!
  学芸会?
  練習で朝から昼までぶっとうしで歌わせんな!!
  声が出てない!?
  あたりめーだ!バーロー!!
  人間は朝起きて5時間してやっと声が出てくるようになるんや!
  それになんやねん歌は!!
  「あ〜〜金日成様♪あ〜われらが太陽♪将軍の愛を受けて我らは今ココで
   こうして暮らせているのです♪あぁ金日成様永遠に♪」
  こんなのばっかり・・・こんな歌無理にうたわせて楽しいか?

フーまだまだあると思うけどまた次に・・・

さてさてなぜ韓学に逝かなかったのか?
理由は簡単です。
知らなかったのですよ!!
今思うとそっちの方がよかったかもね・・・
なんかTVとかで見てもそっちの方が面白そうだし。

(どうでもいいけど)俺の将来。
とりあえず大検は取れないですね・・・この学校卒業しても
だから大検が必要の無い大学に行きます。
朝大なんかゴメンだぜ!
そしてまぁ色々とバンドやったりで将来はプロになろうと思ってる。

 学校の先生へ!
〜コレ見て俺が誰だかわかっても声かけてきんといてね!(はあと)
 

749 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 16:08
>組み体操ウザイ!!なぜそこまで練習する!?
>マスゲームとかに憧れてんの?
ワラった 

750 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 17:02
>現役の朝高生
音楽関係でもなんでもいいからスレッド立ててよ

751 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 17:13
>>748
いやあ、面白いっすよ。なんか当たり前なんだけれど、
朝高の学生も普通なんだなぁと思わせてくれるからね。



752 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 17:13
なんか、ほっとするねぇ。


753 名前: 751 投稿日:2000/08/22(火) 17:17
私も高校生の頃は朝高生にからかわれたりして、けんかの一歩手前
ぐらいまで行くときはたくさんあったね。私は恐かったから逃げて
いたんだけれどね。
朝高が日本の普通高校と大きく違うところは、優等生と不良が同居
しているというか、学力のクラス内の差が大きいところではないかな。
そんな中で、どうやって授業を進めているのか、クラスで仲良く
やっているのか、興味があるから教えてくださいな。

754 名前: 現役の朝高生!! 投稿日:2000/08/22(火) 17:51
>優等生&不良がいっしょ・・・

これはどうやろうねぇ・・・
不良っつってもタバコ吸うくらい?
なら俺も不良か!?(笑)
とりあえず学力で差があるのは事実かも?
100点取るやつはいつも決まってるし
0点取るやつもいつも決まってる。
あと面白い所といえば学級崩壊みたいな感じが無いのは面白い・・・
授業中はみんないたって普通・・・
勝手に教室出て行くやつもいないし、大声で友達としゃべくってる
ヤツもいない・・・
って言うかほとんどのやつきちんとノートとってるし・・・
登校拒否もいないし・・・
陰湿ないじめもないし・・・
補習サボるヤツもいない・・・
先生にあったら挨拶もする・・・
とまぁ・・・ある意味すんごい優秀な学校かもね。(笑)
あとほかには全ての教室に金日成と金正日の肖像画がある・・・
頼むからやめてくれ!!
美化しすぎだ!!
おい!!肖像画の金正日!!あんたや!!あんたにいっとんのやで!!
もし肖像画そのままやったらジャニーズはいれるわ!!

755 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 17:55
祖国に帰りたがってる同級生はいないの?

756 名前: オタク右翼 投稿日:2000/08/22(火) 17:58
>現役の朝高生
ちなみに部活は盛んなのか?
東京の朝高と交流とかはあんのか?俺は高校時代にラグビー部だった
が、埼玉の立教グランドで一度だけ東京の朝高と試合をしたことが
ある。何校か合同の練習試合で、確か朝高は負け越したんじゃねー
かな。試合後話す機会があったが、結構面白い奴らだったぞ。
ただし、割と練習きついらしく、負けたからって「日が暮れるまで走
ってこい!!」なんてコーチに怒鳴られて、ほんとにえんえんと走って
たぞ。コーチに聞こえないように、走りながらぶつくさ言ってたな。
「マジかよ。やってらんねーよ。」なんつって(笑)。
懐かしいなあ。もう15年ぐらいまえだが、今でも練習試合はやってん
のかな?


757 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 18:19
ボクシングとかは強いよね。

758 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 18:20
>>748
北朝鮮だと出来ないと殺されるからでしょ。
教師の優しさよ。

759 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 18:26
わははは!
笑わしてもらいました。文章うまいねぇ。
民族学校って案外いいもんだね。
でも民族指向(言葉や歴史なんか)はいいけど、あんまり本国指向が強すぎる
のが欠点のようだね。ここは、力道山みたいに東京朝鮮学校のやつもいるし
大阪の朝校の連中もつれて来てよ。
ちなみに、「2chでは圧勝だがyahooでは」スレの「ポンポンさん」は
たしか大阪朝校のOBだったとおもうが。
それと、ちょんだの何だの馬鹿なカキコする奴は案外少ないと思うよ。
まあこの板では「厨房」くらいの意味でつかっている場合が多いから無視して
おくれ。

760 名前: 現役の朝高生!! 投稿日:2000/08/22(火) 18:29
>755さん

そんなやついませんよ!(笑)
修学旅行から帰ってきて新潟についた時俺のダチは
「地上の楽園日本万歳!!」って言いましたからね。
でも超昔はいたみたいですね・・・
ホームルームの時間に「明日、朴くんが祖国に帰る事になりました」みたいな・・・
いまじゃ考えられないですね・・・

>オタク右翼さん

そうですね・・・昔ほどじゃないけど結構盛んですね・・・
うちの学校のサッカーは強いですよ。
新人戦で優勝したし・・・(もち日高とも戦ってね。)
あと練習はどのクラブ見てもキツイ・・・
それはやっぱり「日高にはまけんぞおおぉぉ!!」って言う先生の
意地の塊か!?
ちなみに俺も小学生の時はサッカーをやってたけど
そのときから結構練習きつかったからなぁ・・・
負けた時、同じく「日が暮れるまで走っとけ!!」なんて監督に怒鳴られて、
ずっと走ってた時もありましたよ・・・
監督の前では「ハイ!」とか言いながら監督が見えないところで
走りながら舌打ちと文句の嵐・・・

監督「おら声だせー!!」
部員「おお!!第三団結!!おお!!」
  「っち!けっ!!だっりぃ・・・かえりてぇ・・」とか・・・
でもそのせいで結構サッカー強かったですね。
日本の小学校相手じゃ7ー0とかでかってたし・・・

最近の朝鮮小学校のサッカー。
新聞のすみっこにちっちゃく小学校サッカーの県大会大会の一回戦の結果があったんですよ。
無名?の小学校に7−0で負けてました・・・
その無名の学校は2回戦でこれまた無名の学校に2−1で負けてました・・・
あのころの栄光はどこに?



761 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 18:36
小学校のとき朝鮮小学校とサッカーで一戦を交えたことあるけど、強すぎ。
いつも優勝はニ寺か朝鮮か、だったもんなぁ。

762 名前: オタク右翼 投稿日:2000/08/22(火) 18:56
>現役の朝高生
そうか。ちなみにちゃんと勉強はしてんのか?俺が試合した時にナンバー8
だった奴が、偶然浪人のときに一緒の予備校になったがそいつはちゃんと
志望大学合格してたぞ。ばかでけえ奴だったから見た瞬間にすぐわかったけどな。
ちなみに俺はそいつとぶつかり脳震盪を起こして倒れたので、そいつも覚えてた
らしいが。ただ、そいつ予備校のクラス分けでとりあえず一番上のクラスに入ってた
から、朝高でちゃんと勉強してりゃあ大検ぐらい受かるんじゃねーのか?

763 名前: 人気者か?現役の朝高生!! 投稿日:2000/08/22 (火) 19:20
一応タバコと勉強を・・・
ん〜っとね・・・勉強のほうは英語と国語はがんばってます。
期末なら70〜85くらいかな?
え?金日成の伝記!?←聞いてねぇ聞いてねぇ!
あんなの0点onlyに決まってるじゃないですか!!


764 名前: スモーカー 投稿日:2000/08/22(火) 19:25
タバコはやめれ。今ならやめられる。
最近は肩身せまいぞ〜。

765 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 19:26
なんでこんなにテンション高いの?

766 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 20:18
辛くて臭いもんばっか食ってるからでしょ。

767 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 20:19
日本版民族学校とか作ったら、案外うけたりして。
歴史の授業では皇国史観教えたりして。
宗教系の私立校があるなら、可能なような気がする。

768 名前: 同人女 投稿日:2000/08/22(火) 20:38
>>748

遅レスだけど、バンドで食うのは大変だよお〜。
文章上手いから、そっちの方はどうよ(笑)

769 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 21:39
いや、ほんとこういう朝高生がいると
ほっとしますな。下手な歴史談義などより
よっぽど日朝友好のためになるぞ。

770 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/22(火) 23:21
まったくですな。
こういう普通の感覚を持った若いのばかりだと良いですな。

771 名前: 大和撫子を半島人のレイプから守る会 投稿日: 2000/08/22(火) 23:21
こりゃいいや(ダジャレですまん)
また来てくれよ。(俺はテレホのみだが)

772 名前: 名無しさん@1周 投稿日:2000/08/23(水) 00:31
やっぱり反日やってる在日って60万人の中の一部かもしれんね。
それも3世〜4世になればもっと少ないかもしれんなぁ〜。
なんかやっぱり時間が解決するような気がするね。
日本人の方も、言いたいことは言っても、変に時計の針を戻さないように
気を付けとこうやな。


773 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/23(水) 00:34
しかし、現地の高校生は変な教科書で悪意の増幅をさせられてるしな。

774 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/23(水) 00:34
>>771
申し訳ありませんが、ダジャレが何であるのかすらわかっていません。
こりゃとコリアをかけているのですか。

775 名前: 名無しさん@そうだ選挙にいこう 投稿日: 2000/08/23(水) 03:12
揚げ!!

776 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/23(水) 03:55
またきてね!

777 名前: ネットアイドル化?現役の朝高生総書記!(爆) 投稿日: 2000/08/23(水) 08:48
>771さん&776 さん

どうも!!また遊びに来ました!!

>768さん
そうですね・・・確かにバンドで食っていくのはむずかしいですね・・・
でもせっかくやりたいのに事があるのにやらないであきらめるような事は
したくないですね。
やるだけやってダメならそこらでのたれ死んでも悔いはないでしょう。
とりあえずフツーの暮らしはしたくない。

>766さん
俺は辛くてく臭いものならカレーの方が1000倍好き。
キムチはあんまり食ってないっす!
テンション高いのはカレーのせいです。
カレー最高。
それからカレーは混ぜてから食うな!!
混ぜて食ったやつはピョンヤン市金日成拘置所にて死刑!!(そんなんないし・・・)

>764さん
そうなんすよ〜。
実はこの前学校でばれちゃいましてね・・・
学校では控えてます。

           俺コラム(略して俺コラ)第1弾
     〜っていうかコラムってこういうことを言うんだったっけ?〜

〜修学旅行で向こうに行った時に見た学生たち。
 北じゃ小学生の時から「お国のため精神」とかを植え付けられてるようです。
 実は向こうの学生らと交流したんですよ。
 そのときその学年の委員長みたいなヤツが別れぎわの時「お別れの言葉」を
 言うんですね・・・
 「短い時間でしたが○○学園の人たちと別れる時が来ました。
  われわれはあなたたちの事を一生忘れません。
  われわれはこれからも祖国のため、金日成将軍のために
  たくさん勉強をして、軍隊に入りお国のためにつくしたいと思います。
  残念な事にあなたたちは日本に住んでいるけど、私の事をどうか忘れないで
  心を通わし!!ともに祖国のために戦っていきましょう!!
  では・・・最後に一曲歌います・・・
  嗚呼〜〜〜金日成将軍♪白頭山より神々しいあなたの永逝のお姿よ♪
  太陽のようなまなざしでかくも暖かくわれらを包みこむ太陽像よ♪(以下略)」
  夢が軍人ってなんかミュージシャン、カリスマ美容師とかを目指してる
  子が多い今の日本じゃ信じられないことですよね・・・
  50年くらい前の日本みたいに思えました・・・

===============第1段終了==================
とりあえずレスのみじゃぁなんか寂しかったんで勝手に修学旅行での出来事を
書いてみたりしてみたりいたしましたですます。
しかしはじめの印象とはうってかわっていい人おおいっすね。
最初は「チョンコ生立ち入り禁止!」とか「在日チョン人逝ってよし!!」等
言われまくるかと思いましたよ・・・
でも今は結構レスがついたりでたのしいです。
ん〜〜〜次回はどうしようかな・・・


778 名前: ネットアイドル化?現役の朝高生総書記!(爆) 投稿日: 2000/08/23(水) 08:49
おわ!!さっきの発言!!スリーセブンだ!!
こりゃ縁起いいぞ!!
今日ぐらい統一するか?(無理)

779 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/23(水) 08:54
氏ねや↑の白丁。

780 名前: >現役の朝高生 投稿日:2000/08/23(水) 08:56
とりあえずこのスレッドではやめときなって
在日ではこのスレが目立つのを嫌がってる人それなりに居るみたいだから

781 名前: >778 投稿日:2000/08/23(水) 09:07
おまえは朝鮮人か。
ならば、俺はおまえの裸が見たい。
それは生物学的な興味からだ。
朝鮮人の筋肉のつき方はどうか?ハァ
肉付きは?
エラはどういった役目をするのか?
男性器のふるえ具合どうか?
排便口の・・・・ハァハァ
勘違いされたくないから、何度もいうがこれは生物学的な興味からだ。
よい返事を期待して待ってる。


782 名前: 現役朝高生!! 投稿日:2000/08/23(水) 09:12
新スレ立てようかな・・・

>780さん
 そうですね・・・よくタイトルを見たら結構アレですす・・・
 ゴメンなさいです。m(--)m

783 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/23(水) 09:22
どんなスレッドでも煽り・荒らしはでるから
気にしねーで立てな。そのうち、このスレでは
レスしなかった在日もつけるだろーから

784 名前: オタク右翼 投稿日:2000/08/23(水) 10:48
>現役朝高生
まあ、アホはどこにでもいるからな。煽りにはいちいち反応しねーことだな。


785 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/23(水) 14:11
アホを越えて気持ち悪い>781

786 名前: よくぞ聞いてくださった 投稿日:2000/08/23(水) 15:02
変態に、人種、国籍、民族の別はない。
気持ち悪い。
逝け>781>変態野郎

787 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/08/23(水) 15:06
なんつーか「いまどきの若者」って感じがして微笑ましいわ(我ながらじじむさい感想だが)
少々はしゃぎすぎ気味の感はあるが(汗

このスレはタイトルがアレだから新スレ立てたほうがいいかもね
「朝高生の北朝鮮修学旅行での出来事」とかいってとかいって
他の朝高生の人やOBの人も書いてくれると嬉しい

788 名前: >787 投稿日:2000/08/23(水) 17:37
../966/966991523.html

すでに立ててる



789 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/23(水) 22:53
そう言えばここの削除依頼ってどうなったの?なんかチョンに憎まれてるみたいだけど

790 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/23(水) 23:11
>789
秘密あばかれたからじゃないか?

791 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/23(水) 23:21
単なる事実の公開なのにねぇ。

792 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/23(水) 23:29
「事実」が明るみになったら困るからでしょう。
さっさと半島に帰ってアイゴーアイゴー逝ってりゃいいのに。

793 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/23(水) 23:30
そうそう、乳のあたりまでめくれるプリーツスカートはいて。

794 名前: 名無しさん@そうだ選挙にいこう 投稿日: 2000/08/24(木) 04:16
勉強になるなぁ

795 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/24(木) 13:38
定期あげ

796 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/25(金) 14:34
この事実知った在日はショックだろうな〜。

797 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/25(金) 22:37
在日よ、事実を直視してもう少し謙虚になれよ。

798 名前: 朝鮮人って何者? 投稿日:2000/08/26(土) 06:13
文句があるならさっさと自分の国へお帰りなさい。


799 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/26(土) 07:15
797,798とかその他、なんかただ煽ってるだけだよな
別にいいんだけど、在日の人だっていい人っているし
仕事上付き合いあったけどそんな変じゃなかったけど。
ただそのことには気をつかったけどね。
なんかバカにしてるだけのレス書いてる奴がアホだな。

800 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/26(土) 07:50


  Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´∀`)< オマエガナー
 (    )  \__________
 | | |
 (__)_)

801 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/26(土) 07:52
真に受けるほうがアホ

802 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/26(土) 11:25
>1
はじめてこの事実を知りました。ありがとうございます

803 名前: 在日の浪人生 投稿日:2000/08/27(日) 06:53
僕は在日3世で今まで本名で生活してきましたが、差別されたことなどは特にありません。それどころか、自分が韓国人であることを忘れてしまう 瞬間があるほ どです。

今までは在日であることについて深く考えたことがなかったので、このような状況なのだとわかり戸惑いを隠せません。

高校の時くらいから、『自分は韓国人なのに、母国の言葉が話せないなんていいのか?』とは思っていました。大学に入ったら言葉に限らずいろいろ勉強しよう と思っています。

804 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 06:55
>>803
なして帰化せんの?

805 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 06:57
帰化しな。それで全て解決。

806 名前: 在日の浪人生 投稿日:2000/08/27(日) 07:03
帰化に関してですが、昔僕がまだ小学生だったころ帰化というものを知って、なんとなく父に『ねぇねぇなんで帰化しないの?』と訪ねたところ、 なんと言われ たか忘れましたがすごく怒られました。

それ以来僕の中で帰化というのはなにかいけないことなんではないか、という考えが生まれました。今になるまで本当になにも考えずに生活してきたので帰化の ことに関してもそれがどのようなもので、どのような意味を持つのかほとんどわかっていない状況です。

807 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 07:12
そんじゃ、勉強して自分で判断しな。

808 名前: >806 投稿日:2000/08/27 (日) 09:00
それは親のエゴだな。
とにかく親御さんは、「朝鮮サイコー、日本極悪氏ね」で洗脳されているでしょうから、
日本への帰化は売国奴のするもの程度に思ってるだろう。
君はその考えにただやみくもに恭順したり、反発するのではなく
自分で考えて、帰化する、しないを冷静に判断すべきでしょう。

ただ、またそれとは別なんだが、あなたの親御さんのように日本への帰化は
売国奴と考える在日っていまだ多いわけよ。
日本人からしてみれば、在日だって日本で暮らして、日本の社会システムに恩恵を
うけているくせに、日本への帰化は裏切り者のすること的な考えには、すごく反発
を覚えるし、見下されたような怒りを感じるわけよ。
そこらへんもちょっと考えて欲しいとこだな。


809 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 12:25
韓国でも在日は、売国奴扱いだよね
朝鮮戦争時に日本にいて特需の恩恵にあつかりのうのうと私腹を肥やした
って思われているみたいだし


810 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 12:48
半島のチョーセンジンのねたみ根性、差別根性は
在日にも及んでいる。
また、おやじさんは、反日教育を叩きこまれるぐらいに受けてきているので、
いまさら変えられないのでは?


811 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 13:53
帰化しろ帰化しろと馬鹿の一つ覚えのように言うやつがいるが
なんで帰化させたいの?

812 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 13:56
どこにいるんだ?


813 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 14:00

帰化してもチョンはチョン。日本が汚れます。

814 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 14:12
>813
国籍を取得すれば、立派な日本人です。
例えそれが、金 明秀 でも 辛女史でも それが法治国家です。

815 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 14:20
くだらん書生論だな

816 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 14:26
>811
そんな奴どこにいる?はっきりさせろ

817 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 14:31
>816
おまえだろ

818 名前: 814 投稿日:2000/08/27(日) 14:34
>815
そのとおりですが
国家の「顔」は、たてまえで成り立ちます。

819 名前: 名 無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 14:57
今どき書生論だってよ。ばっかみたい。
日本人の定義が他にあんのか? おっさん。

820 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 15:07
>819
馬鹿なやつだなあ。いくらでもあるだろ。知らんのか?
ここは法律板か?

821 名前: 名 無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 15:10
>>820
で、内容は?

822 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 15:17
ろくなのが引っかかてこんな

823 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 15:32
やっぱり面白くなかった?
誰か長文かいてくれ。

824 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 22:21
>806
要するに君の親父さんが日本に帰化するのを嫌うのは、日本人よりも朝鮮人の方が
優れた民族だという朝鮮人の抜きがたい偏見から一歩も出ていないだけの話でしょ?
我々日本人はそんな典型的な事大主義者の朝鮮人に帰化して欲しいとは思いません。

825 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/27(日) 22:36
>>822
824の事大主義はOKなのか? 意味がわかってなさそうだぞ。
それに我々って、誰が代表してくれってたのんだ?

826 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 00:32
やっかいもんだ。


827 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 01:23
age

828 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 01:29
つうか、在日は帰れよ。日本円稼いだのだから韓国では大金持ちだろうに。
利子で食べていけるだろ。

829 名前: 822 投稿日:2000/08/28(月) 01:29
なぜ俺が指されるの?
事大主義とは大に事えるという意味。
伝統的に華夷秩序の中で中華に仕えることをよしとしてきた朝鮮人は、
華夷秩序を受け入れず独立自尊の日本を馬鹿にしてきた。
824さんが間違っているとは思えないが。

830 名前: >825 投稿日:2000/08/28 (月) 01:59

とっとと寝ろ。

831 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 05:00
>767
> 日本版民族学校とか作ったら、案外うけたりして。
> 歴史の授業では皇国史観教えたりして。
> 宗教系の私立校があるなら、可能なような気がする。

静岡県の「オイスカ高校」がそうだよ。


832 名前: 在日の浪人 投稿日:2000/08/28(月) 07:32
返事が遅れてすいません。なぜ父が帰化に反対するのかについてですが、理由がわかりました。

うちの父方の系譜はかなり昔(40代以上)から続いていて、その根を絶やしたくはないと考えているのだと思います。なぜならいろいろなことがあり、僕しか 後継ぎになれる人間がいないからです。

実際には父には2人の兄がいるので、僕はてっきりその叔父さんの子供が後継ぎになるのだろうと考えていたのですが、諸事情により無理なようです。

ひとつ誤解してほしくないのは、僕は『帰化とはいけないんものなのではないか』とは考えてきましたが『帰化したい』とは実際問題として感じたことはありま せん。前者の考えが無意識のうちにそうさせてきたのかもわかりませんが、僕は現在までは在日であることになんの不自由も劣等感も感じません。

まだ18、9そこらの子供だからだ、と言われそうですが、例えこの先でなにかしらの不自由を感じることがあったとしてもこの問題は慎重に考える必要がある な、と思っています。意見をくれたみなさんありがとうございました。



833 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 07:40
40代って何年続いてんだ?

834 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 07:42
>833
1000年は堅いな。

835 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 07:53
なんでそんな家系の奴が日本にいるんだ?

836 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 07:55
出稼ぎにきたんだよ
そんでいごごちよくなっちゃって住みついちゃったの

837 名前: >832 投稿日:2000/08/28 (月) 08:10
単に40代前の記録がある(ほとんどがでっちあげだが)だけ。
人間なんだから、物理的には太古の昔からつながっている。
だいたい、40代前の自分の先祖は、論理的に、絶対2の40乗=
1,099,511,627,776人(計算ミスあるかも)いるんだぜ。ダブリ
があるから実際にはもっと少なくなるけど。
1,099,511,627,776人のうちの一人に義理果たしたいんなら、そ
いでもいいけど、あんまりスマートな考え方とは思えない。
まあ、不自由ないんだったら、無理に帰化せんでもいいんでないの?
オヤジとケンカしてどれくらいメリットがあるのかわからないし。

838 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 08:24
特に帰化を進める訳ではないが、半島の祖先を祀る日本人(日本国籍人)がいてもいいと思うんだけどねえ。

839 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 12:07
明治時代に家系図を作るのが流行したからねぇ
日本人の家系図も結構いいかげんなのが多いっていうかほとんど作り物
まぁ、前世占いみたいなもんで一般人の場合は、お遊びだね
寺とか神社になると違うだろうけど


840 名前: >838 投稿日:2000/08/28(月) 12:13
>半島の祖先を祀る日本人(日本国籍人)がいてもいいと思うんだけどねえ

高麗神社の神主。

841 名前: >831 投稿日:2000/08/28 (月) 18:26
「オイスカ高校」についてもっと教えて下さい。興味あります

842 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 18:28
>838

伊勢神宮

843 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 19:04
来年の流行語が白丁で決まり!

844 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 19:12
>842
ハァ? 何言ってるんですか?
もしかしてまた朝鮮神宮でも作って貰いたいんですか(藁

とりあえずキミは毎朝、皇居の方角向いて頭を下げていればよろしい。

845 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/28(月) 22:00
現役君や浪人君はなんでこのスレに書き込んだんだろう。
どっかにリンクされてんのかな?

846 名前: 白丁 投稿日:2000/08/29(火) 01:44

  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
  /   ,――――-ミ
 /  /  /   \ |
 |  /   ,\  / |
  (6   メ   つ  |
  |      ___  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |      /__/ /  <  殴ったろか!
/|         /\   \__________


847 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/29(火) 06:32
有名人いっぱいいるよ。
上に出てたのだけじゃなく、岩城晃一、東山紀之、和田アキコ、元XのTOSHI、
岡本夏樹、美空ひばり、柳明日香、他
企業系なら、孫正義(ソフトバンク)、サクラグループ(競走馬のサクラ○○○○とか、パチンコ経営)
YASUDA(パチンコ)、叙々苑(焼肉屋)他


848 名前: ほれっ 投稿日:2000/08/29(火) 06:44
>847
http://www.mica-ml.co.jp/

背後の黒幕ホモ詐欺チョンコの親分
http://www.kawabata.co.jp/


849 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/29(火) 06:57
東山はロシアの血が4分の1混じってるだけ
ひばりをいまだに在日だとかいってるキミ、な〜にも知らないのねん(呆)


850 名前: 名無しさん@そうだ選挙にいこう 投稿日: 2000/08/29(火) 23:07
Korean変えれ

851 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 00:26
あれほど言ったのに、まだそんなカキコするですか!もう許さんです!
あんたを許すわけにはいかんです!こんなカキコでレスたくさん付くとでも
思ってるなんて頭おかしーよです!あんたみたいなバカ初めて見たです!
あんたみたいなバカ、ゴキブリ以下です!あんたみたいなバカ、ウジ虫以下です!
死んでほしーです!つーか、死ぬべきです!あんたは絶対に許されないです!
勘違いしたバカを許すわけにはいかんのです!面白半分にいい加減なカキコ
するヤツなど許さんです!キャラメルコーンのピーナッツをケツの穴に詰めて
死ねよです!!!
今まであんたがどんな生き方してきたか知らんけど、どーせひどい生き様
だったと想像出来るです!あんたのカキコから読みとれるです!バカ特有の
匂いがするです!あんたのことが全く理解出来んです!あんたは絶対許さんです!
死んでも許さんです!地獄で苦しめよです!それでも足らんくらいです!
豆腐の角に頭ぶつけて死ねよです!!!
あんたもっと現実を知れよです!いつまでも引きこもってネクラなことしてる
場合じゃないよです!でも、もー手遅れです!あんたは何をやってもダメです!
この世に生まれてきたことを後悔してもダメです!あんたは生まれ変わっても
どうせダメ人間に決まってるです!絞め殺したいけどあんたに触るのが嫌なので
やめるです!でも、あんたみたいなカスは死ねよです!風呂の排水溝に吸い込まれて
死ねよです!!!
絶対許さんです!絶対許さんです!絶対許さんです!あんたみたいなヤツは
絶対許さんです!早く消えろです!さっさとこの世からいなくなれよです!!!
いつまでも勘違いしたまま生きていけると思ったら大間違いだよです!

852 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 02:34



851はいるか?お前に惚れた馬鹿がいる

それは俺だ。

最初に言っておくが、俺はホモではない。
そういうのには全く興味ないし、気持ち悪いと思う。
だが、お前の書き込みを見て以来、俺の中の(何か)が大きく膨らみはじめたんだ。
いつの間にかお前の書き込みを探していたり、オナニーの最中にお前の事を思い出したりするようになっていたんだ。
ああ、俺だって嫌だったさ。しかし、ある日をさかいに、俺の中の(何か)がはじけたんだ。
俺は最初からお前でオナニーするようになっていた。

74回・・・これは俺がお前で抜いた正確な数字だ。

おそらくお前は、俺のことを拒絶するだろうと思う。
だが、これだけは覚えておいてほしい。
俺は常にお前の近くにいるという事をだ。

満員電車で、首筋に熱い鼻息を感じたら、それは俺だ。
オフ会で、妙に熱い視線を感じたら、それは俺だ。
無言電話がかかってきたら、それは俺だ。
そして、もしこの先お前がレイプされるような事があれば・・・。

お前がこれを読んでいる時、俺はすでに行動を開始している。



853 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 02:41
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /★ ★ ★     ★ ★ ★ \
   |_______________|
   |||||||    __   __     |||||||
   | ̄||  ̄ ̄| ε | ̄ ̄| ε | ̄ ̄ ||| ̄|
   |∩||     ̄ ̄    ̄ ̄    ||∩|
   |∪|  ∵   ∵  ∵   ∵ |∪|
   |_    ∵(● ●)  ∵   _|
   |  ∵   ∵  ‖ξ ∵ ∵    |
   |  ∵ ∵ ∵ /\  ∵  ∵  | 白丁逝ってよし!
   \∵ ∵ ) |▼| (  ∵  /
     \ ∵ ∵ \/ ∵  ∵/
      \∵∵ ∵ ∵ ∵∵/
       \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
        /⌒ヽv ∠⌒⌒ヽ
       ((。 Υ 。 λヽ )
 ハァ?∧∧  ( ∨爻ヽ イノゝ  )
    (;゚Д゚)  V     ∨ /
  G二U二U二二二ξ  \)
   〜|  |  /   ノ\  ヽ\
     U U  (  (/   \,⌒_ \
         |  )      \   \



854 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 03:59
ここに来ている日本人は、底辺の日本人だから、
話になんない。君のことだよ。
シアワセな日本人は、たいてい、在日のことなんか
どうでもよいのよね。
あああああ、あわれな、底辺の日本人の皆さん!!!
そのまま、底辺で日本社会を支えてください!!!!!

やっぱ、底辺がいっぱいイナイと社会はなりたたんからな。


855 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 04:15
>854
眠いこと書くなよ。
その程度じゃ、ハングル板では
「おはようございます」の挨拶と同じだよ。


856 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 04:17
>855さん、
サイコー
もうちょっと、考えるから起きて待っててね。

857 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 04:20
もうしこしまってて、
そのかわり、きちんと挨拶。
「おっはよー」

858 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:15
                    ⌒
           ___     (    )
     ⌒    /,、,、,、,、,、,、 ヽ  ///
   (   =  l  w   l  |
     〜    ,l (・)∠   |_ |
        (  ⊂⊃ _  6)
      _ΤΖΖ\ )/ノ
   ∠ ̄/    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽ
    ヘ _ |__       ノ  |
    /ヽ  |  ̄ ̄ ̄ ̄     |
   |  7)~~ |―――――--―|
   `´`   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  | ̄lヽ  (_         _ ノ=ヽ
  |―| | ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ _))
  `− ´――――――――  ̄

     「まてえ、このコピペ荒らしの851め。」


859 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:16
        ,、,、,、
        | _|__
       / ___  ヽ
       , −、, - 、`l |    ∩- っ
       | (;)|(;) |-| |  /\ _3
      ⊂`ニc`ニ、´  6)/  /
       ヽl____) ノ   /   二二二___
       /7lニ/     /
        |       (      三三三二二――
         |_     _ )
  l⌒lヽ_ --― ̄ ̄  )_
  |  | | ヽ      )_/   ̄T -⌒\
  \ |_ -―  ̄     ̄ ̄ ┴-|_  |         ⌒
                    ヾl_ ノ  二二二==  )

     「たすけてえ、ドラえもん。」


860 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:16
                        l  |  /
        _              __
     /  _  ̄ \        /_ _ ̄_ ヽv
     /  _.//|/ニヽ ヽ       l, - 、, -、ヽ |  |
     |  /ニヽ ゚ノo<_ノヽキ  _   ,| (:)|(:) |-/   |
     | ├__⊥_つT(   ヽ  |`-c`- ´ 6)_/
      | l/___ / ノ/\ .ノ   l ε   _ノ
    /  ̄7 ̄O ̄ヽ    /    /` V  ̄7 \
    |   |┌──┐| | /     /| ̄  ̄ /   |

「一人で できないけんかなら、するな!」
                「おい、どうしたんだよドラえもん。」


861 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:17

                       | / /
               , -―――- 、
              /  ____  ヽL
              Τ _  _ \|   l
               |/  V  ヽ |   |
               ||  (:)|(:)  |-|   l
    ___       {`, -c `―_´ 6) _/
  (_     ヽ__  \Τ ̄ ̄ ヽ ノ
    (  し、  |     ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄  ) ̄ ̄ヽ
     ヽ_/_ |___  |_/  \_/  _    \
              ヽ          |\   \
            「帰る!!朝鮮に帰るの?」


862 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:18


____      (___)   ☆     ☆
    ☆  )               /  ̄ヽ
        ̄)  。           ヽ_ ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      /\         。
            /    \  ☆
            /       \        ___
      。  /     _ _    \    /
        ̄|    |_|_|    | ̄  /
 ̄ ̄ ̄|    .|    |_|_|    |_     ̄|    田
  田  |/ ̄ ̄            ´`〜~´


863 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:18

 ――――――――――――――――― 、
       __       ___       |
  _ /  _  _ ヽ _∠___  ヽ_    |
  |  /  ,-(_ ・b・)、|  , - , -、  |  |  |  |
  |  | .王ミ  | 、王  |・ |・ |- |  |  |  |
  |  ヽ ヽ-―┴ ´ノ  | -c -´  6) /  |  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 ―――――――――――――――――、  |
                 「ねむれない。」
「ぼくも。」
               「朝までお話しよう。」


864 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:19

            \|\
            \|\|\  |
               \|\, ― 、   /XXX     /
          _     \|∞ヽ |/XXX     //
       __(∞)_     C`= ´dXX      //
  XX     ^― l  i-、ヽ    O− 、_)     |\\
  \XX      / へソ       XXX      |\|\\
 \ \ c´`l  -´  XXX             |\|\|\\
\、 \ (  &)XXXXX X             |\|\|\
 ̄\、 ;´  `%}XXXXXX             \|\|\
 ̄ ̄\、   ヾl\XXXXXXXXXXXXXX       \|\
 ̄ ̄ ̄ \  /\ \XXXXX                \


865 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:20
           ___                _
       / ____ヽ           /  ̄   ̄ \
       |  | /, −、, -、l           /、          ヽ
       | _| -|  ・|< ||           |・ |―-、       |
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}         q -´ 二 ヽ      |
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ          ノ_ ー  |     |
    | ̄ ̄|/ (_ ∧ ̄ / 、 \        \. ̄`  |      /
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |         O===== |
      `− ´ |       | _|        /          |
         |       (t  )       /    /      |
              「できることなら…朝鮮に帰りたくないんだ。君の事か心配で」
「ばかにすんな!ひとりでちゃんとやれるよ。やくそくする。」


866 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:21

      ,-――-、                  ___
      { , -_−_−                 /  _   _ ヽ
     .(6( /),(ヽ|                /  ,-(〃)bヾ)、l
     /人 ー- ソヽ _             | /三 U  |~ 三|_
  /  /  |  ̄_∧/   ヽ            |(__.)―-、_|_つ_)
      | |  \/_/-、    /           /  /`ー--―-´ /
      |-\ _|_ )_|   /            |  // ̄( t ) ̄/
      ヽ-| ̄|  |_|_ /          ,− |   | ヽ二二/⌒l
    /  l―┴、|__)          |  (__> -―(_ノ
 /    `-―┘ /            `- ´
           /
                「ちょ、ちょっとそのへんをさんぽしてくる…。」
「なみだを見せたくなかったんだな。いいやつだなぁ。」


867 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:21

            , -―――-、
           /∨∨∨ \ |
      /  ̄\ |(ー)(ー)  |_|
      |     >⊂⊃     6)
      \_/ (  |      |
           ⊂-― 、    ノ
           /   ̄ ̄ ̄ ̄ \
         / |      /   )ヽ
      , ―,-´` , ―ヽ ̄    /  |
     〃 _ノ   〃_| _ /    |
        ̄ ̄ >          |
「ジャイアン!」
「あいつときどきねぼけて夜中にさんぽするんだ。」


868 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:22
       ハ ッ
    ヽ l  |  l  /
      ,  ―――-、
    .| / ∨∨∨|
     | _| ((:))((:))|
   (6      ⊂⊃ ヽ
     |      |   |
    人      3 ノ
   /      ̄ ̄ \


869 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:22

       , -――- 、      ,-――― -、
      / ____ ヽ     l,VVV\.   |
      | / , - 、, - 、Τ     l・))    6)  |
      | |.-|  +|<  | | ☆  ( )  __ ヽ__|
      (6U` -´っ-´、l |/   」/∧∧/ ) /
  ι  \(  ̄ ̄Τノ/~~~,7 `、ー――´ /
   ι  /   ̄ ̄ >|    ノ    7 ̄ ̄ ̄
      /   ∩/7η \ /\/ ⌒
     「おれがねぼけてるところをよくも見たな。ゆるせねえ!」
「わあっ、ドラ……、」


870 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:23


                         「だれかがぼくを、よんだような…。」
                              「のび太くぅん」
                                    / ̄ ̄_ヽ
                                   / , -(・)p・)|
                                   | |三_|_つO
――――――――――――――― 、           > (__/ /
                     /⌒l |         C´/ /  ̄0~|
    , -―――-、    , -――-、 |   | |        (_ (__二三( )
   |  /VVVVV|    | ,―_―_― |   | |____________
   | |  ( ・)+{_    | |-( ゚)。_゚)| \ノノ  /  /   /    /  /
   (6     P| |||   (6  -―`_)‐―´‐、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   八__⊂_/ ̄ ̄ |T∧7 ヽ| /⌒l |
  /    \_∧| |  ̄ ̄ | / /| |   | |
  |   |     |     / \/  | |    | |
  |__|      |    ´|爪|    | \ ノノ
 /, , ,ノ      |
            「けんかならドラえもんぬきでやろう。」



871 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:24
                                             /7 /7/7
                     _      ⌒            /7    /ニ ニ7  ̄
                __/  |  (      )    |  / /ニ _ ̄//7 / / /7
               |  、 )ヽ/    (  \    ☆ || //  /_//_/  ̄  ̄  ̄
               |  | ̄             | |/ / ___
                | ̄ ̄l            /⌒)     ̄ -――  ̄
              / ̄ ヽ、  ̄`、 ̄ ̄ ̄| ̄) / /^ヽ      , -―――-、
             /_ _     ヽ_|―――┴--´  (ヽ´⊂)     ∨∨∨∨| |  , - 、
      ____∠」/ |    / ☆      /  /| |\ / \   | >_(・)  |_ | (⊃ _)
  ξ⌒(     // ̄ ̄/ `l /      ☆  / /  | |  \  \ | ,`T` _ 6)  \  \
    ̄∪  ̄ ̄ l´二,二    | \      〃  〃   | |     \.  ( |王王土/ノ――´   ノ
           || >| < |―9)  \  (    ) ./     ||      \ヽ二7| ̄7        /
           l 二 二_/~ } \  \   _,       |    \     |    o ̄     ~| ̄
          ` ―--― ´  \/^ \            (    )  |   o       |
                     し、 、_ゝ            ゝ  ノ   |   o       |
                     `´



872 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:24
「先に帰ったのかな?」
           __          | | | | || ||  | | | |
          /,(・o(・)、ヽ          | |=======
         王 |  王|           | | ||| | | | || | | | | |
          ヽε  ノノ         | | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄
          /  ̄(t) |ヽ         | |____|___
         Ol´(ヽ7)|O        |________
        σ(__)_)
      ___  ---―――――  ̄ ̄ ̄ ̄ \
  (  ̄ ̄\    -―――――――   ̄ ̄ ̄ \  \
   \ ( ̄ \  \  ノノ      ( ( ) )      \  \
     \\   \  \
「いない……。」


873 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:26
「どんなもんだい。在日のコピペ荒らしめ。ニどとおれにさからうな。」
              , ―――-、
               |∨∨∨|_.|
           ,-、  / (。)_(/) 6) , - 、
          / ミ  | , `T`   } p〃/
         | ̄ |_人エエエ工フノ_| ̄ |
         |      ヽ∧/      /
           ̄ ̄|     o      | ̄
            |     o      |
            |___o____|
            |    ∩     |
             |__ |  |___|
     ⌒     (__|   |__)
     (    )     γ ニ二二ヽ
      , ―,ー――| / #。+ |   ⌒
 ―――|  |,-,――(6 -○○ ノ (    )
``´゛゛´´`゛゛´`´゛゛``´`゛゛´´´´゛


874 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:27
           ___
         γ x ___ \
         l ./, - 、, - 、⊂ ヽ
         | | |  +||<  | {_,  |
         (6 ` -´っ-、´| /
         人 # /二二lノ/
      / |    ̄7 ̄
     _ .|  |  |  / ̄ ̄ヽ
    (  _ |_|   | ̄l_|___|
    `-\ヽ / ̄|  ̄  |___|_
       ~///U     |__ )
「まて!まだ負けないぞ。勝負はこれからだ」

875 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:27

「おかしい。もう一時間もたった。」

    l⌒    ∩  っ
       ___
     /  , -、, - 、ヽ
   / ,-―|/ ゜|゜ヽ|-、ヽ
    | |二 ` -O- ´ キl
    | |― __|__つT/
    \ヽ(  _  ( ノ
        ̄   ̄
「さいごの晩まで、ひとに心配かけて。」


876 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:28
            「ふうふう。これでこりたか。」
                       ∩   っ
                     ,-―――-、
                    ∨∨∨∨.| |
               ⌒     | +_(。) U | |
             (   =  ( `T`    6)
                こ  ,- l ) ̄二ヽ_ノ-、
                 /    ̄|_|_ノ    \
                 |  |    o     |  |
                 |__ |    o      |__|
                (__ |__o___ (-  )
                   |    ∩    |  ̄
                    |__| |__|
          ⌒       (__|  |__)
  ,−、   (     )   __
     \_ ___ /⌒―、ヾ
  / \/# / #  Σ| 〉 ○| ミ         へ、
    ̄ |  |#  / #.人_〉_'±ミ/       ┌―OO
  ――└ ξ_ヾ /
「なんどやっても同じことだぞ。はあ、はあ。いいかげんにあきらめろ。」
「在日はさっさと朝鮮に帰れ。」

877 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:29
              ,-―――-、
               V_V V_V
              | 。  (。))
              / ⊂⊃
              { (_l__
       _,_,_  \ )__ )
     γ  ___ ヽ/⌒
      ミ  / ,,,  _,Τ| |     |
      |  _| ミ ゚,l|.´+ | |  |     |
  ι  (6 #. ~^っ 、 }|  _ |
    ι >_ /二二7ノ / / |
      /   ̄ ̄ ̄ ̄;   つ
      |  ――――' ― ⊇
「ぼくだけの力で、きみに勝たないと……。」


878 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:30
つーか、ジャイアン=在日だろ?

879 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:38

                 /
     , -――――-  /
    /  _____ミ/
    ミ / /ナ=x  _/ |/
    | | キキ ゚キ| 十 |
   (6 #  xX/メ っ 、 ヽ       _
    \# / ̄ ̄ ̄/ ノ      /∠-
 ι  /   二二二 ∠ -―  ̄ミ    ニ

  「ドラえもんが朝鮮に安心して……、」


880 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:39

                ____|__/
           , -―  ̄            ̄ ヽ〃
     \  /                   ヽ
       |/                     \
      /     ______         <
      /      /  __∠∠_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Τ
      |      |  [_____] #  /\  |
     /|     |   ∠/=≡x    |/      #|
      / |_  |    キミ   .||      ||    |
      /  ヽ_|    |ハ     キ     -||-    |
      | 6      メ    |ナ     ||     |
      \_     #  ゛ミ=/k゛  つ  #  -、  |
        |    # _________/  /
        ヽ  # /            /  /
     /   \ /              / / ___
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「   | |  三|  _| /|  _L            /   _L_ヽヽ |
    |┌┬┐ ,|´  |   / _L \  |  \  /     /  _   |
   ノ  巾 / |   |_   ( 」    ヽ   | //\ノ /   _  ・ 」



881 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:40

      |  |   /   _ _
      |  |    ̄|  |_|_|
      |  |  ( ⌒.)  |_|_| γ⌒ ,
      |  | (     ) _  (      )
――― |  |――――./ oo ヽ ――――――
      |  |      | /⌒) ∩
      |  |       C  ̄  ノ
      |  |      (,、   _)
――― |_|――――――――――――――

        「のび太くうん。」


882 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:41

  「いてて、やめろってば。わるかったおれの負けだ。ゆるせ。」
  「おれもこれからは在日なのをみんなに告白して本名で生きていくぜ」
                   っ
                _ __  っ
               / ⊃vvv |  っ
               | C>。(:) 6)- 、 ))
              /~「(二つ ノノ^゙)ヽ           /  ̄ ̄ ̄ \
              |.γ  ̄ ξ/\ノ |         /・)―- 、     ヽ
              ヽ|    |/  / ./        q`´ 三三 \     |
              /^^^   / _/  ノノ     ( _ -――、 ヽ   |
            /      /| ̄ |            ___     ) |   /
  , ―、      /  ̄ ヽ /__||___|          ヽ_ 二二  /__/
 (__  ̄| ̄ ̄ ヽ/⌒)/(__(__|          /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      ̄ ̄ ̄ ̄/ _ /                 (  )_        |○
           ( ̄| )                    )      -O.| _
           ̄ ̄                     /    _ -――(    )
                                (  ̄  )       ̄
                                   ̄


883 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:42

    >-――― - 、 ___
    >_____/      ̄\
     |, ―、, ―、/(/o(ヽ)―-、   ヽ
     ||  @| + ||ニ(( | ( ( 二二ヽ  |
     |` -c −´|- ) )| ) )―― |  |
    ( ー――,(__| ( ( _, |  |
      > 二 ´_ ヽ   ̄ ̄   / ノ
     /   |   { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二)
    /  | `− ´――――      |
  /_./ |      |――┐ |      |
 (っ  ) |      |   ノ  |      |-O
「見たろ、ドラえもん、勝ったんだよ。」
「ぼくひとりで。もう安心して朝鮮に帰れるだろ、ドラえもん。」


884 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:43

                             / ̄ ̄ ̄ ヽ
                __           /ヽ)―- 、   l
           ,―γ ___ヽー、       q`´ハ ミ ヽ  }
       | ̄ ̄|  | |(/),(ヽ)|    | ̄ ̄|   <_))_,  |  /
      |   ヽ  (6  ー  )  ノ    |    ヽ ___/_ノ
      -――  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄――-    (t) ̄ ̄ ̄|
     |  ,―  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ― 、    |    (/_ )/ / |
     |  |                |    |  ( ) ○    |-o
     |  |                 |    |   `ー―― ´
    |  |                  |    |
   |  |                   |   |


885 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:43
                __
           ,―γ ___ヽー、
       | ̄ ̄|  | |(/),(ヽ)|    | ̄ ̄|
      |   ヽ  (6  ー  )  ノ    |
      -――  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄――-
     |  ,―  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ― 、    |
     |  |                |    |
     |  |                 |    |
    |  |                  |    |
   |  |                   |   |



886 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:44

                   , -―――-、
                 ( ,、,、,、,、,、,、,、 ヽ
       ___       |, -、, - 、  |  |
      / ___ ヽL      ||・ |・  |- |_ |
     |, -、, -、 .|  |     { `-c - ´   6)
     || ・|・  | |_ |     \ヽ 7  ノ_<
      { `-c - ´  6)      /   ̄ ̄ ̄ヽ
   /⌒)=(c⌒ ~) ノ      /  /       |    _
  / ̄ /   ~~   ヽ    /  /       | |   |  |
  \  |⊂⊃__|  |   |   |   __ ―――|) |
     ̄|| ミ_ |__ ノ    \/ )ニ ―― | ̄| ̄ ̄|_|
       `―´
                 「ドラちゃんは朝鮮に帰ったの?」
     「うん。」


887 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:45

       /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ――――――
       |   ドラえもん、きみが帰ったらへやががらんとしちゃったよ。 ヽ
       |           でも……すぐになれると思う。           |
       |              だから………。                |
       \_           心配するなよドラえもん。    ____/
           ̄ ―――――――――――――――― ̄ ̄

                                          ___
                       __                   |\__ \
                   /  ̄ __\                 \\     \
                    | /,二 ,二Τ                   \\     \
                    |_|__|  /| ヽ|                      \| ̄ ̄ ̄||\
                 (6  `- っ- ´})                        ̄| ̄ ̄||
                   / \`――`ノ                          |   ||
                   ノ /^ /⌒l ~)_)                 l ====l  |    ||\
                  |  `、_^^ ノ  |                  | [    ]  |  |__||
                /__/⌒l |  |               |_||_||__|_     ||\
          XXXXXXX|     |― | | ̄ |_             / ||  ||  /l     ||
      XXXXXXXXXXXX` ― - |  | |     )           /__||_||_//     ||\
    XXXXXXXXXXXXXXXXXX|   ̄)  ̄            └―┬┬―┘     ||
             XXXXXXXX` ― ´                 _| |/7       ||\


888 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:45
       〈 ̄ヽ
 ,、____|  |____,、
〈  _________ ヽ,
 | |             | |
 ヽ'  〈^ー―――^ 〉   |/
    ,、二二二二二_、
   〈__  _  __〉
      |  |  |  |
     / /  |  |    |\
 ___/ /  |  |___| ヽ
 \__/   ヽ_____)

889 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 05:51
パチパチ。あんたはすごい。
次作が見たい。

890 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 06:40
いや、ホンマに感心したよ。あの名場面を見事に再現&アレンジするとは。

891 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 06:44
なんか878が痛いな

892 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 09:35
>>832
つーかなんで帰化することが系譜が絶えるということとイコールなのさ
そういう考え方自体がすでに「日本人蔑視」だということに気がついて欲しいね
日本にだって家系図を大切にする風習はなくはないし
(朝鮮のそれとは違う部分もあるかもしれないが)


あなたが帰化するかしないか、お父さんと同じように系譜を守ることを
第一として継承していくかどうか
ゆっくり考えて答えを出してね

893 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 12:35
>>858-888
いい話だね。ちょっと思い出してうるうるしちゃったよ。

894 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 12:40
>893
昨晩からなにくだらないコピペしてるの?
自作自演の自画自賛はやめようね、おもろないから。

895 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 12:42
いつからドラえもんが朝鮮製になったんだ(藁

896 名前: 893 投稿日:2000/08/30(水) 12:48
>894
昨晩からコピペ?自画自賛? 違うってば、間違わないでくれ!!
俺は単なる観客だよ!!

897 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 12:48
そもそもなんで帰化すると系譜が絶えるのさ。
日本人になってもそのまま族譜を継続すればいいだけじゃん。


898 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 13:05
>「ドラちゃんは朝鮮に帰ったの?」
    
確かドラえもんは、この回の翌週からすぐ復活したね
一度帰っても、また戻ってくる所が在日の人達を象徴
しているよーでオモロイ

899 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 13:13
>>832
>僕は現在までは在日であることになんの不自由も劣等感も感じません。
日本に住み続ける上で、在日がいかに優遇されているかの証拠だな。
世界の常識では、他国で永住するつもりなら帰化したいと思う程の生活の不便が伴ってしかるべきなんだよ。

自分は外国人のつもりなの?
まさか日本人のつもりじゃないだろ。

900 名前: 名無しさん@一周年 投稿日:2000/08/30(水) 13:24
コリアンの友達(全員在日ではありません)がたくさんいます。
一緒にいて楽しいし失礼な人もいません。もっと深く付き合ったらわからないけど。
在日の方の悪口をここでよく目にしますが、在日とそれ以外のコリアンって、
そんなに違うのかな。

901 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 14:10
>>900
別物だよ。<在日と本国人

日本でも韓国でも厄介者扱いの蝙蝠さんだよ。<在日(韓国系は)

北朝鮮系は国の要だったりする・・・。(送金等)

902 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 19:48
何でコピペ野郎が誉められてるんだ著作権侵害のくそぼけはげろ

903 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/30(水) 23:58
age

904 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/31(木) 03:24
朕惟(おも)うに 我が皇祖皇宗(こうそこうそう)
国を肇(はじ)むる事宏遠に
徳を樹(た)つること深厚なり
我が臣民、克(よ)忠に克く孝に
億兆心を一にして 世々その美を成せるは
これ我が国体の精華にして
教育の淵源また実にここに存(そん)す
汝臣民 父母に孝に兄弟に友に
夫婦相和(あいわ)し朋友相信(あいしん)じ
恭倹(きょうけん)己を持し
博愛衆に及ぼし 学を修め業を習い
以て智能を啓発し徳器(とくき)を成就し
進んで公益を広め世務を開き
常に国憲を重んじ国法に遵(したが)い
一旦緩急(かんきゅう)あれば義勇公に奉じ
以て天壌(てんじょう)無窮の皇運を扶翼(ふよく)すべし
是の如きは 独り朕が忠良(ちゅうりょう)の臣民たるのみならず
又以て汝祖先の遺風を顕彰(けんしょう)するに足らん
この道は 実に我が皇祖皇宗の遺訓にして
子孫臣民の倶(とも)に遵守すべき所
之を古今に通じて謬(あやまら)ず
之を中外に施して悖(もと)らず 朕汝臣民と倶に拳拳服膺(ふくよう)して
皆其徳を一にせんことを庶幾(こいねが)う


905 名前: http://www.kawabata.co.jp">http://www.kawabata.co.jp 投稿日:2000/08/31(木) 10:47
http://www.kawabata.co.jp

はじめまして。わたくしがすぐ他人様を穢多か在日かを大金を使って探偵に調べさせる川端と申します、お前らよりは相当賢いと思いますが今後とも宜しくお願 いしてやってください

906 名前: だら1 投稿日:2000/08/31(木) 14:41
ドラえもん素晴らしかった! モトネタあるのかなあ?

907 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/31(木) 14:41
あげ

908 名前: 名無しさん@そうだ選挙にいこう 投稿日: 2000/08/31(木) 22:20
移転しないの?

909 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/08/31(木) 22:57
今日初めてここに来たけどな、なんだこのBBSは
単なるクズの集まりじゃねーか。
お前らこんな空間に依存してて満足なのか?すごいねー。
よっぽど現実世界にご不満があるのですね(ワラ
貴様らが立てたクソスレに、こんな時間だっていうのに
死体にたかる蛆のようにレスがついていきやがる。
ほんと多いんだね〜暇人って、とかまじまじと思ったよ。
どうせお前らは学校からも社会からもつまはじかれる
基地害かブサイクなんだろ?文体や文字だけの台詞回しで
恰好付けてないで正直に言えよ!!!!俺が認めてやるからさ(ワラワラ
普通平均以上のルックスの持ち主なら、こんな時間に
ネットなんてやらずに、しかもこんな駄掲示板来ずに
ツレと遊んだり彼女や彼氏と寝てるぜ?
悪くても風呂はいって寝てる時間だわな。
いっとくが、『おまえもな』とか
馬鹿の一つ覚えみたいな返事するんじゃねーぞ
それくらい常人の半分くらいしかない脳絞って考えれば
わかるだろ。俺は二度とこんな所こないし
今から彼女と知り合いのクラブ行って来るから
貴様たちの下らなさ極まるレスを見れないのが非常に残念だがな(w
まぁ俺が言いたいのは
『おまえらの人生終わってるから今すぐ消えてください』
ってことでーーーーーす♪てへっ!




910 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/01(金) 00:06
909はいるか?お前に惚れた馬鹿がいる

それは俺だ。

最初に言っておくが、俺はホモではない。
そういうのには全く興味ないし、気持ち悪いと思う。
だが、お前の書き込みを見て以来、俺の中の(何か)が大きく膨らみはじめたんだ。
いつの間にかお前の書き込みを探していたり、オナニーの最中にお前の事を思い出したりするようになっていたんだ。
ああ、俺だって嫌だったさ。しかし、ある日をさかいに、俺の中の(何か)がはじけたんだ。
俺は最初からお前でオナニーするようになっていた。

74回・・・これは俺がお前で抜いた正確な数字だ。

おそらくお前は、俺のことを拒絶するだろうと思う。
だが、これだけは覚えておいてほしい。
俺は常にお前の近くにいるという事をだ。

満員電車で、首筋に熱い鼻息を感じたら、それは俺だ。
オフ会で、妙に熱い視線を感じたら、それは俺だ。
無言電話がかかってきたら、それは俺だ。
そして、もしこの先お前がレイプされるような事があれば・・・。

お前がこれを読んでいる時、俺はすでに行動を開始している。


911 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/01(金) 02:00
ここは満たされていない人たちが半島をネタに
お互いの傷を舐め合うところなんです。
日本の優秀さを再確認することで、自分が優秀な人間に
なったような気分になりたいのです。
日本社会にとっては、いてもいなくてもいいような人たちなんですが
とりあえず日本人だというプライドは人一倍持っています。

「チョン」「ペクチョン」「でたー、在日」などと
書くことによって傷が癒されるんです。ストレスが解消できるんです。
社会の中で貧乏籤を引いてしまった弱者が唯一発散できるところなんです。
どこに国にもいるダメ人間の集まりなんです。
だからそっとしておいてあげてください。


912 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/01(金) 06:53
あ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

このネタ見たことある。つーかパクリ?ねぇパクリ?なら氏ね。いや氏んで下さぁーい。
テユウカ人のネタでレスして何がおもしれーの?バッカじゃん。
つーか真似すんな。ボクちゃん。キャハハハ!!!氏んじゃえ☆
マアちみには独創性のかけらもないのかもネ〜。テユウカあるわけねぇダロ。 (ワラ
でもアホはアホなりに(オメーのことダヨ)ちゃんと事実を認識して下さいよぉ、ド低脳ちゃーん♪ (キャハ
ボクちゃんには言わなきゃワ・カ・ラ・ナ・イと思うから言ってアゲルけどネ(感謝しろヨ)
パクリしか脳のないアホは逝って下さいよぉ。アホハ逝ッテ下サァーイ。
ホントちみのようなパクリレスしゅる奴は他人を模倣した人生でも歩んでヨネ。ネ。
テユウカそうすることしかデキナイのかも。 (プッ
テユウカこれからのちみヲ考えると涙を禁じ得ましぇーん☆ て、なわけねぇダロ!!氏ね!!!

気持ちの良い夕刻でした。 (オマエモナー


913 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/01(金) 07:03
1です。改心しました。
いま病院に行って来ました。
入院が正式決定しました。
医師に「今日にも入院したほうがいい」と勧められましたが、
準備などがあるので来週の火曜日から入院します。
治療方法があるかどうかさえわからない状態ですが、
まずいろいろと検査を受けてみます。

今日も体中の筋肉がだるくて体の置き場のない状態が続いています。
特に激しい運動をしているわけでもなく、
栄養も何とかそれなりにとれてはいるのに、
体だけが不調で日常生活がきちんと送ることができません。
これも皆さんに迷惑をかけた当然の報いだと痛感いたしております。
誠に申し訳ございませんでした。
皆さんにこれ以上ご迷惑をかけないためにももう二度とここには来ません。
さようなら。


914 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/01(金) 07:07
このスレッドってつまらないですね。
どうしてなんでしょうか?
スレッド立てる前に考えました?
レスが付くかな、とか、おもしろいかな?とか。
それなのに立てたとしたら、あなたセンス最悪です。
それとも、やはり何も考えることのできない人ですか?
文面から察するに、何も考えていないんですよね?
でも、少しは考えてくださいよ、あなたが立てたこのつまらないスレッドを
読まされた人達の迷惑を。 せっかく楽しく掲示板を読もうとしたのに、
こんなしらけたネタを読まされちゃって興ざめです。
もう、すっかりやる気なくなってしまったというか。
はっきり言って、あなたのネタってブラクラや死体画像以下です。
どうせ、私以外のレスって全部自作自演なんですよね?
そうまでして相手にして欲しいんですか? 友達いないんですか?
もちろん恋人なんていないですよね?
ええ、たぶん、あなたは一生一人きりで過ごすことになると思いますよ。
でもまあ、そんな事はどうでもいいんです。
私が言いたいのはとにかく、これ以上つまらないスレッドを立てないで欲しいってことだけなんです。
掲示板があなたの立てたくだらないスレッドで埋められていくのが我慢できません。
あなたにも人の迷惑が理解できるんであれば、二度とこんな事はしないでくださいね。


915 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/01(金) 07:09
>>>チョコットLOVEの替え歌。       
>>ほんのちょこっとなんだけどマンコを広げてみた〓ほんのちょこっとなんだけどそこに
>>差し込んでほしーぞ〓 愛しのユユユユYOURペニス!ねえねえもっと
>>感じるとこから始めませんか?ほらほらGOOD!!素敵な体験いたしま
>>しょー〓おやおやなんと中出しするのをお望みですか?そいつは困
>>った(ですね)×10愛とゆう字を辞書で引いたぞ液とゆう字を そ
>>こに足しておいたぞ私のマンコ2人で 差すぞ1人よりも気持ちいい
>>ぞ〓 イクイクイクイクイク〓


916 名前: 嵐feat.kenji 投稿日:2000/09/01(金) 07:10
stand up チンポ そう今日も勃起するよ 指にいじられ流れるジュース チンポ
で刻む軽快なリズム コンドームをかぶせてつっこむよコック よくいれたこの体位
で 僕らはるかなGスポット 目指しました マスターベーション超快感ザーメンの
生本番一発! 今思う中出しの日々 中出しするたびにあふれだす不安 しのぎを
削ったあの複数プレイ 今なお続くここは創立線 父から受けた揺るぎないレイプ
母がくれた大きなバイブ
君がくれた温かい愛撫 明日への糧に犯りまくるために・・・

 俺は東京生まれズコンバッコン育ち エロそうなヤツは全体友達 エロそうなヤツ
と大体同じ 裏の道歩き見てきた裏本 渋谷・六本木 そう思春期も早漏でそれに梅
毒で バイブなら置きっぱなしてきた肛門に チンポにウンコつけた本当に。 だが
時はたち今じゃ近親相姦 そこらじゅうで犯しまくるDAN DA DA チンポ握ればマジ
でNO.1 東京代表トップファッカーだ そうこの地この国に精を授かり チョコボー
ル向井に無敵のカメラ預かり 仲間たち親たちファンたちに今日も なめられ腐って
いく僕のチンポ・・・
 この僕らの遺伝子を アヌスに流してぇー 日々SEXにある者 指マン感じてぇー


917 名前: ヌピッツ 投稿日:2000/09/01(金) 07:11
君のでかかったちんぽに〜この胸ではさまれる
きっと今は自由にフェラをできるはず
パンツぬらした精子がブルセラに流れたら〜


918 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/01(金) 07:12
■「ハングル板厨房は短命」大東亜経済研究所の研究グループ発表

 【ロンドン6日=共同】最近2chではハングル板厨房が加速度的
に増加する傾向にあるが、大東亜経済研究所の研究グループはハング
ル板厨房が早死にする割合は2chの他の板の厨房より七○%も高い
とする研究結果を七日発売の英医学誌ランセット最新号に発表し注目
を集めている。
 スウェーデン健康福祉委員会のカリンニコフ博士のグループがハン
グル板厨房約百五十人と2chの他の板の厨房約三千人について、一
九九九年から一年間のデータを調査。社会的経済的な地位とアクセス
頻度と早死にの危険との相関関係を分析、健康状態との関連を把握す
るため過去一年間にさかのぼって病歴を調べた。
 その結果、ハングル板厨房は2chの他の板の厨房より七○%も高
率で早死にしていることが判明。鬱病、自殺やアルコール依存、暴力
及び事故と関係した死因が多いことも分かった。
 カリンニコフ博士は「ハングル板厨房は経済、社会、健康の面でい
ずれの項目においても標準から下の統計区間に分布しており何よりも
対人関係における基本的な信頼、情緒的な安定が乏しい」と指摘。そ
の上で、社会的、経済的や健康だけでなく「友達がいれば受けられる
情緒的支援がないことからくる引き篭もりも多い」としている。
 スウェーデンでは過去五年間にひとり親の家庭が急増、子供のいる
全家庭の二○%に上っている。


919 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/01(金) 07:14
チョンがコピペで荒らしてる

920 名前: 柴犬太郎 投稿日:2000/09/01(金) 07:16
908と911と913と914は犬喰いの臭いがするワン
賠償を請求するワン
間に挟んであるヤツも少し臭うワン

921 名前: 校閲係 投稿日:2000/09/01(金) 07:22
>>918 の尻2行差し替え

 またハングル板厨房のいる家庭では、過去一年間に自然死以外の原
因で家族が死亡する割合が他の全家庭の1.3倍に上っている。


922 名前: steal@cacheflow.insatelsa.com 投稿日:2000/09/01(金) 07:27
おい! 916

923 名前: steal@194.216.54.238 投稿日:2000/09/01(金) 07:30
おいヌピッツ

924 名前: steal@194.216.54.238 投稿日:2000/09/01(金) 07:31
おいヌピッツ917

925 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/01(金) 07:35
>>922->>924

あんたおもしろすぎ。
ウケ狙いでわざとやってるの?

926 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/02(土) 05:25
第1章天皇
第1条【天皇の地位・国民主権】
天皇は,日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって,この地位は,主権の存する日本国民の総意に基づく第2条【皇位の継承】
皇位は,世襲のものであつて,国会の議決した皇室典範の定めるところにより,これを継承する。
第3条【天皇の国事行為に対する内閣の助言と承認】
天皇の国事に関するすべての行為には,内閣の助言と承認を必要とし,内閣が,その責任を負ふ。
第4条【天皇の機能の限界,天皇の国事行為の委任】
(1)天皇は,この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ,国政に関する権能を有しない。
(2)天皇は,法律の定めるところにより,その国事に関する行為を委任することができる。
第5条【摂政】
皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは,摂政は,天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には,前条第1項の規定を準用する。
第6条【天皇の任命権】
(1)天皇は,国会の指名に基いて,内閣総理大臣を任命する。
(2)天皇は,内閣の指名に基いて,最高裁判所の長たる裁判官を任命する。
第7条【天皇の国事行為】
天皇は,内閣の助言と承認により,国民のために,左の国事に関する行為を行ふ。
1憲法改正,法律,政令及び条約を公布すること。
2国会を召集すること。
3衆議院を解散すること。
4国会議員の総選挙の施行を公示すること。
5国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の委任状を認証すること。6大赦,特赦,減刑,刑の執行の免除及び復権を 認証すること。
7栄典を授与すること。
8批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
9外国の大使及び公使を接受すること。
10儀式を行ふこと。
第8条【皇室の財産授受】
皇室に財産を譲り渡し,又は皇室が,財産を譲り受け,若しくは賜与することは,国会の議決に基かなければならない。



927 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/03(日) 00:09
俺が朝日の報道姿勢に疑問を感じて購読を止めた理由は
6年前に抱いた従軍慰安婦報道に関する不信感からだ。
お前らが言う処のウヨサイドの人達はちゃんとそれを論理立てて説明し議論してきたのに、
お前らブサヨクはそれに1度でも正面切って反論したことあるか!?
都合が悪くなるとすぐに大量コピペ&ログ流ししやがって、
そんなんじゃ絶対に人の心はつかめないぞ。
人を論理で納得させる文章を書けない奴はここでは相手にされない。
現にマスコミ板の朝日批判は変わらなかったぞ、お前らサヨクが
散々荒らしまわっても。無駄骨折りだったね、ご苦労さん。
悔しかったらちゃんと論理たてて論客として参加しておいで。
まあ無理だろうがな、お前らサヨクには初めから荒らし目的しかないし、
人を納得させ得る論理なんて初めっからない、ましてや板を議論不能に陥れる
スキルもテクニックもな。悔しいだろ?正しくないことやっても
結局は相手にされないし世間は動かないんだよ。ざまぁみろ!!
悔しかったら反論してみ?負け犬サヨクくん
もし君に論理があるならね。
まあどうせ朝日批判・左翼批判を止めさせるほどの
説得力ある意見を持っているとは思えないけどね。
それができたらもうとっくに朝日批判は止んでる筈だもんな。
論理で打ち負かすことができないような能無しだから荒らしばかりするんでしょ?
今迄勝ち目のない戦い長々と本当にご苦労さん。せっかくの行動が骨折り損だったね。
そしてせいぜい負け犬の気分を味わっていなさい

928 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/03(日) 01:12
コピペ荒らしは劣等感丸出しの在日か引きこもりの得意技。

929 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/03(日) 01:33
〜〜〜白丁が刷り込まれた妄想〜〜〜
<三光作戦 発動
(( ( ⌒ )) ) ))  ( ⌒ \
  ( )) ⌒ ) ) \  (( (
_            \
/l_( ⌒ ))\      \ スパパンパンパン −−
/ /l_     \    \
/ / /l_        \
/ / //l_   \   \
/ ./// ΛΛ          \
 ///⊂(。 。)   カッ     \
 // // \;ι).    トン
 / /// / \・..\
  ///.///( (  ,l〜_  カ     \
////./// .ιι / /l_  ット
////.   ./ / / ママー l_  ン
///  .(( /\__A A_. / /l_   カ
////./ .\/   (´@`/l // /l_  ッ
////./   l ̄ ̄ ̄ ̄l /l  // / l_  トン
////./   .\     // ))/ / / /l_
//ΛΛ /  / ◎==◎ // / / ./ / /l_
/ ./ ⌒  ) /.// // / / / / / / / /l
// ;:/ つ./ /.// // / / ./ / / / /


930 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:08


931 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:09


932 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:10


933 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:11


934 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:11


935 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:12


936 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:13


937 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:13


938 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:13


939 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:14


940 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:15


941 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:15


942 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:15


943 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:16


944 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:17


945 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:18


946 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:18


947 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 05:59


948 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 06:00


949 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 06:00


950 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 06:00


951 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 06:01


952 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 06:01


953 名前: 投稿日:2000/09/03(日) 06:01


954 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:05
ナヌムの家は行き場のない元軍慰安婦たちが、「互いに支えあいながら暮ら」す共同生活の家であり、「ハルモニらの恨(ハン)と痛みを昇華させ ることのでき る場」なのである。そして毎週水曜日の日本大使館前の水曜集会には欠かさず参加している(慧真著、徐勝・金京子訳『ナヌムの家のハルモニたち』人文書院、 一九九八年)。

告白・証一言――統く人々

金学順さんやヘンソンさんに続いて名乗り出、証言した人たちの、自尊
心回復の営みについても見ておこう。
フィリピンのトマサ・サリノグさんは次のように証言している(『証言』
V)。
一九九二年の終わりに、ある女性団体が、第二次世界大戦中に性奴隷制度の被害者になった私のような女性に呼ぴかけていると知りました。「とうとう正義が回 復される」と希望の光を見た思いでした。イロイロにあるその女性団体「ガブリエラ」の事務所を通してタスク・フォース(フィリピン人元「慰安婦」のための 調査委員会)と連絡を取ることにしました。お金がなかったので、毛布を売って交通費を捻出しました。
タスク・フォースの人びとに自分の体験を話した後には、大きな安堵感に包まれました。
乗り物で到着したのは、大佐でした。大佐はタナカの部屋に行き、作戦のことを話し合っているようでした。午前一一時、昼食の時間になり、警備兵が私に割当 を持ってきました。一切れの「カラゲ」と卵が一個、そして野菜。慰安所ではご馳走です。卵は寝る前に食べようと思い、食べずにとっておきました。昼食が終 わって三○分後、大佐が私の部屋に来て、レイプしました。私はその大佐がたいそういかめしく残忍に見え、恐れていたものです。セックスの後、
彼も私にミント・キャンディーを一つくれました。
その日、私はまたもやマラリアが襲ってくるのを感じました。たいそう身体が冷えてきて、指先まで色を失い、すごく喉が乾いてきます。マラリアの症状でし た。もしも兵隊たちにレイプされたら身がもちそうにない、と恐怖を感じました。兵隊たちが、また私を殴るかもしれません。そうしたら高熱も出るでしょう。 部屋のカーテンが上がったままだったので、私の姿が見えたのでしょう。タナカは黙って泣いている私に気がついて、自分の部屋に連れて行き、解熱剤をくれま した。タナカは親切にしてくれました。私は今日は兵隊にサービスはできない、と言いました。その日はタナカの部屋に夕食を届けてもらいましたが、食欲があ りませんでした。タナカは私のことを心配しているようでした。たぶん憐れに思っていたのでしょう。午後一○時までタナカの部屋で休み、その後、自分の部屋 に帰って眠りました。
声は出ず、ただただ涙があふれます。その夜の間中、私は声を殺して泣き続け、眠れませんでした。私をレイプした何千人もの日本人、レイプしても満足しない と私をいつも殴る、残酷なかれらのことが頭を離れません。何千もの日本兵に虐待されたためにぼろぼろになり、青ざめてゆく自分を感じました。

955 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:07
聞こえてきた焼討ち作戦計画

一九四四年一月のある日、たぶん朝の一○時くらいだったと思います。タナカ大尉が私を呼んで、彼の部屋にお茶を二人分持ってくるように言いました。
お茶を運んでドアに近づくと、私の耳に、タナカが大佐と議論している声が聞こえました。
「明日の夜、パムパンでゾーニングをせねばならない。そこの住民たちはゲリラだからだ。パムパンでゲリラを捕まえてきた。いま、そいつらは階下にいる」と 大佐が言います。
私は部屋に入り、お茶をテーブルに置いて、部屋を出ました。「アス」、「バン」、「スル」、「モヤソ」、「パムパン」。そんな言葉を聞いた私は、声こそ立 てませんでしたが、心が悲鳴をあげました。
何より最初に、母を思いました。私の母はパムパンにいるのです。どうすれば母に、母や村の人々がともども焼き殺されようとしていることを知らせられるで しょう? 午後の二時から一○時まで、その日も大勢の兵隊が行列しました。その夜は、一晩中眠れませんでした。
翌朝、日の出の時間に、兵隊たちはいつもの朝の訓練をします。いつものように「見よ、東海の空あけて……」(「愛園行進曲」)などと歌が歌われ、兵隊たち が万歳三唱をします。これが毎朝の日課です。毎日聞かされているうちに私たちもその歌を覚えてしまいました。少女たちがこの歌を口ずさんだりすると、警備 兵やタナカはもちろん、あのいかめしい大佐すら、とても嬉しそうに見えました。
その後、幸運なことに、警備兵が私たち七人を日光浴のために階下に連れて行きました。そこは、兵隊たちが訓練をしている場所でした。精米所の構内で、向こ うは道路です。有刺鉄線で囲いがはりめぐらせてあり、逃げ出せないようになっています。三人の警備兵が周辺を歩き回り、ときどき冗談を言い合っています。
そのとき、有刺鉄線の近くに一人の老人が通りかかるのを見つけました。パムパンの住人で、よく見知った顔でした。警備兵の方をそっと見ると、彼らは冗談を 言い合い笑っています。私は大急ぎでその老人にささやきました。「今晩、貴方の村が焼討ちされます。村から逃げて下さい。」そして私はくるりと背中を向け ました。何事も起こらなかったように。
一時間後、私たちは二階へ戻されました。そして「毎日のルーティン」です。掃除、服の洗灌、そして水浴び。昼食は喉を通りませんでした。ひどく緊張して神 経がおかしくなっているようでした。その夜、兵隊たちの行列は九時に終わりました。その後、部屋にいた私は、タナカと大佐が兵隊たちとともに階下へ降りて 行くのに気がつきました。警備兵を慰安所に残し、彼らの乗り物が出発する音が聞こえました。

拷問

それから一時間以上してからのことです。私は、大佐とタナカが階段を上がってくるのを聞きつけました。大佐は私を寝台から引きずりおろし、めちゃくちゃに 殴りました。大佐は私の手をひっぱって階下へ連れ降り、拷問しました。暴行された私の目は一瞬にして腫れ上がり、顔中が血だらけになりました。全身にあざ ができました。
大佐は私の手を縛り上げました。瞼が腫れて目を開けられません。それでも無理に目をひらいて周りを見回すと、数人のゲリラが捕虜になっているのが見えまし た。彼らもあざだらけになっていて、手を縛られています。
日本軍がパムパンの村に到着したとき、村には誰もいなくなってしまって、もぬけのからでした。みんな逃げてしまっていたのです。大佐は、彼らの相談を聞い ていたのは私一人だと言い、私が焼討ち作戦を台無しにした、と疑って、激怒していました。
一晩中、立ったまま両手を縛られ、眠ることもできず、喉の渇きと全身の痛みに苦しめられました。翌日の正午になって、大佐が私たち虜囚の様子を見に降りて きました。彼は私の顔に水をあびせました。大佐は他の捕虜たちにも同じように水をあびせていました。喉の乾ききった私には、くちびるにしたたりおちる水の 一滴一滴すら大きな助けでした。水滴を必死になって吸おうとしました。
やがて、ひどい寒さが突然私を襲いました。マラリアがぶりかえしてくることが分かりました。両手を縛られているので、辛くてたまりません。横になりたいの に、縛られているので立ちつくしたままです。髪の毛が逆立つようでした。全身をのたうちまわらせ、絶叫しました。
「死にたい!」

956 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:07
ゲリラたちに救出される

後で母に聞いたところによると、ゲリラたちが捕虜になった仲間を解放するためにその夜駐屯所を攻撃し、拘束されていた私を見つけ、気絶しているところを救 出してくれたのです。一九四四年一月でした。私は九力月間も日本軍に性奴隷としてとらわれていたのです。
一九九二年に公に名乗り出た後、私を救出してくれたゲリラの一人に逢えました。バラハディアさんです。
彼の話によると、私を救出したそのとき、彼はてっきり私がもう死んでしまっている、と思ったそうです。他の六人の少女たちもみんな救出され、逃げて行った のに、私だけはぐったりと気を失っていたからです。
バラハディアさんは私を救出した体験を話してくれました。
「ゲリラが捕虜になったと分かれば、私たちの連隊が駐屯地を攻撃することになっていたのです。精米所にたくさんゲリラが捕えられていました。だから精米所 を攻撃する計画を練って、三日間相談しました。一○人のチームで、武器を持って行ったのですよ。その夜は、幸運にも日本人警備兵が少ししかいなかったの で、攻撃に気付かれずにすみました。精米所の後ろの小さな穴から物音をたてずに中に入ったのです。日本兵が私たちに気付いたのは、ゲリラが全員縛りを解か れ、女性たちも逃げ出した後でした。

赤ん坊のように

一九四四年一月にゲリラに救出された私は、ニカ月もたってから、ようやく意識をとりもどしました。
自分が母の家にいることに気がつき、母の顔を見て、泣きました。話をしたいのに、何の言葉も出てきません。私は、日がきけなくなっていたのです。
ちゃんとしゃべることができなくなり、言葉を言おうとすると、いつでも犬のようによだれが出ました。
ニカ月の昏睡から醒めて最初に思い出したのは、タナカ大尉が私に飲み物を与えようとするので大佐が怒鳴り、私の頭を壁に打ちつけたことでした。しだいに出 来事がすべて心によみがえってきました。いっしょにいた六人の少女のことも思い出しました。
口をきくのは不自由でしたが、母に自分の身に起こったことを話しました。母は慟哭し、私を燐れみました。
私は泣いてばかりいました。母はいつも慰めてくれました。
「あそこでいっしょだった娘たちはどうなったのかしら?あの娘たちも脱出できたのかしら?」私が尋ねても、母は、知りませんでした。
衰弱しきり、ときどきぶりかえしてくるマラリアに苦しみました。母は私を看護し、赤ん坊にするように食べ物をスプーンで食べさせてくれました。それに、薬 草をせんじて飲ませてくれました。
初めは立ち上がることもできず、なかなか歩くことができませんでした。一六歳だというのに一歳六力月の赤ん坊のようにおぼつかない歩き方しかできなかった のです。今も、歩行は困難で、いつもつまずいたものです。今でもまだ、歩いていてバランスを失うことがあります。
まっすぐに目の焦点を合わせることもできなくなっていました。斜視になったようでした。頭髪は抜け落ちました。ときどき不正出血もありました。血のしみが 下着につくのです。
母がグアヴァの葉を煮たもので私の膣を洗って、いやしてくれました。
言語障害は、私が受けた日本軍の虐待と拷問の後遺症の一つです。今も、その後遺症は消えていません。
会話が不自由なので、言いたいことを表せるように字を書こうとしましたが、鉛筆が手からすべりおちます。書いた字は、読めたものではありませんでした。
叔母の一人が母を訪ねてきたとき、
「まあ、私の姪は何の病気になったというの?」
叔母は嘆き、私を憐れみました。
母は、私がマラリアの高熱に襲われ、兵隊たちに頭をたたかれたので会話が不自由になったのだ、と説明しました。
叔母は「たぶん脳が駄目になったんだよ」と、泣きだし、私も母も泣きました。それでも母は、叔母にも私が慰安婦にされていたことは話しませんでした

957 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:08
「汚れた女」

私は、たえず悪夢に悩まされました。性奴隷にされた体験を夢に見てうなされるのです。
同じ年頃の娘たちを見ると、いつも辛くなりました。みんな、愉快そうに笑ったり、歌やダンスや友達づきあいを楽しんでいて、とても幸せそうで、天真爛漫に 見えました。
私は家からなるべく外に出ないようにし、いつでも部屋の隅に隠れていました。母の他は誰にも、自分の姿を見せたくなかったのです。自分の身に起こったこと を誰かに知られるのを恐れて、家の中に隠れていたのです。
他人が自分を傷つけようとしているという感じがし、自分の背後で話をしている人々に恐怖を感じるようになっていました。そして、私は自分で自分を恥じるよ うになりました。自信や自尊心を失ってしまったのです。始終、人から自分が隠れなければならないような気がし、地面に自分の頭を埋めているように感じまし た。
生き続けること、自分の正気を保つことそのものが、たえまない闘いでした。痛苦の体験はいつも心を去りません。男性を見ると、隠れてしまいました。男たち が、日本軍のような抑圧者に見えてしまうのです。
私は自分が無価値だと感じました。レイプされたために「汚れた女」になってしまったと感じていたからです。処女を失ったということは、未来の夫に捧げるべ き一番大切なものをなくしたということでした。
母も、私を家の外に出したがりませんでした。もし日本軍が追跡してきたら、私も彼女も殺されてしまうでしょう。それに母は、私が表に出て、誰かが私を見て 笑ったり、発狂したと思うのが、悲しかったのです。私は口をきくのが不自由になったために、冗談の的にされたものです。
私は部屋の隅でさまざまなことを思い出しては、泣いて暮らしました。大佐やタナカ大尉や六人の少女たちのこと、遠く離れた町にいる父のこと、ゲリラの仲間 のこと・…。もしあの検問所を通らなかったら、日本兵は私を連行してゆかなかったでしょう。でも、それが私の運命でした。
近所の人や親戚たちさえ、どうして私がいつも部屋に身を隠しているのか、理解できませんでした。近所の人々は、私は頭がおかしくなったのだと考えました。 私の秘密を知っている唯一の人である母さえ、私のことを頭がおかしいのでは、と考え始めました。

ティムボル先生の診断

一九四四年九月一日、母は、戦前から家族がお世話になっていたティムボル先生に診てもらおうと、パサイに私を連れて帰りました。乗客がたいそう多かったの で、私たちは列車の屋根に乗って行きました。パサイには、母の弟たちがまだ住んでいました。
母は、ティムボル先生に、私のマラリアと拷間とニカ月におよんだ昏睡状態について話しました。言語障害のことも話しました。
ティムボル先生は、高熱と拷間による頭部への打撃が昏睡の原因だが、そんな病気から回復して幸運だ、と言いました。
「ロサが物が分からなくなってしまったら……いや、それどころか発狂してしまったら…… とんでもないことです。……記憶力や思考力が回復するように神様に析るしかありません。」
ティムボル先生が母にそんなことを言っているのが間こえます。私はそうならないよう頑張ろう、と心に誓いました。

癒えぬ心の傷

ペドロとエミルは、連合軍の手伝いの仕事を始めました。連合軍は叔父たちが働くと、食料やお金をくれました。父はまだ遠い町から帰ってきませんでした。そ の頃もまだ、私の髪は半インチ(約一・三センチ)しか生えていませんでした。禿げているのを人に見られないように、いつも大きなハンカチを頭にあてていま した。町中の方が住みやすいので、私たちは村を出て、町に移りました。それは、私が三力月間囚われていた、元病院のあの建物の近くでした。
その後、米軍基地のそばの家に引っ越しました。そこなら連含軍兵士たちの洗濯物を洗い、洗擢賃の支払いをしてもらえたからです。私たちには他に生活のすべ がなかったのです。金持ちの父は、まだ遠い町にいました。母は私に、父からの援助をあてにすべきでないと言いました。
私は母を助けて洗濯をしました。洗濯物は手で洗います。それから軍服には全部アイロンをかけました。連合軍の軍服を見ると、アイロンをかけながら涙が出た ものです。

958 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:09
軍司令部による大量徴発的連行

一九四四年五月三○日、「日本軍天津防衛司令部」は天津特別市政府
警察局にあてて、次のように通告した。@河南へ軍人慰労のため「妓
女」一五○人を出せ、A期限は一力月、G借金などはすべて取り消し
自由の身にする、C速やかにことを進めて、二、三日のうちに出発させよ。これを受けて警察局保安科は、売春業者の集まりである「天津特別市楽戸連合会」を 召集し、「妓女」を勧誘させた。日本軍司令部の指示のもと、軍と現地警察局と民間業者が一体となって軍慰安婦の徴達、徴発的連行にあたっていることが明ら かである。
勧誘の結果、一三九人が「自発的に応募」して性病検査を受けたが、逃亡するものなどが多く、八六人が軍慰安婦として選ぱれた。日本軍は、防衛司令部の曹長 が兵士一○人とともにトラック四台で迎えにいった。しかし八六人のうち半数の四二人が逃亡したという。
このように多数の逃亡者がいることは、「自発的に応募」が文書上の偽装であることを示している(『朝日新聞』一九九九年三月三○日)。
一九四四年に、軍司令部が先頭にたってこのように大規模な徴発的連行を性急に行ったのは、藤原彰氏が言われるとおり、日本陸軍の大陸打通作戦、すなわち海 上交通が不可能になったため、朝鮮−満州−中国大陸を通って、タイ、マレー、シンガポールにいたる連絡路をつくろうとする大規模な作戦計画を進めていたこ とに関連していよう。このために河南に大部隊が動員され、軍慰安婦の派遣が強請(ごうせい)されたのである。

東南アジア・南太平洋における徴達・連行

東南アジア諸国や南太平洋の地域においては、これまで見てきた朝鮮や中国における徴達・連行のさまざまの形態が出そろっていると言える。
まず詐欺的連行であるが、インド洋カールニコバル島の海軍軍属であ
った河東三郎は、同島へ内地から来た軍慰安婦について、「かの女ら慰安婦の多くは、戦地に行くと無試験で看護婦になれるとだまされてきたのだそうだ。かの 女らは看護婦になるつもりで、戦地に従軍してきたらしい」と仄聞(そくぶん)している(『ある軍属の物語』思想の科学社、一九八九年)。また、カリマンタ ン・タラカンの輜重兵(しちょうへい)第三二連隊の戦中記には、次のように記されている(「戦争体験記・部隊史にみる『従軍慰安婦』」)。
慰安婦は三十名余りおり、その中の一人に源氏名(ママ)を清子(本名リナー)と名乗る十八才の若い娘を知り、よく遊びに行った。
彼女らはセレベス島のメナドから、東印度水産会社の事務員にすると騙(だま)されて、ガレラに連れてこられ、慰安婦にさせられたそうである。
彼女らの女学生時代のセーラ服姿の写真を見せられたが、日本の女学生と同じ服装で、メナド人はミナハサ族といって色自で、日本人によく似た顔立ちで美人で あった。彼女らは当時としては高等教育を受けた良家の子女達であった。
このように東南アジアでも、徴達された現地で使役されるのではなく、セレベス島からカリマンタン島へ連行されている事例のあることを知り得る。
なお、敗戦後にセレベス民政部第二復員班長によって作成された「南部セレベス売淫施設(慰安所)調書」によれば(『資料集』83)、「実際上婦女の募集並 (ならび)に雇傭契約は主として民政部嘱託■■■■■■(氏名抹消)(帰還)及(および)実業団員■■■■■■(氏名抹消)(帰還)之(これ)を行ひ、
各地方施設に配置したり」とあり、詐欺的連行者を含めて、「雇傭契約」「配置」は純然たる民間業者ではなく、軍の監督下にある者が行っていた。
徴発的連行には、『高野部隊ミンダナオ島戦記』(一九八九年)に、「邦人通訳の森山さんの紹介を得て、武石主計少尉が内地から持参した女性用のワンピース の布を持参して、ダバオのボスを訪問し、『慰安婦』六、七名の斡旋を依頼した。一週間後に、ダバオのボスが指定した場所に、食肉受領の帰途、私達のトラッ クが立寄り、六人の現地人女性を連れて来た」とある。


959 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:11
軍司令部による大量徴発的連行

一九四四年五月三○日、「日本軍天津防衛司令部」は天津特別市政府
警察局にあてて、次のように通告した。@河南へ軍人慰労のため「妓
女」一五○人を出せ、A期限は一力月、G借金などはすべて取り消し
自由の身にする、C速やかにことを進めて、二、三日のうちに出発させよ。これを受けて警察局保安科は、売春業者の集まりである「天津特別市楽戸連合会」を 召集し、「妓女」を勧誘させた。日本軍司令部の指示のもと、軍と現地警察局と民間業者が一体となって軍慰安婦の徴達、徴発的連行にあたっていることが明ら かである。
勧誘の結果、一三九人が「自発的に応募」して性病検査を受けたが、逃亡するものなどが多く、八六人が軍慰安婦として選ぱれた。日本軍は、防衛司令部の曹長 が兵士一○人とともにトラック四台で迎えにいった。しかし八六人のうち半数の四二人が逃亡したという。
このように多数の逃亡者がいることは、「自発的に応募」が文書上の偽装であることを示している(『朝日新聞』一九九九年三月三○日)。
一九四四年に、軍司令部が先頭にたってこのように大規模な徴発的連行を性急に行ったのは、藤原彰氏が言われるとおり、日本陸軍の大陸打通作戦、すなわち海 上交通が不可能になったため、朝鮮−満州−中国大陸を通って、タイ、マレー、シンガポールにいたる連絡路をつくろうとする大規模な作戦計画を進めていたこ とに関連していよう。このために河南に大部隊が動員され、軍慰安婦の派遣が強請(ごうせい)されたのである。

東南アジア・南太平洋における徴達・連行

東南アジア諸国や南太平洋の地域においては、これまで見てきた朝鮮や中国における徴達・連行のさまざまの形態が出そろっていると言える。
まず詐欺的連行であるが、インド洋カールニコバル島の海軍軍属であ
った河東三郎は、同島へ内地から来た軍慰安婦について、「かの女ら慰安婦の多くは、戦地に行くと無試験で看護婦になれるとだまされてきたのだそうだ。かの 女らは看護婦になるつもりで、戦地に従軍してきたらしい」と仄聞(そくぶん)している(『ある軍属の物語』思想の科学社、一九八九年)。また、カリマンタ ン・タラカンの輜重兵(しちょうへい)第三二連隊の戦中記には、次のように記されている(「戦争体験記・部隊史にみる『従軍慰安婦』」)。
慰安婦は三十名余りおり、その中の一人に源氏名(ママ)を清子(本名リナー)と名乗る十八才の若い娘を知り、よく遊びに行った。
彼女らはセレベス島のメナドから、東印度水産会社の事務員にすると騙(だま)されて、ガレラに連れてこられ、慰安婦にさせられたそうである。
彼女らの女学生時代のセーラ服姿の写真を見せられたが、日本の女学生と同じ服装で、メナド人はミナハサ族といって色自で、日本人によく似た顔立ちで美人で あった。彼女らは当時としては高等教育を受けた良家の子女達であった。
このように東南アジアでも、徴達された現地で使役されるのではなく、セレベス島からカリマンタン島へ連行されている事例のあることを知り得る。
なお、敗戦後にセレベス民政部第二復員班長によって作成された「南部セレベス売淫施設(慰安所)調書」によれば(『資料集』83)、「実際上婦女の募集並 (ならび)に雇傭契約は主として民政部嘱託■■■■■■(氏名抹消)(帰還)及(および)実業団員■■■■■■(氏名抹消)(帰還)之(これ)を行ひ、
各地方施設に配置したり」とあり、詐欺的連行者を含めて、「雇傭契約」「配置」は純然たる民間業者ではなく、軍の監督下にある者が行っていた。
徴発的連行には、『高野部隊ミンダナオ島戦記』(一九八九年)に、「邦人通訳の森山さんの紹介を得て、武石主計少尉が内地から持参した女性用のワンピース の布を持参して、ダバオのボスを訪問し、『慰安婦』六、七名の斡旋を依頼した。一週間後に、ダバオのボスが指定した場所に、食肉受領の帰途、私達のトラッ クが立寄り、六人の現地人女性を連れて来た」とある


960 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:11
また、インドネシアに帰化した元日本兵タイラ・テイゾウは、インドネシアの週刊誌『テンポ』記者に次のように語っている(大村哲夫「『現地調 達』された女 性たち」『世界』一九九三年七月)。
インドネシア人女性が日本軍によって強制的に集められたと言う人がいたら、それは間運っています。彼女たちは普通、現地の村役人を通じて行われた通達に よって集められたんです。まず集められて、それから日本軍の司令部へ連れて行かれたんです。ですから、もし強制があったとすれば、それはインドネシア人自 身によって実行されたことになります。(一九九二年八月八日号)これは日本軍弁護論として語られているのであるが、「現地の村役人」を通じての徴発がかな り普遍的に行われていた事実を明らかにしている。ただこうした事態が、日本軍による現地村役人への事実上の命令・強制なしには行われないであろうことを、 タイラは見落としている。

暴力的連行――フィリピン

東南アジア諸国では暴力的連行、しかもそれは日本軍による直接的な暴力的連行も盛んに行われていた。プロローグでも度々紹介したフィリピンのマリア・ロ サ・L・へンソンさんも暴力的に連行された一人である。しかも彼女は暴力的に連行される以前に、生理もまだない一四歳の時、日本軍の将校と兵士から二度も 強姦されている。その後彼女は抗日ゲリラ組織フクバラハップ団に参加し、一九四三年四月のある日、組織の指示があって男性ゲリラニ人と一緒に近くの町へ行 くことになり、検問所を無事通過したが、しかし検問所を通り過ぎると彼女だけが戻ってくるように合図され、警備兵によって日本軍の司令部兼駐屯地に転用さ れていた建物の二階に連行された。その夜は何も起こらなかった。
その翌日、自分がたくさんの兵隊たちに性の相手をしなければならないのだと知りました。最初に一二人の兵隊がたてつづけにレイプしました。それから三○分 くらい間があり、またもや一二人の兵隊です。私はひどく出血し、身体がめちゃめちゃに傷つけられたと感じました。翌朝には、立ち上がることすらできません でした。
一人の少女が朝食を運んでくれました。彼女に質問したかったのですが、警備兵がさえぎり、言葉さえ交わせません。食事は喉を通りません。性器が腫れ上がっ ているのでしょう、痛くてたまりません。ひとり、泣いて泣いて泣き続け、母の名を呼ぴました。日本軍に殺されるかもしれません。抵抗しようがありませんで した。昼の二時から夜の一○時まで兵隊たちが行列をつくって私をレイプする日々が始まりました。他の六人の少女の部屋にも、兵隊たちが行列をつくっていま した。

彼女の監禁されていた慰安所は、後述する強姦所に含まれるかもしれないが、週一回の日本人医師による検診があった。その医師も検診した後レイプした。
レメディオス・ヴァレンシアさんもヘンソンさん同様、偶発的に暴力的連行にあい、同じような扱いを受けた一人である。証言を間こう(『証言』V)。
一九四三年の十月ごろ、マニラのパコ市の市場で魚を売っていたとき、三人の日本軍兵士に手を引っぱられて抱きかかえるようなかっこうで、近くの空き家に連 行されました。そこはニッパヤシで造ったような建物で、十二平方メートルくらいの広さの家でした。一人の兵士が何か言った後、他の兵士は外に出ていきまし た。そこで、一人の兵士に強かんされました。そのとき、市場で働いていて別の兵士グループに連行された女性もいました。
その後、うしろに堅い座席のあるトラックで、マニラ市内のダコタ地区にある大きな家に連れていかれました。その家は二階建てで、一階は大きな応接間で三十 平方メートルくらいあり、二階は、ベッドを一つおけばあまり余裕もないくらいの部屋が四つありました。そこには、テルミという名前の日本人女性がおり、四 人の若いフィリピン女性もいました。テルミは、二十八歳くらいで、私より少し背が高く一五五センチくらいで、その家の一階に住み、食事の世話や医者を連れ てくるなど、その家を管理していました。また、日中は、民間の日本人男性が二人ほどいて、私たちを監視していました。家には鍵がかかっていましたが、部屋 にはかかっていませんでした。その家があった場所は、現在マニラ動物園構内の入り日付近です。そこでは、毎日のように、一日六人から多いときは十五人くら い、兵士の性行為の相手をさせられました。食事のときだけ下の部屋に行き、あとは、大体二階にいました。他の四人のフィリピン女性も同様でした。性行為に 対してはお金や物をもらったことはありませんが、医師による性病検査が毎週土曜日にありました。兵士たちはほとんどコンドームをつけていなかったのです。 あるとき、兵士が外に連れだそうとしたので抵抗したところ、銃剣で右足のすねの部分を刺されました。今でもそのあとが残っています。


961 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:12
元日本軍兵士の回想記の中にも、このような暴力的連行があったことが知られる。除野信道「ミッドウェーの以前と以後」(『戦争体験記・部隊史 にみる「従軍 慰安婦」』)には、次のように記されている。ニューブリテン島ラバウル郊外のカビエンでのことである。
(一九四三年)二月五日、慰安所の店開きをするからという案内が設営隊からあった。招かれた者は駐留各隊の幹部士官。丘の上に無造作につくられた建物に集 まった。
その中には命からがらラエから退いてきた呉第三特別陸戦隊の崎谷武男もいた。女性は三十人弱。大部分は水商売の前歴者であったが、「こんな前線に出される とは……」とこぼしていた(彼女らに恩給支給すべしとの提案を期待する)。なかには朝鮮から回されてきた者もあった。また日本語が喋れない小娘もいた。英 語と中国語を交互に使って事情を聞くと、「ペナンで夕方の外出禁止命令を知らずに街を歩いていたら、逮捕されここに入れられた」と涙をこぼした。良家の子 女のようだったが、戦争の爪跡はこういうところにも及んでいるかと思うと、酒も不味(まず)くなった。

暴力的連行――インドネシア

このような個別的・偶発的な暴力的連行とは別に、集団的・組織的な暴力的連行も行われた。インドネシア東部のアンボン島における「慰安婦狩り」の体験を、 禾晴道『海軍特別警察隊』(太平出版社、一九七五年)が紹介している。アンボン島では、四四年八月の大空襲で残されていた現地人慰安所も解散したが、海軍 司令部から再興しようとの話が出、慰安婦集めの作戦が練られた。
その場合、「アンボン島と周辺の小島から、多くの慰安婦を集めようとすれぱ、慰安婦志望者だけでは少ないだろうし、多少強制でもすれば住民の反日感情を高 めて、治安上おもしろくないことが起きはしないだろうかという心配の点が中心になるだろうと思われた」。
結局、「早急に対象となる女性のリストを作って、本人に交渉する。ある程度の強制はやむをえないだろう」ということになった。現地人警察官を動員して「慰 安婦狩り」が行われた。警察の指導にあたっていた木村司政官は、敗戦後、次のように話していた。
あの慰安婦集めでは、まったくひどいめに会いましたよ。サパロワ島で、リストに報告されていた娘を集めて強引に船に乗せようとしたとき、いまでも忘れられ ないが、娘たちの住んでいた部落の住民が、ぞくぞく港に集まって船に近づいてきて、娘を返せ!娘を返せ!と叫んだ声が耳に残っていますよ。こぶしをぷりあ げた住民の集団は恐ろしかったですよ。思わず腰のピストルに手をかけましたよ。思い出しても、ゾーッとしますよ。
カリマンタン(ボルネオ)島西部のポンティアナック市における海軍派遣部隊の「慰安婦狩り」の実態も明らかにされている。オランダ軍の戦犯裁判関係の報告 書によれば、おおよそ次のようなものであった(大村哲夫「『現地調達』された女性たち」)。
同市では一九四三年前半に派遣隊長が在留日本人の畜妾(ちくしょう)禁止令を出すとともに、日本人と性的関係のあった現地人女性全員を強制的に慰安所に囲 いこむことを命令した。まず日本企業と民政部に勤めていた女性たちが海軍特別警察隊に出頭を命じられた。ある者は全裸にされて日本人との関係を認めるよう に責めさいなまれ、またある者は路上で特警隊に逮捕され、屈辱的な検診を強制された。
こうして特警隊によって集められた女性たちは、海軍軍人用(三ケ所)と民間人用(五ケ所あるいは六ケ所)の慰安所に振り分けられ、海軍慰安所は海軍派遺部 隊が直接に運営し、民間用は南洋興発株式会社に運営が任された。慰安所は鉄条網で囲まれていて、女性は特別の許可がなければ外出することができず、逃亡を 図った女性の母親が報復のため特警隊によって殺されたこともあったという。
今現在、「ナヌムの家」は遺族会系の元慰安婦から「金を横領している」
「ハルモニの血をすするナヌムの家」と告発され、慰安婦同士の醜悪な争いの
只中にある。 ナヌムの家が体現しているのは、ウソにウソを重ねた運動の浅ましい結果に過ぎない。


962 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:13
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p106

武昌慰安所「世界館」
総兵力三○万を投入し、日中戦争の中でも最大規模の武漢攻略作戦を展開した日本軍が、武漢三鎮と呼ばれた揚子江中流沿岸の漢口、武昌、漢陽(ハンヤン)を 占領したのは一九三八年一○月二五日から二七日にかけてである。
武昌と漢陽は、隋、唐の時代から栄えた町である。漢口は、一九世紀末から中国中部の、軍事、交通の要衝として急速に発展し、フランス租界、イギリス租界、 ドイツ租界、ロシア租界等多くの外国権益があった。また一九三七年一二月、日本軍の南京攻略後、国民政府機関の主体は一九三八年七月まで武漢の地にあっ た。中支那派遣軍は武漢占領にあたっては、「武漢三鎮進入要領」を示し、軍の行動を細部にわたって規制した。南京占領の際、日本軍は約四○万人ともいわれ る中国人を虐殺し、強姦、輪姦、略奪を行なった。そのことは日本国内では知らされなかったが、欧米各国では大きく報道された。南京虐殺のような事態を繰返 せば国際的な批難を浴びることは必定だった。また、外国権益を侵害するような事件が発生すれば、諸外国による干渉は避けられないと予想されたため、軍の行 動を規制する必要があったのである。
「武漢進入ニ際シ軍参謀長ノ注意事項」(昭和十三年十月二十四日発)の主な項目をあげてみよう。
 一 第三国権益ヲ尊重シ絶対二被害ヲ及ホササルヲ要ス……略……今万一第三国権益蹂躙ノ結果不幸ナル国際問題発生センカ之力為或ハ赫々タル戦勝ノ効果ヲ 傷ツケ  作戦ノ進捗ヲ妨ケラルル事無キラ保チ難シ……略……
二 無益ノ破壊、放火ヲ厳二戒ムル……略……武漢ノ地ハ差当リ皇軍力戦塵ヲ洗フノ適  地ニシテ次期作戦ノ策源地タルノミテラス将来ニ亙リ永ク部隊ノ駐屯 スヘキ地タリ況ン
  ヤ新生支那ノ為政治的、経済的、文化的心臓部ナルニ於テヲヤ是ニ於テカ克ク現存ノ建築物、諸施設ヲ愛存シ以テ充分ナル利用ニ資スルヲ要ス……略……
三 各種不法行為特ニ掠奪、放火、強姦等ノ絶無ヲ期スルヲ要ス
  皇軍ノ武漢進入ニ方リテハ其一挙一動ニ世界人士ノ耳目集中スヘシ正ニ皇威ヲ宣揚シ皇軍ノ真姿ヲ理解セシムヘキ絶好ノ時機ナリ……略……各種非違ハ軍隊 ノ緊張セル進入直後ノ時機ヨリモ寧ロ若干日経過シタル後二於テ発生ノ機会多カルヘキヲ以テ時日ノ経過ト共ニ監督ヲ緩メサルヲ要ス「陸軍作戦支那事変 <2>」(防衛庁防衛研修所戦史室著朝雲新聞社刊)
コウさんに連れられて神道らが武昌(ウーチャン)に着いた時、中国人の姿はほとんど見られなかった。
日本軍侵攻を知って、家も家具なども放置して逃げ出してしまったようだ。中国人の姿を見かけるようになったのは、一、二か月経ってからである。
 ――支那人がいっぱい死んで、遺体、誰も片づける人いないからそのままぶんなげてある。刀で殺されたり、鉄砲に当って死んだ奴か、女も男も死んでる。中 には穴掘って埋めたお墓みたいのもあったし……。遺体がそっちこっちあって、煉瓦だから、血ィいっぱいくっついてるんだ。そこで飯炊いて喰うんだから。汚 いとか言ってられねえんだ。腹は滅ったし……。

川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p108

神道らは煉瓦造りの大きな建物に入れられた。裏手には山があったが、その建物の裏口を出たところに中国人の遺体が横たわっていた。殺されてまだ何日も経っ ていなかったろうと思う。周囲には黒ずんだ血糊がべっとり付いていた。
神道らの到着は兵隊たちに瞬く間に伝わったのだろう。まだ軍から営業許可が下りないうちからやってきて、神道らを把えた。
 ――許可なる前に、死んだ人、側にいても、どこでも、陰の方、見てねえとこさ行ってやらせろっていうんだ。すごいよ。それだけ兵隊さんがやりたがったん じやねえか。
兵隊にのしかかられ動転して神道は、死にものぐるいで兵隊を押しのけ逃げて来た。兵隊は背後から何か叫んでいた。その時神道は日本語はまったく分らなかっ たが、「許可が下りたら遊びに来るからまっててね」、おそらくそんなことぱを神道に投げつけていたのだ。日本軍は中国人の遺体は片づけはしない。娘たちの 仕事はまず、遺体を片づけ染みついた血を洗い流す事から始まった。
武漢に慰安所が開設された当時のことが、「漢口慰安所」(元漢口兵站司令部・軍医大尉長沢健一著 図書出版社刊)に次のように記されている。
「武漢陥落とともに上海、南京で待機していた売春業者らは、慰安婦を率いて続々と武漢を目指し、揚子江をさかのぼりはじめた。派遣軍は彼らを軍需品扱いと し、優先輸送した。……略……軍需品は輸送順位が上位であるから、名目上、そう取りはかった……略……」


963 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:14
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p109

さらに、漢口の積慶里に漢口特殊慰安所を設置した経緯を詳述している。
「昭和十三年十一月中旬、漢口兵姑司令部は、上級司令部の指示により慰安所に供
する家屋を選定し、女たちを引き連れて続々来漢する慰安所業者を入居させ、慰安所
開業までこぎつけ」
「十一月下旬から開業した」。
このことは第二軍の司令部が一九三八年一二月一○日に発した「第二軍状況概要」
(防衛庁防衛研究所所蔵)の「第四 漢口及漢陽警備」の項に次のように記されている
ことで裏づけられる。

 三、〔(イ)〜(ハ)略〕
    (ニ)外出、慰安
 外出ハ警備第一主義ニ基キ当分ノ間引率外出、慰安所出入ノ為ノ外出以外之ヲ認メ
 ス慰安所ハ十一月二十五日ヨリ之ヲ開設シ切符制度ニヨリ混雑ヲ防止シ以テ皇軍ノ
 面目ヲ維持スルコトニ努メツツアリテ概ネ所期ノ目的テ違シアルモノト信ス

日本軍が武漢を占領した約一か月後には慰安所が開設されたのだ。神道が働くことに
なる世界館も、おそらくこの頃開設されたと思われる。
神道らが入れられた煉瓦造りの建物は、日本軍の占領前は中国人が使っていたもので
ある。飲食店か旅館の類でもあったのだろうか、広い建物だった。最初その建物の中に
入った時、まだ中国人の体臭が残っているような気がした。数日間にわたって軍から大
工出身の兵隊が来て、間仕切りして部星数を増やすなど、内部を造りかえていた。一階
が帳場と炊事場と食堂、娘たちは二階の間仕切りした小部屋に割りふられた。


川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p111

神道の部屋は三畳もあったろうか、もとの住人が使っていた寝台もあったが、神道は寝
台には寝たことがないので床に板を敷き、その上に藁布団と布団を置いた。そして、これ
も住人が放置して行った箪笥を入れると、もうそれでいっぱいだった。
また、性病検査のための検査台が置かれている部屋もあった。開業後は通に一回軍医
が来て、その部屋で性病検査が行なわれたが、世界館だけではなく周辺にあった慰安
所の女たちも来て検査を受けたのである。
戦地で御国のために何をなさなけれぱならないのか明確に分ったのは、下半身をむき
出しにされてその検査台に無理矢理上げられた時である。神道は泣いて抵抗した。軍
医は内視鏡を挿入しようとしたが、膣が硬くて入らず処女であれば性病にかかっている
はずはないとでもいうように、軽く尻をポンと叩いて、「次!」とうながした。
当初、帳場を任されていたのは朝鮮人男性である。その男は約一か月後に姿が見えな
くなり、それ以降はコウさん夫婦が帳場に座るようになった。帳場の側の壁には女たち
の源氏名を記した名札が並べられた。その名札は、性病検査で不合格となったり病気
その他で接客不可能な場合には裏返しにしておく。将兵はその名札を見て帳場で札を
買い、指定された部屋に入るという仕組である。札には女の源氏名と部屋の番号が記
されていた。
はじめて神道の部屋に来たのは橋本軍曹である。神道はどうしてよいか分らず部屋の
隅にうずくまっていた。慰安婦となる娘たちの最初の接客は、将校や下士官であること
が多い。橋本軍曹も、主人に勧められて世界館に来たのだろう。だが、年端もいかない
娘が小柄な身体をなおいっそう小さくしておびえているのを目にした時、憐憫の情にと
らわれたに違いない。「かわいそうに」というように何度か神道の髪を撫で、その時はそ
のまま部屋を出て行った。


964 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:15
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p112

だが、橋本軍曹は、料金を支払ったにもかかわらず神道が応じなかったことを帳場に伝
えた。神道は帳場にいやというほど殴られ蹴られた。そして、軍人の相手をするのがい
やなら武昌にくるまでにかかった経費をいますぐ返せ、とすごまれた。神道は大田(テ
ジョン)の"人間ブローカー"からもコウさんからも一銭も金を借りた覚えはなかったのに、
三○円もの借金を負わされていたのだ。
神道は最初の頃、"慰安"をするためだけにある狭い部屋から何度も逃げ出した。
 ――泣いてそっち逃げたり、こっち逃げたり、とにかくなんでかんで逃げて、あーあ、嫁
ごに行けっていった時、だまって行けばよかったっていったって遅いもの。いなくなると、
探すわけさ。死んだんじやねえか、迷子になったんじやねえかって。何回も何回も逃げて
捕まえられて、帰ると足で蹴んなぐってやあ、髪つかんではたかれたりするんだ。ピンタ
下手に当たると、鼻血がパッパと出る。血がとまらない場合もあるから雇う人もおっかな
くなってやめるんだ。飯も喰わせない時もあるんだよ。どこか狭い所入れられて、結(ゆっ)
つけられてやあ。飯喰わなければ死ぬって、また部屋に連れて行って、「今日からだまっ
て兵隊さんのいうこと間くんだよ」って、こういうわけさ。「ハイ」なんて聞いてても、商売の
時間がくるといやなんだもの。朝鮮へ帰りたくても、何度も汽車と船、乗り換えて来てる
ベ、帰りようが分んねえ。羽でもあればいいけど、帰れないんだもの。
逃げてもどこにも行き場のないことは、自分でもよく分っていた。それでも、階下から日本
兵の帯剣が擦れあう音が響いてくると、神道は反射的に部屋を抜け出した。けれど難なく
捕えられ、手ひどい制裁を受ける。制裁を繰返し受けて、逃げても無駄だということがいっ
そう身にしみた。


川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p113

 ――半分は死んだ覚悟でやっていかなけれぱならないんだもの。ああいうところさ入れ
ば、なんぼ一人前の女ごだって、なんぼ美人の女ごだって、しょうがないんだから。いや
でも身体許さなければならない立場なんだから。朝鮮のことばでナラのためだからって。
御国(みくに)のためだって。規則通りにやらなければ怒られるもの。身体が自由にならな
いもの。具合が悪くても、這って歩ってでも、命令に従わなけれぱならないんだもの。国の
ために行く慰安所と個人で働くのと違うのは、そこなのや。
神道の腕には"金子"という一文字の刺青がある。"金子"というのは神道につけられた源
氏名である。日本語が分らなくても自分の肌に刻みつけておけぱ忘れるようなことはある
まいと、フクコという年上の慰安婦が彫ってくれたのだ。墨で名前を書いて、針で突つく。
血がにじんでいるうちに酢をつけ、針で差した穴に墨を入れるのだ。北朝鮮と台湾から、
逃亡防止のため慰安婦に刺青が施されたという証言が出ている。"金子"という一文字は
縦三センチ横一センチ、北朝鮮や台湾の慰安婦の刺青に比べると小さい。だが、源氏名
を身体に刻みつけたことにより、もう素人の世界には戻れないのだ、朝鮮には帰れないの
だという意識を植えつける、そうした役割は充分果たしたろう。フクコは主のさしがねで神
道に刺青を彫ったのではなかったか。

965 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:16
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p114

慰安所の利用時間や料金、その他慰安所を利用するにあたっての注意事項が、「慰安所
規定」などとして、軍側から規定されていた。たとえば、北支に派兵された独立山砲兵第
三連隊日日命令(防衛庁防衛研究所所蔵)の一九四一年四月九日付には次のような記
述がある。

 第一五 慰安所ヲ利用シ得ル毎日ノ時間左ノ如シ
      兵  ○九、○○ヨリ夕食一時間前迄
     下士官 ○九、○○ヨリ日夕点呼三十分前迄
     准士官以上点呼後ヨリ利用スル事ヲ得
 第一六 慰安所ノ料金ヲ当分ノ間左ノ如ク定ム
     I  兵  三十分 一円
           三十分ヲ増ス毎ニ五十銭ヲ増ス
    U下士官 三十分一円二十銭
           三十分ヲ増ス毎ニ一円ヲ増ス
    V 将校 一時間三円
          一時間ヲ増ス毎ニ二円ヲ増ス
          宿泊二十二時以降八円


川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p115

また、南京虐殺の直後、南京にいた独立攻城重砲兵第二大隊第二中隊陣中日誌(防
衛庁防衛研究所所蔵)の一九三八年三月三日付には次のように記されている。

 五、慰安所規定中必要ナル事項及注意ヲ左ニ示ス
  2、単価
    支那人 一円
    朝鮮人 一円五十銭
    日本人 二円
  4、時間ハ概ネ一時間以内

世界館には中国人や日本人はいなかったが、他の慰安所に、日本人や、戦禍を受けて
両親も住む家も失った中国の若い娘が慰安婦になっていた。神道の記憶では世界館の
利用時間は、兵隊が朝から夕方まで、下士官が夕方から夜九時頃まで、将校がそれ以
降だった。武昌に通過部隊が宿営する時は、世界館は兵隊たちであふれかえった。
そんな日、神道はただ身体をあずけ兵隊のなすがままにするより他なかった。一人が終
ると拾ってきておいた小枝を小さく折り、次の兵隊が終るとまた析る。小枝を折っても折っ
ても、部屋の外から聞こえてくる兵隊の足音と帯剣が擦れ合う音が耳から離れない。股
間は火のように熱く腫れあがった。一日が終ると、深い疲労と痛みをこらえ、小山のよう
になった小枝の細片を神道は数えた。数十から一○○を超えることもあった。それは脚
絆を巻いたまま、ズボンの前ボタンだけをはずしてのしかかってきた兵隊の数だ。


川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p116

通過部隊が武昌から出て行けば兵隊は箒で掃いたようにいなくなる。それでも一日五人
から二○人ぐらいは武昌に駐屯している兵隊が来る。疲れてどうにもならない時には、仮
病をつかって部屋の中から鍵を締め、布団を被って用心する他、身体を休める方法がな
かった。
神道らは朝鮮語の使用を禁じられていた。それは、植民地朝鮮の人々に対して朝鮮名
を日本名に変える創氏改名と平行してなされた皇民化政策の一貫であったが、戦地に
あってはさらに日本兵に分らない朝鮮語を使われては防諜上支障をきたすという観点か
らも、いっそう厳しく取締られた。慣れ親しんだことぱが使えないということは、しゃべるなということに等しい。
朝鮮語を封じられて神道らは、それぞれの部屋に籠り互いの境涯に深入りすることもなく日を過ごした。


川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p117

戦地ではじめて迎えた正月のことである。神道らは日本軍の宴会に酌をするために呼ば
れていった。きものを着、中には島田を結う者もいた。将兵に日本の正月気分を少しでも
味わってもらうための演出である。神道は兵隊たちに教えられて挨拶をした。
「シンネンアケマシテオマンコデゴザイマス」
白粉をつけ紅をさしてはいるが、あどけない面差しの娘の片言の挨拶にどっと笑いが起
きた。
「なんだ、その挨拶は!もう一度いってみろ」
神道は身をすくめ、軍人にいわれるままに二度、三度と繰返した。その度にまた宴席は
どよめき、淫狼な囃し声が投げつけられた。
神道は、発音の仕方がおかしくて笑われたのだろうと思っていたのだが、それ以上に笑
いの種子となった理由を知った時、恥かしさのあまり、いても立ってもいられず、身が縮
みあがった。以来、入浴中でも手洗いでも四六時中頭の中で練習をし、死にもの狂いで日本語を覚えていったのだ。


966 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:17
荒木寛一(元軍夫一九二三年生まれ)
私は戦時中に陸軍の御用船に賄い夫として乗っていました。見たこと聞いたことが、何か役
に立つだろうと思ってまいりました。
戦時中、門司から十五、六隻で船団を組んでサイゴン、タイ国に向けて出発しました。途中
台湾の高雄に立ち寄り、水や食糧などを補給し、翌朝船が出たわけです。ところがアメリカの
潜水艦が待ちかまえていて何隻かの船はやられてしまいました。船はバラバラに逃げましたが、
また寄ってきました。海面に浮かんでいる人を助けるためにです。そのときに、何人かの女の
人も浮いていたのです。兵隊も浮いている、軍属も浮いでいました。それで無事だった私の船
からタラップを降ろして、助けようとしたのです。そのとき上官がいいました。「兵隊を先に
助けろ」と。それから軍属を助ける。そして、言葉は悪いが堪えてください。「朝鮮ピーは、
朝鮮に行けばなんぼでもおるから、助けんでもいいち」上官はそう命令したのです。海面に浮
いていた女の人は、朝鮮人の「慰安婦」だったのです。でも上官は、「慰安婦」は助けるなと
命令しました。(涙声になる)
本当に涙が出ました。助けたかったですよ。今でも、そのときのおわびの気持ちで、自分の
部屋に四○年間も朝鮮の人形を飾っております。手を振って「助けてくれ、助けてくれ」とい
う女の人を置き去りにした時のあのことが、七四歳になった今も忘れきれません。本当に助け
たかったです。どんな思いで死んでいったか……。


967 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:18
それから、これはサイゴンとタイ国の話です。そこに行ったときも港の近くに慰安所がありました。そこに何回か遊びに行きました。慰安所の朝鮮 の女の人は私 のことを「アラキィ」といって呼び捨てみたいな呼び方をしました。「アラキィ、みんな日曜日は楽しいというけれど、私たちは日曜日は地獄だ」と、涙を流し て言いました。なしてかといったら、兵隊が十人も十五人も軍靴をぶら下げて廊下に並んで順番を待っているというわけです。次々に入ってくる兵
隊の相手をしなければならないわけです。どうですか。朝鮮の十九か二○歳くらいの若い女の人が、十人も十五人も列をつくって待っとる兵隊の相手を強いられ るんですよ。その人たちはいいました。「朝鮮が陸続きだったら、逃げてでも帰りたい。お母さんのところに帰りたい」みんな「お母さんに会いたい」というて おりました。本当に可衰想なものでした。
病気をしたらもうおしまいち。ご飯も食べさせてもらわれん。死んだら、どこに埋(い)けられるかわからん。それは本当でしょう。海で死んだり、慰安所で死 んだりして、亡くなった方はいくらでもおります。
次に大連の慰安所のことを少し話します。この年になる今でも名前を忘れていません。全羅南道からきた朝鮮人「慰安婦」のハナコという人やったです。その人 と仲良くなった。私も年が若かったから変なことではなく、時々ぶらっと遊びに行った。私は賄いをしていましたから、
こうりゃんの握り飯を二つか三つ作って持っていってやったとです。その握り飯を食べるときの顔が、今でも目に浮かびます(涙声になる)。それだけ朝鮮の女 の人は食べるものも十分にもらえず、人間扱いされとらんかったです。それやけん、朝鮮の女の人はよく「早く帰りたい」と、言うておりました。
私は最後にみなさんにお願いしたいことは、私は行ければ行って、朝鮮の服やらおいしいお菓子線香でも持って、あのとき朝鮮人「慰安婦」が沈んでいった海の 中に投げてやりたいです。
どうかみなさん、力を貸してやってください。お願いします。


中里チヨ(元海軍従軍看護婦一九二六年生まれ)
こんなにたくさんの方が来て下さり、そして若い方が多いようで、私はすごく心強く、日本
はまだ大丈夫だという気がいたします。
私はみなさんの前で、日本は侵略国なのだということをはっきりと認めている一人であると
いうことをご報告申し上げたいと思います。そしてその上に立って、自分はどういうことをやっ
てきたのかということを、みなさんの前でお話したい。とても辛いことなんですけれども。戦
争体験は、いま生きていらっしゃる六十代以上の方は、ほとんど持っていらっしゃるわけです。
けれども、その中で、直接弾が飛んでくる戦地に行って、相手を必殺という形で殺すという何
ともいえない非人間的な行為をやらなければならなかった体験をした人は、かなりなみなさん
があの世にお出でになっていると思うんです。
私もそろそろお迎えがくる年に近づいてきましたけれども、どうしてみなさんの前で語るよ
うになったのかということを、まずご報告しなければならないと思っております。

968 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:18
四年間の長い間の戦時生活でございましたけれども、その中で一年間、従軍慰安婦に直接か
かわってさた一人として、これはどうしてもみなさんに言わなければいけない便命感があると
思っています。
私は戦後四三年間は一つもこの間題については語りませんでした。語れなかったです。率直
なところ。四三年目に、実は自分の戦争手記を出して『白の墓碑銘』という本の中に載せても
らいました。しかし、本には書けない部分があるのです。それをきょうみなさんにはお話した
いと思っております。
その出発点になりましたのは、今から四年前の一九九二年、忘れもしませんけれども、「従
軍慰安婦一一○番」をやるということが一般の新聞に出たのです。最近非常に身近に先生を感
じておるのですけれども、私はすぐ自分の胸の中にギュウッと圧縮していたものを、何とかし
てここでは言いたくて、それでお電話申し上げました。十四日のたしか午前九時だと思います。
そして、かなり長々とお話したのですが、その中で従軍慰安婦という言葉自体が間違いだと話
しました。「慰安婦」というのは日本の兵隊がより戦力を高揚させるために、肉体的な限界を
より積極的に国のために捧げるために、そのために軍隊が仕組んだものなんです。

具体的なことを申し上げますので、ちょっと驚かないでいただきたいのですけれども、私は
海南島の三亜さんや(さんや)というところでこの体験をいたしました。まだそのとき満一九歳、二○歳にちょっ
と手が届くというところでございました。看護学校三年を卒業してすぐ戦地に行ったわけです
から、満一九歳をちょっと過ぎたところです。
最初はまだ海南島は爆撃がそんなに激しい状況ではありませんでした。海南島の場所を地図
の上で頭に描いていただきたいのですが、中国の一番南端のベトナムに近いところにある。南
シナ海の島です。島の南に三亜という町がございますけれども、そこに海軍病院があったんで
す。

969 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:19
夕方六時五分前になりますと、「外出員整列五分前」という号令がかかるのです。初めてそ
こに行ったとき、私には何がなんだかさっぱりわからない。ということは、私は日本の軍隊と
いうのは神聖で侵すべからざるもの、天皇陛下と同じだと思っていました。またそういう教育
をされてきましたので、軍隊に対して少しでも悪い思いを抱くことは、私には当時はとてもで
きなかった。そういう教育をされた人間なんです。
南方はなかなか日が沈まないんですけれども、夜の六時五分前になると、毎日必ず「外出員
整列五分前」がかかるのです。病院には衛生兵などの兵隊がいっぱいいるのです。その人たち
が大体平均しますと、一週間に二回、一回に六人から七人が五分前に並ぶんです。
毎日なものですから、私はどうしても理解できなくて、補充兵という召集されて星が一つの
人がいるのですが、その補充兵に聞いてみたんです。「おじさん、なんで外出員整列五分前な
の。だって、海がすぐ近くで裏が山で、遊ぶところなんかないのに、どこに行くの」と聞いた
ら、その兵隊はニヤニヤと笑って私の顔を見て、「あんたみたいに若い人には教えたくないん
だけど、いずれわかることだから教えてあげる」といって教えてくれたのが、「遊ぴに行くん
だ」ということだったんです。「とってもいいところに行くんだ」と。それが私が一番最初に、
従軍慰安婦という言葉を教えてもらったときでございました。


こうしたことから、どうしても忘れられないことが三つほどあります。一つは、海軍病院で
は毎週一回、梅毒の検診をやっていました。トラック四台、一台二十五人乗りですから百名の
「慰安婦」が検診に来ました。圧倒的に朝鮮人の方が多かったのですが、目本人も僅かに乗っ
ておられましたし、台湾人の方も一台くらいいましたでしょうか。ということは、朝鮮人の方
が六十名から七十名くらいいらしたということです。それで、梅毒の検診をするわけです。梅
毒というのを兵隊は恐れていました。梅毒には一期から三期まであるんですけれども、一番恐
いのは、外に出る軟性下疳(なんせいげかん)とか淋病です。淋病というのは、性器のところから膿が出る。性交
渉するときに感染するのです。軟性下疳というのは、ちょうどザクロが口を開いたように、局
部が真っ赤になって崩れてくる。そういう症状を軟性下疳というのです。こういう症状をもっ
た「慰安婦」さんが何人かいらしたんです。
印象が一番強いのは、ちょうど私くらいの、十九か二○歳くらいの朝鮮人の女の子が、軟性
下麻だったことです。軍医はただざっと回るだけ。全然診ない。目で見てわかる「慰安婦」だ
け「消毒薬をつけろ」というだけなんです。昔は、今みたいな消毒薬はありません。マーキュ
ロとかヨードチンキとかいって、赤いのと黄色いのを少し黒くしたような、そういうのしかな
いんです。そんなのつけられないですよね。でも私は先生のいうとおりにしないと、当時は軍
医といったんですけど、軍医に叱られますので、先生のいうとおりにマーキュロを局部につけ
たわけです。自分と同じくらいの年の子がそういう境遇にあるのをみると、いくら私が心臓が
強いといっても、当時本当にわからんちんのどうしようもない看護婦だったんですけれども、
でも胸が痛みました。それで「痛みますか?」と聞くと泣くんです。ワーッと泣くんじゃない
の。涙をボロボロこぼして、「アイゴー、アイゴー」というんです。アイゴーという言葉は、
朝鮮語では「衰しい」という言葉なんだそうです。「痛い」といっているのかと思ったら、そ
うではないの。「哀しい」ということをいっていらっしやったんです。


970 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:20
当時の私にはその意味がわかるはずがありません。だけど、あの何ともいえない衰れな、言
葉は悪いのですけど、哀れな姿には胸が痛みました。日本人がそういうことをやっていいなん
て、絶対にあるわけないんです。朝鮮人には朝鮮人の権利がある。人間として生まれてきた以
上、だれでも人間として生きる権利をもっているわけですけれども、そういうことを当時の日
本は一切考える国ではありませんでした。でも、私はあの姿をみて……、今もあの姿を忘れる
ことはできないんですよ。「アイゴー、アイゴー」という言葉を。ときどき夢に見ることもあ
ります。もう五二年経ちましたけれども、まだ忘れられない。あの子たちはどうなったんだろ
う。あの子たちはいま、もう生きていないと思いますけれども、どうなったんだろうと思うん
ですね。私にとってはまだ「あの子」たちなんです。私と同じ年くらいでしたから。
その同じ子たちが四回くらい性病検診に来たのを覚えているんです。来るたびに酷くなって
いるの。一日に二十人から三十人、そういう酷い症状を持っているのに、日本の兵隊と交渉し
なければ殴られる状況なんだということを、後になって兵隊から聞きました。
それともう一つ。これは許されないという、その当時も今と同じ気持ちでした。私はその当
時は、そのことがいいとか悪いとかという前に、正義感で「許せない」とう気持ちがあったん
ですよ。日本人の「慰安婦」は日本の将校用なんです。海軍兵曹などの、将校の下の階級の人
達は台湾人「慰安婦」のところへ行くんです。兵隊と軍属は朝鮮人「慰安婦」というように、
はっきり兵隊の階層で相手の民族を区別していたんです。そして彼女たちの生きる権利を平気
で侵していった。人の権利を考えることができない条件に置かれた兵隊が、それをさも当たり
前という条件の中で慰安所に行っていたのです。


971 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:21
私がいた三亜というところは、日本の海軍司令部があったところなんです。だからその周り
にはたくさんの軍の研究所や施設がありました。病院ももちろんそこにあったんですけれども、
将校が多いんです。その将校たちのために、海南荘という慰安所が病院から車で二十分くらい
のところに造ってありました。そこに日本人の将校が行ったわけです。
いまの日本でいえばアパート式の木造建てで、六畳の部屋が一部屋、そして二階と下で十四
部屋ございました。そこで、将校が一人の日本人の慰安婦を独占していたのです。「オンリー」
といっていましたけど。それは病気の移るのが恐いから、オンリーとして慰安所に部屋を借り
切って、そこヘ「慰安婦」を抱きに行くということをやっていたということです。
そういう施設を軍隊の中に造りながら、どうして「お国のために、天皇陛下のために、われ
われは戦っているんだ」なんてことがいえるんでしょうか。そういう国の歴史の事実があった
ということを、ぜびみなさんも聞いて知っていただきたいということでございます。


私は百人の「慰安婦」を検診する担当看護婦だったわけなんですけれども、彼女たちがどこ
からどうやって連れてこられたのかということは、わからなかったのね。誰も教えてくれませ
んでした。私が「慰安婦」について語るようになりましたのは、戦後五○年の年でございまし
た。さまざまな事実が判明してきたときですけれども、ある日新聞に朝鮮人の方たちが、海南
島に軍隊の洗擢だとかご飯の支度をするとか、そういうことでお国のために尽くしてくれとい
われて、下関に集められて海南島に行ったということが書かれているのを読みました。
この事実を私が知りまして、本当に私たちは申し訳ないことをしてきたと思ったのです。い
ま五○年経って、生きていらっしゃる方はあまりいらっしゃらないと思いますが。数年前に実
際の慰安婦をやらせられた方たちが七名、日本で裁判を起こすためにお出でになったの。私が
びっくりしたのは、その方たちはだいたい私と同じ年くらいなんですが、みんな白い朝鮮服を
着ているんです。朝鮮の方は亡くなったときに白い服を着るそうです。さきほどの荒木さんが
出された人形のようなきれいな朝鮮服は、誰も着ていらっしゃいませんでした。そして涙な
んか出ない」と。「私たちは、自分の人生を日本軍によって放棄せざるをえない条件に置かれ
たのだ」ということを、はっきりと私の前でいわれたのです。「あなたはそういう人の手助け
をして何と思っているんだ」といわれたのよ。辛かったですね。「その当時は日本人全体がそ
ういう状況に置かれていたんで、『戦争反対』と叫ぷ勇気を持っていなかった。だけど今は違
います。今は日本の民主主義をさちんと発展させるために、私が住んでいる地域の中で、さま
ざまな方たちと民主主義をつくりだしていく一人の人間として頑張っていますので、どうぞ許
してほしい」ということを申し上げたんですけど、本当にそのときは辛かったわよ。その七名
の方は、私にそれ以上のことは追及しませんでした。
みなさん。私はもっといっぱい喋りたいんですけれども、頭の中が真っ白になっちゃったわ。


972 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:22
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p120

日本軍は世界の批難を浴びた南京虐殺の反省から、武漢侵略にあたっては武漢三鎮
進入要領を示し、細部にわたって軍の行動を規制したことは前述したが、同時に武漢三
鎮要保護建築物一覧表を示し、具体的に保護すべき建築物をあげた。古くから栄えた町
武昌では特にそれが多く、黄鶴楼等の歴史的建築物や中華大学、武昌図書館等もその
一覧表に名を連ねている。保護といえば体裁はよいが、例えば武漢大学の場合には日
本軍が接収し、そこに第六師団の司令部を置いた。また陸軍病院としても使用した。
通過部隊もなく慰安所が暇な折、神道らは陸軍病院となった武漢大学に何度か慰問に
訪れたことがある。きものを着て割烹着をつけ、「国防婦人会」の襷を掛けて行くのであ
る。いくつかのグループに分れ、患者の使用した汚れ物を洗濯したり患者の話し相手と
なったり、あるいは包帯を巻いたりなど看護婦の手伝いもした。患者の一人一人の枕元
に行くと、ある者は神道の手を握って離さない。ある者は目を開くことさえ大儀そうに横
たわっている。神道は、ある兵隊があべ川餅が食べたいというので、ひそかに町に出て
買ってきて食べさせてあげた。が、それが他の軍人に知れて神道はピンタされ、
「患者に勝手に食べ物を与えてはならんことも分らんのか」
とさんざんに絞りあげられた。神道はだまって、ハイ、ハイと頭を下げていた。その患者
は数日後に亡くなったと、慰安所に遊びに来た兵隊から間いた。


川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p121

武漢大学で演芸会が開催された時のことである。神道は、白衣を来た大勢の患者の前
で歌をうたった。
 銃はきらめく 身は凍る
 鷹懲 北支の歩哨線
 馬もいななく 朝風に
 東洋守りの 死の御旗(みはた)
 坊やお前も母さんも
 国の守りになりかわる
 慰問袋の夢を見た
 かわいい坊やの鉄兜
 開けてうれしいキャラメルに
 国のたよりの味がする
世界館には蓄音器があったので、神道は暇があるといつもレコードをかけて聞いていた
のだ。一、二度聞げば日本の歌でもたいがいは覚えた。たくさんある持ち歌の、それは
一曲だった。しんみりしたメロディの神道の歌を聞いて、多くの患者が目に涙を浮かべて
いた。演芸会に参加できるぐらいだから病状が回復すれぱまた原隊復帰し戦線へ出な
ければならない、比較的軽症の患者が多かったのだろう。神道はその歌で一等になり、
賞品のミシンを獲得した。


973 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:22
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p123

妊娠、そして出産

身体の小さかった神道は、発育が遅れていたのか、それとも末成熟なうちに酷使したた
めか、初潮を見たのは世界館で働き始めてだいぶ経ってからだ。それから何か月も経た
ぬうちに生理が止まった。怪訝に思っていると、そのうち下腹に重みを感じるようになった。
妊娠したのだ。
世界館の主コウさんには二、三人の愛人がいたが、子がなく、神道が身籠ったことを知る
と、一緒になって子を育てようといい始めた。小柄な神道よりも身長が低い黄海道(ファン
ヘド)出身の無学な醜男であった。神道はその男を決して好きではなかったのだが、その
頃は借金が約三○○○円(三○○円の誤りか?)にもなっていたので、その借金がなく
なるならコウさんと一緒になってもよいと思った。
しかし、妊娠中でも容赦なく仕事はさせられた。それが崇ったのだろう、七か月目の時に
下腹に異常な鈍痛を覚えた。腹が妙に冷たかった。痛みは次第に激しくなり、こらえきれ
ぬほどになった。部屋で神道は歯をくいしばった。声をもらすまいもらすまいと思っても呻
いてしまう。あられもない姿を人に見られたくはない。どうあろうとも一人で産まなければと思った。川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p123

激痛のきわみで片足が出てきた。逆児だったのだ。両方の足をひっぱらなけれぱ身体が
出てこない。激痛で思考力はほとんどなかったが、そう直感した。腹に力を入れ、いきん
だ。どうやら両足が出た。それをひっぱったが、腹が減ってカが入らない。部屋に置いてあ
っためしを喰った。めしを喰らって、カをつけていきんだ。長い時間かかってようやく頭が出
た。ぶどう色をした子はすでに死んでおり、ナマコのようだった。臍の緒がぶどう色の小さ
な肉塊に絡まっていた。臍の緒が途中で切れて母体に残れば自分も死ぬ。臍の緒を注意
深くひっぱった。選良く臍の緒は切れず胎盤が出てきた。疲れはてていたが身体はずっと
軽くなった。
神道はナマコのような遺体を土に埋めた。
子の誕生を待ち望んでいた主はひどく落胆した様子であった。が、神道の体力が回復す
ると、待っていたかのように神道の寝台に入ってきた。神道はもう主と交わる気にはなれ
なかった。主と一緒になるという話もいつしか立消えになった。


974 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:23
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p124

それからどれくらいの時が経過していただろうか、神道は再び妊娠した。この時は、妊娠
しては使いものにならないと、漢口にあった海軍の慰安所に売り払われた。神道の借金
は漢口の主がたてかえ、もとの主に支払った。つまり、慰安婦が負わされている借金は
旧主から新主にひきつがれるのである。新主は、腹が大きくてもさしつかえないと、神道
を稼がせようとした。神道は子が生まれるまではと断った。そして、慰安所の掃除や洗濯
など、雑用をしたのである。出産の時には朝鮮人の産婆に来てもらった。産婆といっても
公的な教育を受けた産婆ではなく、近隣の人のお産の世話をしているうちに経験を積ん
だ、いわゆるとりあげ婆(ばば)だ。神道は出産に臨んで、とりあげ婆に怒られ励まされ下
腹の激痛に耐えた。石けんの泡のようなものが出ればお産は軽いととりあげ婆は教えて
くれたが、なかなか出ない。羊水は出なかったが股間ははりつめていた。
「なんだか、おばさん、べベの方から頭が出そうになってるんだ」
「ああ、こりゃ大丈夫だ。生まれそうだ」


川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p125

神道はいきんだ。すると奇蹟のようにそれまではりつめていたものがスルーッと出た。子
どもは羊膜を被ったまま生まれた。それを切り、とりあげ婆が沸かしておいてくれた湯に
力いっぱい初声をあげている赤児を浸し、きれいに洗ってあげた。小さな手を握りしめ、か
細い足を曲げ少しもじっとせず、油断すればスルッと掌から抜け出そうになる赤児を見つ
めていると、思いがけず馥郁とした感情がこみあげてきた。
 ――なんだや、おもしろいんだなあ。よくこういうようなのが腹の中に入ってたなあと思
って、見れば見るほどおかしくてたまらなかった。
きれい好きな神道は、産後何日も経たないうちに、身体が汚れているのが気持悪くて、
風呂に入った。子宮はまだ締まっていなかった。徽菌が入ったのだろう、腹も顔も腫れ
上がった。とりあげ婆に相談すると、
「子ども産んで一か月も経たないうちに風呂に入る馬鹿がいるか」
と叱られた。とりあげ婆に教えられた通り、塩水湿布をするなど処置すると、腫れは自
然にとれた。あやうく生命の危険に曝されるところであった。

975 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:24
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p126

子どもがほしいと請う人がいた。漢口(ハンコウ)近在の村に住んでいた朝鮮北部の人
だった。多額な借金で自由を拘束されている神道は、子どもは自分の手では育てられ
ないと、産んだ時から諦めていた。まだ生後一か月を迎えるか迎えないうちに子と別れ
た。
子どもが泣いてどうにも手に負えないと、神道のもとに連れて来られたのは何日後のこ
とだったろう。子どもがほしくてもらいうけたものの、突然母乳からひき離された赤児は
まだ何も食べ物は受けつけず、ミルクはあまり普及していなかった当時、困りはてて返
しにきたのだ。
 ――俺、泣いたな。これ、なんじょにして育てるの。主人は商売、稼がせようとするし、
あっちでは子どももらっても泣くからだめだって来るし、どうにもできねえんだもの。ひで
かったな。俺、いったの。あんたたちな、子どもほしいっていったって、まさかおもちゃじ
ゃないんだから、とにかく、ごはんでも何でも擂って、おかゆみたいに炊いて飲ませろっ
ていったんだけど、なんじょになったもんだか……。
神道ははりさけるような想いで子どもを胸に抱き乳を含ませた。川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p126

ぶらぶらしている神道を見て、遊びに来た兵隊は「女を出せ」と騒きたてた。その慰安所
では、女が足りないから神道を買ったわけだから、一日も早く働かせたかったことには
違いない。風呂の一件で、産後は養生しなければならないことは身にしみて分っていた
から、神道は応じなかった。雇い主は、一人の女のことで手を焼くよりは別の女を買った
方がよいと判断したのだろう、神道は岳州に売られた。その際、働けなかった出産前後
の稼ぎは、一日いくらと自分で買いとるような仕組になっていたから、漢口に来た時より
もさらに借金の額は増えていた。

976 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:25
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p126

「兵隊さんたち、はめて死ねば本望だって」

洞庭湖(トンティンフー)のほとりの町、岳州(ユエチョウ)に移ったのは一九四○年か四
一年頃だったろうか。主は山本という日本人であった。山本は軍隊を現地除隊して慰安
所を開設していたのだ。その後神道は、宜昌(イーチャン)、応山(インシャン)、安陸(ア
ンルー)、長安(チャンアン)、沙市(シャーシー)、蒲圻(プーチー)、咸寧(シェンニン)な
どの慰安所を転々とした。
神道が応山で働いた時期より少し前と思われるが、応山付近で宿営した独立山砲兵第
三聯隊の一九三九年六月の陣中日誌(防衛庁防衛研究所所蔵)に次のような一文があ
る。
「精神的慰安一関スル件」の4として、
「現在ノ特殊慰安所ハ慰安婦少ク只情慾ヲ満スニスキス今少シ慰安婦ヲ増シ精神的慰
安ヲモナサシムルガ如ク指導セラレ度」
神道が身を置いていた慰安所がどのような状況であったかよく示している一文だ。

空襲のもとでも軍慰安婦たちは、次のようなかたちで使役された。姜順愛さんはガスパ
ンあるいはサイパンでの体験を、次のように陳述している(『証言』W)。
パラオ島(コロール島か)に帰る前に空襲が激しくなり、一人の娘と二人の軍人が
死にました。やがて食糧が尽きたのでじゃがいもを植えて飢えをしのぎました。その
後米軍の空襲がより激しくなったので、私たちは六○○○人収容できる防空壕を地下
に掘り、そこに逃げました。そのように追いつめられた状態になっても、軍隊は防空
壕の外に二○のテントを張ってそれを慰安所とし、兵士たちが列を作って並ぴました。
そのテントの中で一日二○人から三○人の男の相手をさせられました。私が従順でな
いと思ったら男たちは刀で斬りつけてきました。右目、額の下、後首、頭などを切ら
れ、今でもその傷痕が残っています。戦争が激しくなったので、彼らはテントを山の
中に移しました。私たちはそこで毎日四○人から五○人の相手をさせられたため、一
日が終わる頃にはよく失神したものです。
なお付け加えれぱ生理中も兵士の相手をさせられ、さらに次のような屈辱的な用務を果
たさせられるところもあった。文必□さんの証言である(『証言』I)。
平日の昼間は洗濯をしたり、サックを洗ったりしました。軍人たちが使ったサック
を裏表きれいに洗って消毒し、薬を塗って再使用したのです。土、日曜日に軍人たち
が使ったサックを集めて洗い、もう一度使うのです。初めは洗い方がわからなかった
ので、ひと月ほど他の女たちがするのを見て覚えました。普通、慰安婦一人がサック
四十ヽ五十個を持っていて、軍人が来るとつけてあげるのです。たいがい三回使うと
捨てて新しいサックに替えました。


977 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:25
暴力的支配
軍慰安婦は将兵による暴力によっても脅かされた。先に紹介した、アヘン
注射を打たれながら兵士の相手をし続けさせられた鄭書云さんは、次のよ
うにも陳述している(『証言』V)。
昼間は兵士がやってきて、夜は将校が来ました。次々に相手をさせられ
気絶したりすると、水をかけられ、意識が戻ってくるとまた相手をさせられました。そして、将
校はとても乱暴でした。彼らはいつも軍刀を抜いて私たちを脅し半分にからかい、そ
して軍刀の先で私の身体のあちこちを刺しました。私の体は今でもその時の傷跡だら
けです。(中略)それだけでなく、彼らは、煙草の火を私の身体に押し付けました。
その火傷跡もあちこちにあります。でも、何よりひどかったのは、彼らは私を眠らせ
ませんでした。過酷な生活で疲れ果てていつも睡眠不足でしたが、彼らは私が眠り込
みそうになると、刀の先で刺したりして、眠ることを絶対許してくれませんでした。


また、将兵の粗暴な扱いに抵抗する軍慰安婦も多かったが、抵抗に対しては次のような
仕打ちをうけた。パラオの軍慰安所に入れられた李相玉さんの証言である(『証言』I)。
軍人の相手をする際、一回というのは普通一時間でしたが、一度済んでからもまた
服を着ずに飛びかかって来る男もいました。こんなふうに何度も襲いかかってくると
きにはいやだと言って拒みました。大声を上げ必死になって抵抗すると殴られたり、
刃物で突き刺されたりしました。こんな生活に耐えきれず逃げだしたのですが、捕ま
ってしまいひどく痛めつけられました。そのため今も右の耳がよく間こえず、体もが
たがたです。逃亡しようものなら首に縄をかけて引きずり回すなど、めちゃくちゃに
されました。


易英蘭さんからの聞き取りも紹介しておこう(『証言』U)。
たまたまハルモニを見ていると、左手の人差し指の最初の関節から先が切れてなく
なっているのが目についた。話題を変えるために、どうしてそうなったのかを聞くと、
漢口から二日ほどかかる農村の慰安所で、ハルモニが客をとらなかったので、軍の将
校である主人がハルモニの部屋に入って来て、言うことを聞かないのかといって、指
先を切り落としてしまったのだという。

978 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:26
経営者(将校)からも肉体的制裁が加えられたのである。
先の李相玉さんは軍慰安所生活に耐えがたく、逃亡を試みたが、他にも逃亡するものが
跡を絶たなかった。しかし逃亡に対して待ち受けているものは、李相玉さんと変わらなか
った。ここでもう一人鄭学銖さんの場合を紹介しておこう(『証言』U)。
一九四○年のある日の朝、私は軍隊について移動して、山東省にある棗庄(そうそう)へ行った。
基本的な環境と生活はハルピンにいたときと変わらなかった。ここでも軍隊の中にあ
る慰安所に寝泊りした。主人も日本人夫婦だった。私は折さえあれば、逃げ出そうと
した。ここでもまた反抗的だという理由でよく殴られ、ひどい拷問を受けた。ある時は、顔をちゃんと化粧もせず、日本人軍人に反抗したという理由で、殺気 立って殴られた後、また狭い監獄のようなところに閉じこめられた。


ふだん、慰安所で雑役を手伝ってくれていた中国人の老人李さんが、私の置かれた
境遇があまりにも気の毒だといって、私が逃げるのを助けてくれた、漆(うるし)のように真っ
暗な夜、カチャッ、カチャッという音が聞こえてきて、私ははじめは、ねずみが走っ
ているのかしらと思った。しかし、まもなく、煉瓦が外されて、おじいさんの声がし
た。「娘さん、早く出なさい。私はあなたを助けに来たよ」。おじいさんは私を民家に
連れて行ってしばらく隠しておき、服を着替えさせて、中国のお金を少しくれ、中国
の名前を李天英とつけてくれた。私はこの老人への感謝を忘れないために、今もこの
名前を使っている。
おじいさんは私に山の方へ逃げろと言った。そして、山の方に逃げて行くと二人の
女と出会った。私はあまりびっくりして、また、警戒する気持で、お互いに身分を間
いたところ、彼女たちも朝鮮人慰安婦で逃げ出してきたところだといった。私たちは
同じ身の上なので、ずっと一緒に逃げたが、間もなく、出動した日本軍たちが私たち
を追い掛けてきた。二人は射殺され、私は手榴弾(しゅりゅうだん)の破片が当って捕まった。今も私
の左のふくらはぎには、そのとき手榴弾に当った傷痕が残っている。私は捕まって拷
問された後、再び監獄に入れられた。
民間経営者の支配下にある軍慰安婦であれ、逃亡すれぱ軍がただちに出動するのである。
ここにも軍慰安婦が軍の管理下にあることが如実に示されている。


979 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:27
「強姦所」
正規の軍慰安所といえないような慰安所があった。ここではそれを「強姦
所」とよんでおく。
フィリピンのルフィーナ・フェルナンデスさんの証言によれば(『証言』V)、アメリカ
軍が来る数力月前から日本軍による地域掃討作戦が始まり、フィリピン人の男性はすべて
ゲリラとみなされ、多くの者が射殺された。ある夜、フェルナンデスさんの家も日本軍に
襲われ、抵抗した父と母は殺され、さらに妹たちも殺された。
私は灰色の日本の自動車(旭日旗がついていた)に乗せられて、他の五人の女性と
一緒に大きな家に連れていかれました。その家は私の家から非常に近く、二十軒くら
い離れたところにありました。その家は日本軍の駐屯所で日本兵は五十人以上いまし
た。私はその家の中の一つの部屋に閉じこめられ、私を連行した大柄な士官によって強かんされました。当時、私はまだ初潮はありませんでした。私は、毎日六 人ぐらいの日本兵によって、部屋のなかで強かんされました。(中略)私は約三力月間そこに監禁されていました。
部屋には私一人だけでした。二人の見張りが部屋の外におり、食事はその見張りの
兵士が運んできました。私はトイレにいくときだけ部屋の外に出ることができました。
洗たく、炊事などを命じられたことはありませんでした。また、日本兵からお金をも
らったことも、服などをもらったこともありません。私は一度逃げようとしましたが
発見され、すぐに捕まってしまいました。そのとき、日本兵から平手打ちを受けたり、殴られたり蹴られたりしました。
フィリピン人のもと慰安婦の証言の中には、これと同様のものが多い。軍駐屯地に日本兵の監視のもとに監禁され、受付・利用料・利用券が用いられた形跡はな く、そしてやりたい放題に強姦されているのである。
中国の山西省進圭村の石洞も、この強姦所に属するだろう。これについては、李秀梅さ
ん、劉面換さん、候巧蓮さんが証言している。ここでは李秀梅さんの証言を間こう(『証
言』Y)。

980 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:27
山西省西藩郷李庄村で生まれました。一五歳の時(一九四二年)の農暦八月、母親
と自宅にいたところ、突然四人の日本兵が入ってきました。男たちはうれしそうに
「花姑娘」と言いながら入ってきました。当時五○歳くらいだった母親を無視し、オ
ンドルに座っていた私のところへ来て、私を連れ出しました。私は恐くて震え、泣き
叫んでいましたが、口の中につめものをされ、暴力的に家から連れ出されたのです。
私は両手を結わえられてロバに乗せられて両側は兵士に固められて、進圭村という
村にある日本軍の駐屯地まで運ぱれました。ここで監禁されたところは、この地方に
よくある石洞の一つでした。幅一・七メートル、奥行きが約三・三メートルで奥の半分
はオンドルになっていました。オンドルの上には麻袋や戴が置かれていて、私が連れ
てこられた時、そこには二人の女性がいました。石洞の中には、便器用の桶があるだ
けで何もないところでした。入り日は鍵がかけられ、中国人の門番がいました。この
石洞から出られたのは、排泄物を捨てにいく場合ぐらいで、そのまわりの様子はよく
わかりません。監禁されてから、四、五日後、赤ら顔の「ロバ隊長」とよばれる日本
兵が入ってきました。この隊長はまず先にいた女性を強姦し、続いて私を強姦しまし
た。その日から、戦闘に出かける日以外は、毎日、日本兵たちが私たち三人を強姦し
に入れかわり立ちかわりやってきました。三人の日本兵がやってきて、私たち三人を
同時に強姦することもありました。石洞の中で順番を待つ兵士が、私たちが強姦され
るのを見ていることもありました。一人の日本兵の強姦が終わると、続いて別の日本
兵がすぐやってきて強姦することもありました。強姦は生理日でもかまわず行われま
した。私は多い時には日に一○人、少ない時でも二、三人に強姦されました。私たち
が抵抗すると日本兵は暴行を加えました。私はある時ベルトで殴られ、そのバックル
が右眼にあたり怪我をしました。この怪我がもとで、私は後に右眼を失明してしまい
ます。また、皮の長靴で大腿部を蹴られて怪我をしました。この怪我がもとで、今で
は右足が左足より短くなっています。顔や腹、腰などはしょっちゆう殴られていまし
た。

「従軍慰安婦」と女性の人権・メディアの役割 松井やより(新興出版社『従軍慰安婦と
歴史認識』p88)

私たちアジア女性資料センターの『女たちの21世紀』という機関誌10号に「メディアと女
性」特集ということで編集しているところですが、前半部分で藤岡信勝氏たちの動きに
対して、女性としての反論をすることにしました。私の分担が、メディアで活躍している
女性たちの中で、藤岡氏と同じ立場で発言している女性たちの「慰安婦問題」について
の言動を調べて、知らせるということでした。本当は女性が女性を批判するというのは、
男性に利用されることになりかねないので、非常に残念なのですけれど、メディアを女性
の手に取り戻せばいいということのはずが、女性の中に男性と変らないような立場で、
女性の人権を無視した発言をする人たちが多いものですから、無視するわけにいかなく
なったわけです。

981 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:28
ご存知の通り、最近その点で有名になっている元ニュースキャスターの桜井よしこさんが
おられますが、皆さんもその件に関してはすでにご存知と思いますが、去年の秋に横浜
市の先生方の会合で講演をされて、その講演記録を読んだのですけれども、一口でいい
ますと、「慰安婦の強制連行はなかったという信念です」と、はっきりいっておられます。
ところが「私はジャーナリストだからいろんな情報をつかんだときに確信を持って報道する」
といいながら、自分で「慰安婦」の取材もしないで、藤岡氏とか泰郁彦氏とかが、言われ
尽くしでいることをそのまま書いている。「慰安婦はビジネスとしてやっていた」などといっ
ている。そんな講演内容です。最近、『直言!』という本も出して、ほんの二、三ケ月の間
に三版くらいになっています。本屋さんで最近こういう本がすごく売れるわけです。サブタ
イトルは「日本よ、のびやかなれ」というのですが、中身の三分の一くらいは「慰安婦」問
題についての考え方を書いていまして、これは今まで藤岡氏や秦氏が言われているのと
まったく同じです。「吉田清治氏の本が、強制連行があったといっているがあんなのは嘘っぱちの本だ。それを朝日新聞が引用して強制連行説が流れる原因に なった」と、学者たちが今までいってきたことの受け売りで、自分自身で取材した新しいことは全然ないのです。「従軍慰安婦」と女性の人権・メディアの役割  松井やより(新興出版社『従軍慰安婦と
歴史認識』p89)

いろいろな方は桜井よしこという人のイメージがあって、彼女は薬害エイズのことでがん
ばった、大変な人権派ではないかと思っているわけです。それで「えっ、桜井よしこまで
が?」とびっくりします。ところが彼女は思想的にもはっきりとタカ派の考え方を前から持
っている人ですし、『週刊ダイヤモンド』とか、いろいろな財界関係のメディアに書いてい
ます。たとえば国籍条項の削除、つまり自治体に在日外国人の方が就職するというよう
なことは国を滅ぼすのだとか、北朝鮮が戦争を起こして大勢の難民がくるといけないの
で、集団自衛権を行使するべきだとか、私の尊敬する政治家は小沢一郎氏ということで
す。そして薬害エイズの本で、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞されたときに、パーティ
ーを開いて自民党の右翼的な政治家たちや、財界の人々などをきら星のごとく呼んだと
いうことでした。エイズの被害者のことを本に書いて、招くのは権力の側の人たちだった
ということで、支援の人々は面白くなかったとか。そういう体質の女性なのです。
実は去年の十月、北九州での「メディアと女性」というシンポジウムで、アジアの女性記
者も含めて六、七人のパネリストがいたなかで、私も桜井さんも出られて、この時も彼女
は「慰安婦」強制連行のことにふれて、ジャーナリストとして真実を報道しなければいけ
ないと言われました。テーマがちょっと違うと、司会者がそのほうの議論はあまり深めな
かったので、その場では「慰安婦」問題は焦点にならなかったのですが、あとの控え室でも『直言!』という本を出して、私が考えていることを書いたから読ん で欲しいといっていました。


982 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:29
「従軍慰安婦」と女性の人権・メディアの役割 松井やより(新興出版社『従軍慰安婦と
歴史認識』p90)

私はシンポジウムが終わったあとすぐ舞台から引いたのですが、彼女が残っていたら、
ルーズソックスの高校生から着飾った奥様方まで、わ−っと桜井さんのところへ行って、
握手やサインを求めるという人気タレントなんです。ですから彼女が果たす役割を過小
評価してはいけないと感じました。彼女がどういう考え方を持っていて、どういう役割の
人であるかということを知っておいたほうがいいと思うわけです。
しかし彼女はタカ派の論客といえば論客ですが、まだ新人で、大先輩が二人いるわけ
です。上坂冬子と曾野綾子です。たとえば上坂冬子は、すでに九二年の段階から『週
刊ポスト』で「慰安婦」問題について、韓国の人が聞いたらびっくりするような暴言を執拗
(しつよう)に吐いています。今日は時間がなくて引用できないのですが、そんな発言を
読みながら、私は「慰安婦」の人たちに対して三回目の暴力が振るわれていると思いま
した。つまり武力で性奴隷にしたという性暴力、そして戦後五○年近くまったく彼女たち
を忘れ去ってしまって補償もしなかったという形の、あるいは社会的差別をしたという形
の暴力、そこへ今はまた侮辱的なことを言っている、つまり言葉の暴力です。それは一
口で言えば「慰安婦」は強制連行じゃない、「金のために」営業に出たのだ、そして今度
は「日本の経済をあてこんで」と、さらに「金目当てに今ごろになって」ということが彼女
たちの云い分の一つです。
もう一つ言っていることは、周辺の婦女子に被害を及ぼさないよう、戦場ではああいう処
置をとるしかないと判断した、当時の日本軍の必要悪を今の時点で詫びる気持ちはないと、なぜ宮沢首相は言わなかったのか、ブッシュ大統領が湾岸戦争で謝ら なかったように、なぜ堂々とああいう制度が必要悪であると言わなかったのか、と上坂冬子は言っています。


983 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:29
「従軍慰安婦」と女性の人権・メディアの役割 松井やより(新興出版社『従軍慰安婦と
歴史認識』p92)

また、「やらせである」「一部の日本人がたきつけて名乗り出るようにした」などと言ってい
ますが、今日皆さんに、「慰安婦」問題が浮上したいきさつを知っていただきたいのです。
戦後、「慰安婦」問題が初めて表面化したのは、まず七三年に始まったキーセン観光反
対運動のころです。韓国の女性たちが、日本の私たちに「かつて武力で同胞の女性を女
子挺身隊員として駆り出したことへの反省もないままに、日本の男性たちが何十万人も
大挙してわが国にきて同胞の女性をキーセンを性的に搾取している。そのことについて、
日本の女性はどう思うのか」という問いかけがあったわけです。
私たちキーセン観光反対運動をしている側としては、当時千田夏光氏の本も出ていました
し、みんなで学習はしたのですが、当時の韓国は大変きびしい独裁政権にあったわけで、
人々が反独裁民主化運動を命がけで闘っている時に、「慰安婦」問題に十分に取り組むと
いう余裕などなかったのです。それで被害者本人が名乗り出ることはできなかったわけで、
そのような状況では、私たちが日本の側でこの問題で、運動を広げることは本当にむつか
しかったのです。
そのころ「慰安婦」だったことがわかっていたのは、ご存知と思いますが沖縄の裴奉奇(ペ
ポンギ)さんです。砂糖キビ畑の陰の小屋、わずか二畳ぐらいのところに住んでいました。
戦後も米軍相手に働かなければいけなかったのですが、体がきかなくなって生活保護を
受けてはと周囲の人がすすめたんです。ところが彼女は不法滞在だからといわれて、強
制退去させられそうになったそうです。連行してきておいて追い出そうとする。そのような
ハルモニ(おばあさん)のことはドキュメンタリー映画になって知られておりましたが、ほか
の人はほとんど知られていなかったのです。


984 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:30
「従軍慰安婦」と女性の人権・メディアの役割 松井やより(新興出版社『従軍慰安婦と
歴史認識』p93)

その次に「慰安婦」であったということが知られたのは、私自身が一九八四年シンガポー
ル特派員時代に取材しました、タイに生き残っておられた盧寿福(ノスポク)さんというハ
ルモニです。彼女が連行された状況というのは、明らかに官憲そのものによるのです。
彼女は貧しい家に生まれて早く結婚したのですが、うまくいかなくて家を出て、釜山の
知り合いの人のところへ身を寄せている時に、井戸で水を汲んでいたそうです。そこに
警官が通りかかって「おい」と呼び止められたそうです。振り向いた拍子に頭の上に乗
せた水がめを落として割れたので、水が飛び散って警官の制服を濡らしてしまった。す
ると警官は「お前、何をするんだ」といって彼女を殴りつけて、車に押し込めた。着いたと
ころが海岸で、バラックがいっぱいあったそうです。そして数日後に軍服を渡され、「これ
を着なさい」といわれ、六人一組になって船でシンガポールまで連れて行かれた。その
シンガポールに着いた日の夜から、将校がまず入ってきて、それから兵隊が入ってきて
という「慰安婦」生活が始まりました。それから部隊といっしょにマレー半島を北上して
タイに着きました。しばらくすると日本軍が負けたので、収容所に入れられました。そこ
に二百人くらいのビルマや近辺の国々からきた「慰安婦」たちがいたそうです。そういう
人たちから聞いたところによると、ジャングルの中に放り出されたり、洞窟に入れられて
殺されたりしたケースがあると、慮寿福さんはおっしゃっていました。
そういう二人のことが八四年までにわかっていただけですから、私たちの側では「慰安婦」
問題について、日本の女性として何も取り組むことができなかったという無力さを改めて
反省させられます。


985 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:30
「従軍慰安婦」と女性の人権・メディアの役割 松井やより(新興出版社『従軍慰安婦と
歴史認識』p94)

ところが一九八八年。忘れもしませんが、尹貞玉(ユンジョンオク)先生が日本に来られて、
日本キリスト教婦人矯風会を通じて、私にも会いに来られ、タイの女性のことを知らせてく
ださいと言われました。ご紹介すると尹先生はすぐタイに行かれました。尹先生は調査結
果を、九○年の初めに韓国の『ハンギョレ新聞』に連載記事として発表されました。それが
現在のように「慰安婦」問題が国際的関心事になるきっかけだったのです。その記事を見
た韓国の女性団体が、これは大変なことだと改めて認識し、例の日本の国会で労働省の
局長が「あれは民間業者がやったのだ」という、あの発言が伝わって関心をかきたてたの
です。
ちょうどそのころ、盧奉最大統領が日本に来られることにもなって、女性団体が記者会見
をして「慰安婦」問題について、世界中に自分たちの立場を初めてはっきりと主張したの
です。そのとき六項目の要求を出しましたが、それは真相究明・謝罪・補償などで、「教科
書にきちんと書け」という要求も最初の要求項目に入っています。そのあと九○年秋に韓
国の女性団体が韓国挺身隊問題対策協議会を作っだということです。誰かが日本から行
ってやらせたということはまったく韓国の女性たちへの偏見であって、ひとえに韓国の女
性運動の力なのです。
韓国の女性運動の歴史を振り返ると、七○年代に植民地支配時代から日本に協力した
女性運動の指導者が、戦後も居座って独裁政権と結託していると、きびしい調子で追及
したことから、フェミニズムの立場に立つ新しい女性解放運動が生まれたのです。その
運動というのは、徹底的に搾取されていた女子労働者を支援する中から、そしてたくさん
の人たちが投獄され殺された、民主化運動の遺族のお母さんたちに連帯することから、
そういう女性たちの力によって強まったのです。そのような女性運動があったからこそ、
いまの「慰安婦」運動を起こすことができたのです。


986 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:31
「従軍慰安婦」と女性の人権・メディアの役割 松井やより(新興出版社『従軍慰安婦と
歴史認識』p96)

それが他の国にどうやって拡がったか。フィリピンに日本人が行ってやらせたのですか。
違います。フィリピンにどうやって飛び火したかという場に私はいたのです。九○年の一
二月にソウルで、マニラに本部があるアジア女性人権評議会(AWHRC)という団体が
「アジア女性人身売買問題会議」を開いたのです。その会議で韓国の女性代表が、「実
は私たちはこういう問題に取り組んでいる」と「慰安婦」のことを、アジア各国からきてい
た女性に言ったのです。
それを聞いたアジア各国の女性が、初めて「慰安婦」問題について目を開かれて、その
なかで最初に取り組む体制を作ったのがフィリピンだったのです。フィリピンにはガブリエ
ラとか非常に強い女性運動があります。
ですからどこの国を見ても女性運動がなければ、被害者本人は名乗り出られません。名
乗り出ても公表できません。マレーシアでも名乗り出た女性がいますが、女性の運動の
支えがないから、その人はいまでも公に出ることはできません。台湾の場合は、台湾の
女性弁護士さんが尹さんとお話をして、台湾でもそういうことがあるということを調べ始め
て、女性グループが「慰安婦」問題を掘り起こしたのであって、これも台湾に日本人が行
ってたきつけたなどというのはとんでもないことです。

川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p131

内視鏡を入手したのは部隊づきになってからである。神道らはそれを単に“機械”と呼び
週一回の軍医による性病検査の前に不合格にならぬよう、自分であらかじめ鏡をあて
がって腟の中を見ておくために使った。また部隊付きで行く場合、経験年数の長い神道
は次第に女たちのまとめ役として責任を負わされるようになり、本来は軍医が行なう性
病検査も行なったのである。それ以前神道は、性病検査の際、一般的には軍医や衛生
兵が行なうのであるが、女たちに内視鏡をあてる役を命じられていた。検査台に乗った
女たちの股間に神道が内視鏡をあてれば、軍医は女たちの肌に直接手を触れることな
くただ見るだけですむ。それで神道はどのような状態が不合格となるか、つまり性病に
罹患するとどのような症状になるか概略は体得していた。
“部隊付き”で行った時、将兵から料金を受け取った記憶はない。その頃神道は借金は
ほとんどなかった。しかし金は貯らなかった。料金のうち主は六分、神道には四分のとり
分があったはずだが、ほとんど受け取ったことがないのだ。主に聞くと、国防献金という
名目で、戦(いくさ)のために使われているということであった。

987 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:32
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p132

応山にいた時のことである。同じ慰安所で働いていたトシコが兵隊に石を投げつけられ、
数日後、息絶えた。
トシコはその時、すでに赤痢の兆候が出ていたのだろうか。体調がおもわしくなかったた
め、源氏名を記された札を裏に返し休んでいた。ところがなじみの兵隊が来てトシコの部
屋に無理矢理入った。トシコは兵隊を拒絶した。怒った兵隊は大きな石をトシコに投げつ
けた。内臓破裂でも起こしたのだろうか。横腹が異常に腫れあがった。それだけではなく
血便になって赤痢にかかっていることも分り、掘立小屋に隔離されたが、医師の治療を
受けることもなく息をひきとった。

川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p133

神道らは木を組み、その上にトシコの遺体をのせ、焼いた。女たちが交代で火を燃し続け
たが、遺体はなかなか焼けなかった。
遺骨は山に埋めた。享年二○歳、全羅南道(チョルラナムド)出身であった。まだ経験は
浅く、“部隊付き”には出されず慰安所にいた。神道は形見にと死の直前皮靴をもらった。
が、その後たびたび夢の中で靴を返してほしいとトシコが現われた。友だちに相談すると、
死んでも靴のことが気になるに違いないから焼いた方がいいという。新しくて焼くには惜
しかったが、はく気にはなれない。やはり焼いてあげた。足の小さな神道には大きすぎる
靴だった。
 ――ラジオ聞いてると、朝鮮では、(家族の者が)何十年も帰って来ない、生きている
うちに会いたいとかっていっている放送聞くんだ。トシコみたいな女ごも故郷(くに)で誰
か待ってる人いるんだべな。こうして死んでることも知らずに待ってるんじやあんめえか
……。


988 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:33
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p134

一九四四年頃からだったろうか、空襲がひんぱんに繰返されるようになった。
月の明るい晩だった。敵機が黒々と編隊を組んで飛んでいた。兵隊は、「あ−あ、みんな
日本へ爆撃に行くんだな」と力なくつぶやいていた。目的地に向かう爆撃機は素通りして
行くが帰りの爆撃機はこわい。積み残した爆弾を気紛れに落していくことがあるからだ。
神道は空襲警報が鳴っても大きな防空壕は避けた。日本兵が、「火を焚いてはいかん」
だの、子どもが泣くと「追い出せ」だの、うるさいことをいったからだ。神道は人の集まる所
を避け、小さな壕や岩陰に身をひそめた。入浴中空襲警報が鳴り、素っ裸で壕に飛び込
んだこともある。水が貯っていた。その上、蛇もいた。壕の中にはよく蛇がいるのだ。兵隊
と寝ている時に弾が擦れていったこともあった。
 ――一生懸命ベベはめている時に、空襲されたらひでえもんだよ。上の奴は、「大丈夫
だ、大丈夫だ。こうやって空襲されて、一緒に爆弾に当って死んでも本望だ」なんて、なー
に、相手はそういう気分でいるんだけど、おれは死にたくないもの、ぶっとぱして逃げてく
るんだ。

川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p134

弾薬庫やガソリン・タンク、糧秣庫などが集中的に空爆を受けることがあった。中国人の
民家などは避け、日本軍の施設だけが狙われる。その狙いの確かさから、スパイが手
引きしたに違いないと、中国人になりすました便衣隊がスパイ探しをした。そして何日か
後、兵隊が慰安所の女たちを誘いに来た。
「おもしろいものを見せてやるぞ」
「おもしろいものって、何?」
神道らがついて行くと、捕えられたスパイ容疑の中国人が五、六人、目隠しをされ後手に
縛られ、とり囲んだ日本兵の輪の中にいた。その中国人が坐っている前には深い穴が掘
られていた。処刑が始まろうとしていたのだ。死の恐怖に硬直している中国人の背後から、
軍刀が振りおろされた。血が噴きあがった。日本の軍人が足蹴にすると、コロンと首が穴
に落ちた。
その晩、一段と賑やかに宴会が行なわれ、神道らも酌をしに呼び出された。
 ――殺した後、帰って来て宴会やっペ。そこが兵隊なんだな、やっぱり。きつい。だけど、
おれも、よく殺されないで歩ったもんだなんてびっくりすることある。人間として、あんな残
酷なやり方するんじやねえんだ。朝鮮人だって、支那人だって、どこの人間だって生きて
いたくねえ人間いねえんだよ。

989 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:34
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p135

宴会といえば、こんなこともあった。峯部隊(独立混成第一七旅団)に金海(かなうみ)と
いう朝鮮人将校がいた。上官の命令は天皇の命令として絶対服従とされる上下関係の
厳しい軍組織の中で、金海中佐は峯一部隊(独立歩兵第八七大隊)の部隊長代理とし
て仰がれていたが、宴席で酒が入り、日頃の鬱憤に朝鮮人への差別意識がないまざっ
たのだろう、金海中佐を侮蔑することばが投げつけられた。
すると、仁王のように立ちあがった金海中佐は、手に持っていた盃をくわえるや、ガシッ
と噛み割った。将校は軍服の下に白いシャツを着ている。軍服を脱いでいたその真っ白
いシャツに鮮血が飛び散った。神道は、その将校が敗戦時自決したと後に聞いた。
峯一部隊の主計将校だった山中英夫さんの手記に「金海旭中佐のこと」として金海中佐
の人となりが詳細に記されている。本名は金海旭(キムヘウク)、陸軍士官学校を卒業し
た陸士二七期の現役将校だったという。

川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p135

「……部下として仕えてみて私の知った金中佐の人となりは、身近で行動を共にした者
でなければ理解出来ないものがあったと思う。第一に挙げられるのは、天皇への絶対の
忠誠であった。何故か『天皇陛下様』とわざわざ『様』をつけて呼ばれるのだったが、『陛
下』と云う発音はご当人にとってどうも難かしかったようである。第二は、兵士は神様で
あるということであった。兵士は一銭五厘の赤紙で理由の如何を問わず入隊してきたの
である。将校は、司令官以下下級将校に至るまでこの神様を神様として扱わなくてはな
らない。将校には月給が支給され、その上留守宅に送金までされて、銃後は完全に保
証されている。故に将校は、神様たる兵士を大切に扱うのが任務であり、職務である。
この考え方から、金中佐は、当時の高級将校や部隊長、また総ての将校のあり方に対
して少なからぬ不満と不信の念を懐いておられたようである。
金中佐の私に対する要求はがぜん峻烈を極めた。部隊の主計将校たる私には、神様で
ある兵士に規定に応じた給養を完全に支給すべき義務がある。この点に関していえば、
当時の現地の物資の状況、住民の日本軍への協力の度合いは必ずしも良好とはいえ
ず、むしろ悪化しつつあった。……」
金海中佐が峯一部隊の部隊長代理を務めたのは通算二か月、
「やがて大佐に進級され、朝鮮(北群)の咸興(ハムン)の兵事部に転出され、ここで終
戦を迎えられたという。私は復員後しばらく経ってから、金大佐が終戦の日に同地で自
決されたことを伝え聞いた。金大佐の平素の信念からすれば、この自決は当然のことの
ように私には受け取れた」

990 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:35
ナヌムの家は行き場のない元軍慰安婦たちが、「互いに支えあいながら暮ら」す共同生活の家であり、「ハルモニらの恨(ハン)と痛みを昇華させ ることのでき る場」なのである。そして毎週水曜日の日本大使館前の水曜集会には欠かさず参加している(慧真著、徐勝・金京子訳『ナヌムの家のハルモニたち』人文書院、 一九九八年)。

告白・証一言――統く人々

金学順さんやヘンソンさんに続いて名乗り出、証言した人たちの、自尊
心回復の営みについても見ておこう。
フィリピンのトマサ・サリノグさんは次のように証言している(『証言』
V)。
一九九二年の終わりに、ある女性団体が、第二次世界大戦中に性奴隷制度の被害者になった私のような女性に呼ぴかけていると知りました。「とうとう正義が回 復される」と希望の光を見た思いでした。イロイロにあるその女性団体「ガブリエラ」の事務所を通してタスク・フォース(フィリピン人元「慰安婦」のための 調査委員会)と連絡を取ることにしました。お金がなかったので、毛布を売って交通費を捻出しました。
タスク・フォースの人びとに自分の体験を話した後には、大きな安堵感に包まれました。
乗り物で到着したのは、大佐でした。大佐はタナカの部屋に行き、作戦のことを話し合っているようでした。午前一一時、昼食の時間になり、警備兵が私に割当 を持ってきました。一切れの「カラゲ」と卵が一個、そして野菜。慰安所ではご馳走です。卵は寝る前に食べようと思い、食べずにとっておきました。昼食が終 わって三○分後、大佐が私の部屋に来て、レイプしました。私はその大佐がたいそういかめしく残忍に見え、恐れていたものです。セックスの後、
彼も私にミント・キャンディーを一つくれました。
その日、私はまたもやマラリアが襲ってくるのを感じました。たいそう身体が冷えてきて、指先まで色を失い、すごく喉が乾いてきます。マラリアの症状でし た。もしも兵隊たちにレイプされたら身がもちそうにない、と恐怖を感じました。兵隊たちが、また私を殴るかもしれません。そうしたら高熱も出るでしょう。 部屋のカーテンが上がったままだったので、私の姿が見えたのでしょう。タナカは黙って泣いている私に気がついて、自分の部屋に連れて行き、解熱剤をくれま した。タナカは親切にしてくれました。私は今日は兵隊にサービスはできない、と言いました。その日はタナカの部屋に夕食を届けてもらいましたが、食欲があ りませんでした。タナカは私のことを心配しているようでした。たぶん憐れに思っていたのでしょう。午後一○時までタナカの部屋で休み、その後、自分の部屋 に帰って眠りました。
声は出ず、ただただ涙があふれます。その夜の間中、私は声を殺して泣き続け、眠れませんでした。私をレイプした何千人もの日本人、レイプしても満足しない と私をいつも殴る、残酷なかれらのことが頭を離れません。何千もの日本兵に虐待されたためにぼろぼろになり、青ざめてゆく自分を感じました。

991 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:36
聞こえてきた焼討ち作戦計画

一九四四年一月のある日、たぶん朝の一○時くらいだったと思います。タナカ大尉が私を呼んで、彼の部屋にお茶を二人分持ってくるように言いました。
お茶を運んでドアに近づくと、私の耳に、タナカが大佐と議論している声が聞こえました。
「明日の夜、パムパンでゾーニングをせねばならない。そこの住民たちはゲリラだからだ。パムパンでゲリラを捕まえてきた。いま、そいつらは階下にいる」と 大佐が言います。
私は部屋に入り、お茶をテーブルに置いて、部屋を出ました。「アス」、「バン」、「スル」、「モヤソ」、「パムパン」。そんな言葉を聞いた私は、声こそ立 てませんでしたが、心が悲鳴をあげました。
何より最初に、母を思いました。私の母はパムパンにいるのです。どうすれば母に、母や村の人々がともども焼き殺されようとしていることを知らせられるで しょう? 午後の二時から一○時まで、その日も大勢の兵隊が行列しました。その夜は、一晩中眠れませんでした。
翌朝、日の出の時間に、兵隊たちはいつもの朝の訓練をします。いつものように「見よ、東海の空あけて……」(「愛園行進曲」)などと歌が歌われ、兵隊たち が万歳三唱をします。これが毎朝の日課です。毎日聞かされているうちに私たちもその歌を覚えてしまいました。少女たちがこの歌を口ずさんだりすると、警備 兵やタナカはもちろん、あのいかめしい大佐すら、とても嬉しそうに見えました。
その後、幸運なことに、警備兵が私たち七人を日光浴のために階下に連れて行きました。そこは、兵隊たちが訓練をしている場所でした。精米所の構内で、向こ うは道路です。有刺鉄線で囲いがはりめぐらせてあり、逃げ出せないようになっています。三人の警備兵が周辺を歩き回り、ときどき冗談を言い合っています。
そのとき、有刺鉄線の近くに一人の老人が通りかかるのを見つけました。パムパンの住人で、よく見知った顔でした。警備兵の方をそっと見ると、彼らは冗談を 言い合い笑っています。私は大急ぎでその老人にささやきました。「今晩、貴方の村が焼討ちされます。村から逃げて下さい。」そして私はくるりと背中を向け ました。何事も起こらなかったように。
一時間後、私たちは二階へ戻されました。そして「毎日のルーティン」です。掃除、服の洗灌、そして水浴び。昼食は喉を通りませんでした。ひどく緊張して神 経がおかしくなっているようでした。その夜、兵隊たちの行列は九時に終わりました。その後、部屋にいた私は、タナカと大佐が兵隊たちとともに階下へ降りて 行くのに気がつきました。警備兵を慰安所に残し、彼らの乗り物が出発する音が聞こえました。

拷問

それから一時間以上してからのことです。私は、大佐とタナカが階段を上がってくるのを聞きつけました。大佐は私を寝台から引きずりおろし、めちゃくちゃに 殴りました。大佐は私の手をひっぱって階下へ連れ降り、拷問しました。暴行された私の目は一瞬にして腫れ上がり、顔中が血だらけになりました。全身にあざ ができました。
大佐は私の手を縛り上げました。瞼が腫れて目を開けられません。それでも無理に目をひらいて周りを見回すと、数人のゲリラが捕虜になっているのが見えまし た。彼らもあざだらけになっていて、手を縛られています。
日本軍がパムパンの村に到着したとき、村には誰もいなくなってしまって、もぬけのからでした。みんな逃げてしまっていたのです。大佐は、彼らの相談を聞い ていたのは私一人だと言い、私が焼討ち作戦を台無しにした、と疑って、激怒していました。
一晩中、立ったまま両手を縛られ、眠ることもできず、喉の渇きと全身の痛みに苦しめられました。翌日の正午になって、大佐が私たち虜囚の様子を見に降りて きました。彼は私の顔に水をあびせました。大佐は他の捕虜たちにも同じように水をあびせていました。喉の乾ききった私には、くちびるにしたたりおちる水の 一滴一滴すら大きな助けでした。水滴を必死になって吸おうとしました。
やがて、ひどい寒さが突然私を襲いました。マラリアがぶりかえしてくることが分かりました。両手を縛られているので、辛くてたまりません。横になりたいの に、縛られているので立ちつくしたままです。髪の毛が逆立つようでした。全身をのたうちまわらせ、絶叫しました。
「死にたい!」

992 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:36
ゲリラたちに救出される

後で母に聞いたところによると、ゲリラたちが捕虜になった仲間を解放するためにその夜駐屯所を攻撃し、拘束されていた私を見つけ、気絶しているところを救 出してくれたのです。一九四四年一月でした。私は九力月間も日本軍に性奴隷としてとらわれていたのです。
一九九二年に公に名乗り出た後、私を救出してくれたゲリラの一人に逢えました。バラハディアさんです。
彼の話によると、私を救出したそのとき、彼はてっきり私がもう死んでしまっている、と思ったそうです。他の六人の少女たちもみんな救出され、逃げて行った のに、私だけはぐったりと気を失っていたからです。
バラハディアさんは私を救出した体験を話してくれました。
「ゲリラが捕虜になったと分かれば、私たちの連隊が駐屯地を攻撃することになっていたのです。精米所にたくさんゲリラが捕えられていました。だから精米所 を攻撃する計画を練って、三日間相談しました。一○人のチームで、武器を持って行ったのですよ。その夜は、幸運にも日本人警備兵が少ししかいなかったの で、攻撃に気付かれずにすみました。精米所の後ろの小さな穴から物音をたてずに中に入ったのです。日本兵が私たちに気付いたのは、ゲリラが全員縛りを解か れ、女性たちも逃げ出した後でした。

赤ん坊のように

一九四四年一月にゲリラに救出された私は、ニカ月もたってから、ようやく意識をとりもどしました。
自分が母の家にいることに気がつき、母の顔を見て、泣きました。話をしたいのに、何の言葉も出てきません。私は、日がきけなくなっていたのです。
ちゃんとしゃべることができなくなり、言葉を言おうとすると、いつでも犬のようによだれが出ました。
ニカ月の昏睡から醒めて最初に思い出したのは、タナカ大尉が私に飲み物を与えようとするので大佐が怒鳴り、私の頭を壁に打ちつけたことでした。しだいに出 来事がすべて心によみがえってきました。いっしょにいた六人の少女のことも思い出しました。
口をきくのは不自由でしたが、母に自分の身に起こったことを話しました。母は慟哭し、私を燐れみました。
私は泣いてばかりいました。母はいつも慰めてくれました。
「あそこでいっしょだった娘たちはどうなったのかしら?あの娘たちも脱出できたのかしら?」私が尋ねても、母は、知りませんでした。
衰弱しきり、ときどきぶりかえしてくるマラリアに苦しみました。母は私を看護し、赤ん坊にするように食べ物をスプーンで食べさせてくれました。それに、薬 草をせんじて飲ませてくれました。
初めは立ち上がることもできず、なかなか歩くことができませんでした。一六歳だというのに一歳六力月の赤ん坊のようにおぼつかない歩き方しかできなかった のです。今も、歩行は困難で、いつもつまずいたものです。今でもまだ、歩いていてバランスを失うことがあります。
まっすぐに目の焦点を合わせることもできなくなっていました。斜視になったようでした。頭髪は抜け落ちました。ときどき不正出血もありました。血のしみが 下着につくのです。
母がグアヴァの葉を煮たもので私の膣を洗って、いやしてくれました。
言語障害は、私が受けた日本軍の虐待と拷問の後遺症の一つです。今も、その後遺症は消えていません。
会話が不自由なので、言いたいことを表せるように字を書こうとしましたが、鉛筆が手からすべりおちます。書いた字は、読めたものではありませんでした。
叔母の一人が母を訪ねてきたとき、
「まあ、私の姪は何の病気になったというの?」
叔母は嘆き、私を憐れみました。
母は、私がマラリアの高熱に襲われ、兵隊たちに頭をたたかれたので会話が不自由になったのだ、と説明しました。
叔母は「たぶん脳が駄目になったんだよ」と、泣きだし、私も母も泣きました。それでも母は、叔母にも私が慰安婦にされていたことは話しませんでした。

993 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:37
「汚れた女」

私は、たえず悪夢に悩まされました。性奴隷にされた体験を夢に見てうなされるのです。
同じ年頃の娘たちを見ると、いつも辛くなりました。みんな、愉快そうに笑ったり、歌やダンスや友達づきあいを楽しんでいて、とても幸せそうで、天真爛漫に 見えました。
私は家からなるべく外に出ないようにし、いつでも部屋の隅に隠れていました。母の他は誰にも、自分の姿を見せたくなかったのです。自分の身に起こったこと を誰かに知られるのを恐れて、家の中に隠れていたのです。
他人が自分を傷つけようとしているという感じがし、自分の背後で話をしている人々に恐怖を感じるようになっていました。そして、私は自分で自分を恥じるよ うになりました。自信や自尊心を失ってしまったのです。始終、人から自分が隠れなければならないような気がし、地面に自分の頭を埋めているように感じまし た。
生き続けること、自分の正気を保つことそのものが、たえまない闘いでした。痛苦の体験はいつも心を去りません。男性を見ると、隠れてしまいました。男たち が、日本軍のような抑圧者に見えてしまうのです。
私は自分が無価値だと感じました。レイプされたために「汚れた女」になってしまったと感じていたからです。処女を失ったということは、未来の夫に捧げるべ き一番大切なものをなくしたということでした。
母も、私を家の外に出したがりませんでした。もし日本軍が追跡してきたら、私も彼女も殺されてしまうでしょう。それに母は、私が表に出て、誰かが私を見て 笑ったり、発狂したと思うのが、悲しかったのです。私は口をきくのが不自由になったために、冗談の的にされたものです。
私は部屋の隅でさまざまなことを思い出しては、泣いて暮らしました。大佐やタナカ大尉や六人の少女たちのこと、遠く離れた町にいる父のこと、ゲリラの仲間 のこと・…。もしあの検問所を通らなかったら、日本兵は私を連行してゆかなかったでしょう。でも、それが私の運命でした。
近所の人や親戚たちさえ、どうして私がいつも部屋に身を隠しているのか、理解できませんでした。近所の人々は、私は頭がおかしくなったのだと考えました。 私の秘密を知っている唯一の人である母さえ、私のことを頭がおかしいのでは、と考え始めました。

ティムボル先生の診断

一九四四年九月一日、母は、戦前から家族がお世話になっていたティムボル先生に診てもらおうと、パサイに私を連れて帰りました。乗客がたいそう多かったの で、私たちは列車の屋根に乗って行きました。パサイには、母の弟たちがまだ住んでいました。
母は、ティムボル先生に、私のマラリアと拷間とニカ月におよんだ昏睡状態について話しました。言語障害のことも話しました。
ティムボル先生は、高熱と拷間による頭部への打撃が昏睡の原因だが、そんな病気から回復して幸運だ、と言いました。
「ロサが物が分からなくなってしまったら……いや、それどころか発狂してしまったら…… とんでもないことです。……記憶力や思考力が回復するように神様に析るしかありません。」
ティムボル先生が母にそんなことを言っているのが間こえます。私はそうならないよう頑張ろう、と心に誓いました。

癒えぬ心の傷

ペドロとエミルは、連合軍の手伝いの仕事を始めました。連合軍は叔父たちが働くと、食料やお金をくれました。父はまだ遠い町から帰ってきませんでした。そ の頃もまだ、私の髪は半インチ(約一・三センチ)しか生えていませんでした。禿げているのを人に見られないように、いつも大きなハンカチを頭にあてていま した。町中の方が住みやすいので、私たちは村を出て、町に移りました。それは、私が三力月間囚われていた、元病院のあの建物の近くでした。
その後、米軍基地のそばの家に引っ越しました。そこなら連含軍兵士たちの洗濯物を洗い、洗擢賃の支払いをしてもらえたからです。私たちには他に生活のすべ がなかったのです。金持ちの父は、まだ遠い町にいました。母は私に、父からの援助をあてにすべきでないと言いました。
私は母を助けて洗濯をしました。洗濯物は手で洗います。それから軍服には全部アイロンをかけました。連合軍の軍服を見ると、アイロンをかけながら涙が出た ものです。

994 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:39
軍司令部による大量徴発的連行

一九四四年五月三○日、「日本軍天津防衛司令部」は天津特別市政府
警察局にあてて、次のように通告した。@河南へ軍人慰労のため「妓
女」一五○人を出せ、A期限は一力月、G借金などはすべて取り消し
自由の身にする、C速やかにことを進めて、二、三日のうちに出発させよ。これを受けて警察局保安科は、売春業者の集まりである「天津特別市楽戸連合会」を 召集し、「妓女」を勧誘させた。日本軍司令部の指示のもと、軍と現地警察局と民間業者が一体となって軍慰安婦の徴達、徴発的連行にあたっていることが明ら かである。
勧誘の結果、一三九人が「自発的に応募」して性病検査を受けたが、逃亡するものなどが多く、八六人が軍慰安婦として選ぱれた。日本軍は、防衛司令部の曹長 が兵士一○人とともにトラック四台で迎えにいった。しかし八六人のうち半数の四二人が逃亡したという。
このように多数の逃亡者がいることは、「自発的に応募」が文書上の偽装であることを示している(『朝日新聞』一九九九年三月三○日)。
一九四四年に、軍司令部が先頭にたってこのように大規模な徴発的連行を性急に行ったのは、藤原彰氏が言われるとおり、日本陸軍の大陸打通作戦、すなわち海 上交通が不可能になったため、朝鮮−満州−中国大陸を通って、タイ、マレー、シンガポールにいたる連絡路をつくろうとする大規模な作戦計画を進めていたこ とに関連していよう。このために河南に大部隊が動員され、軍慰安婦の派遣が強請(ごうせい)されたのである。

東南アジア・南太平洋における徴達・連行

東南アジア諸国や南太平洋の地域においては、これまで見てきた朝鮮や中国における徴達・連行のさまざまの形態が出そろっていると言える。
まず詐欺的連行であるが、インド洋カールニコバル島の海軍軍属であ
った河東三郎は、同島へ内地から来た軍慰安婦について、「かの女ら慰安婦の多くは、戦地に行くと無試験で看護婦になれるとだまされてきたのだそうだ。かの 女らは看護婦になるつもりで、戦地に従軍してきたらしい」と仄聞(そくぶん)している(『ある軍属の物語』思想の科学社、一九八九年)。また、カリマンタ ン・タラカンの輜重兵(しちょうへい)第三二連隊の戦中記には、次のように記されている(「戦争体験記・部隊史にみる『従軍慰安婦』」)。
慰安婦は三十名余りおり、その中の一人に源氏名(ママ)を清子(本名リナー)と名乗る十八才の若い娘を知り、よく遊びに行った。
彼女らはセレベス島のメナドから、東印度水産会社の事務員にすると騙(だま)されて、ガレラに連れてこられ、慰安婦にさせられたそうである。
彼女らの女学生時代のセーラ服姿の写真を見せられたが、日本の女学生と同じ服装で、メナド人はミナハサ族といって色自で、日本人によく似た顔立ちで美人で あった。彼女らは当時としては高等教育を受けた良家の子女達であった。
このように東南アジアでも、徴達された現地で使役されるのではなく、セレベス島からカリマンタン島へ連行されている事例のあることを知り得る。
なお、敗戦後にセレベス民政部第二復員班長によって作成された「南部セレベス売淫施設(慰安所)調書」によれば(『資料集』83)、「実際上婦女の募集並 (ならび)に雇傭契約は主として民政部嘱託■■■■■■(氏名抹消)(帰還)及(および)実業団員■■■■■■(氏名抹消)(帰還)之(これ)を行ひ、
各地方施設に配置したり」とあり、詐欺的連行者を含めて、「雇傭契約」「配置」は純然たる民間業者ではなく、軍の監督下にある者が行っていた。
徴発的連行には、『高野部隊ミンダナオ島戦記』(一九八九年)に、「邦人通訳の森山さんの紹介を得て、武石主計少尉が内地から持参した女性用のワンピース の布を持参して、ダバオのボスを訪問し、『慰安婦』六、七名の斡旋を依頼した。一週間後に、ダバオのボスが指定した場所に、食肉受領の帰途、私達のトラッ クが立寄り、六人の現地人女性を連れて来た」とある。


995 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:40
また、インドネシアに帰化した元日本兵タイラ・テイゾウは、インドネシアの週刊誌『テンポ』記者に次のように語っている(大村哲夫「『現地調 達』された女 性たち」『世界』一九九三年七月)。
インドネシア人女性が日本軍によって強制的に集められたと言う人がいたら、それは間運っています。彼女たちは普通、現地の村役人を通じて行われた通達に よって集められたんです。まず集められて、それから日本軍の司令部へ連れて行かれたんです。ですから、もし強制があったとすれば、それはインドネシア人自 身によって実行されたことになります。(一九九二年八月八日号)これは日本軍弁護論として語られているのであるが、「現地の村役人」を通じての徴発がかな り普遍的に行われていた事実を明らかにしている。ただこうした事態が、日本軍による現地村役人への事実上の命令・強制なしには行われないであろうことを、 タイラは見落としている。

暴力的連行――フィリピン

東南アジア諸国では暴力的連行、しかもそれは日本軍による直接的な暴力的連行も盛んに行われていた。プロローグでも度々紹介したフィリピンのマリア・ロ サ・L・へンソンさんも暴力的に連行された一人である。しかも彼女は暴力的に連行される以前に、生理もまだない一四歳の時、日本軍の将校と兵士から二度も 強姦されている。その後彼女は抗日ゲリラ組織フクバラハップ団に参加し、一九四三年四月のある日、組織の指示があって男性ゲリラニ人と一緒に近くの町へ行 くことになり、検問所を無事通過したが、しかし検問所を通り過ぎると彼女だけが戻ってくるように合図され、警備兵によって日本軍の司令部兼駐屯地に転用さ れていた建物の二階に連行された。その夜は何も起こらなかった。
その翌日、自分がたくさんの兵隊たちに性の相手をしなければならないのだと知りました。最初に一二人の兵隊がたてつづけにレイプしました。それから三○分 くらい間があり、またもや一二人の兵隊です。私はひどく出血し、身体がめちゃめちゃに傷つけられたと感じました。翌朝には、立ち上がることすらできません でした。
一人の少女が朝食を運んでくれました。彼女に質問したかったのですが、警備兵がさえぎり、言葉さえ交わせません。食事は喉を通りません。性器が腫れ上がっ ているのでしょう、痛くてたまりません。ひとり、泣いて泣いて泣き続け、母の名を呼ぴました。日本軍に殺されるかもしれません。抵抗しようがありませんで した。昼の二時から夜の一○時まで兵隊たちが行列をつくって私をレイプする日々が始まりました。他の六人の少女の部屋にも、兵隊たちが行列をつくっていま した。

彼女の監禁されていた慰安所は、後述する強姦所に含まれるかもしれないが、週一回の日本人医師による検診があった。その医師も検診した後レイプした。
レメディオス・ヴァレンシアさんもヘンソンさん同様、偶発的に暴力的連行にあい、同じような扱いを受けた一人である。証言を間こう(『証言』V)。
一九四三年の十月ごろ、マニラのパコ市の市場で魚を売っていたとき、三人の日本軍兵士に手を引っぱられて抱きかかえるようなかっこうで、近くの空き家に連 行されました。そこはニッパヤシで造ったような建物で、十二平方メートルくらいの広さの家でした。一人の兵士が何か言った後、他の兵士は外に出ていきまし た。そこで、一人の兵士に強かんされました。そのとき、市場で働いていて別の兵士グループに連行された女性もいました。
その後、うしろに堅い座席のあるトラックで、マニラ市内のダコタ地区にある大きな家に連れていかれました。その家は二階建てで、一階は大きな応接間で三十 平方メートルくらいあり、二階は、ベッドを一つおけばあまり余裕もないくらいの部屋が四つありました。そこには、テルミという名前の日本人女性がおり、四 人の若いフィリピン女性もいました。テルミは、二十八歳くらいで、私より少し背が高く一五五センチくらいで、その家の一階に住み、食事の世話や医者を連れ てくるなど、その家を管理していました。また、日中は、民間の日本人男性が二人ほどいて、私たちを監視していました。家には鍵がかかっていましたが、部屋 にはかかっていませんでした。その家があった場所は、現在マニラ動物園構内の入り日付近です。そこでは、毎日のように、一日六人から多いときは十五人くら い、兵士の性行為の相手をさせられました。食事のときだけ下の部屋に行き、あとは、大体二階にいました。他の四人のフィリピン女性も同様でした。性行為に 対してはお金や物をもらったことはありませんが、医師による性病検査が毎週土曜日にありました。兵士たちはほとんどコンドームをつけていなかったのです。 あるとき、兵士が外に連れだそうとしたので抵抗したところ、銃剣で右足のすねの部分を刺されました。今でもそのあとが残っています。


996 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:41
元日本軍兵士の回想記の中にも、このような暴力的連行があったことが知られる。除野信道「ミッドウェーの以前と以後」(『戦争体験記・部隊史 にみる「従軍 慰安婦」』)には、次のように記されている。ニューブリテン島ラバウル郊外のカビエンでのことである。
(一九四三年)二月五日、慰安所の店開きをするからという案内が設営隊からあった。招かれた者は駐留各隊の幹部士官。丘の上に無造作につくられた建物に集 まった。
その中には命からがらラエから退いてきた呉第三特別陸戦隊の崎谷武男もいた。女性は三十人弱。大部分は水商売の前歴者であったが、「こんな前線に出される とは……」とこぼしていた(彼女らに恩給支給すべしとの提案を期待する)。なかには朝鮮から回されてきた者もあった。また日本語が喋れない小娘もいた。英 語と中国語を交互に使って事情を聞くと、「ペナンで夕方の外出禁止命令を知らずに街を歩いていたら、逮捕されここに入れられた」と涙をこぼした。良家の子 女のようだったが、戦争の爪跡はこういうところにも及んでいるかと思うと、酒も不味(まず)くなった。

暴力的連行――インドネシア

このような個別的・偶発的な暴力的連行とは別に、集団的・組織的な暴力的連行も行われた。インドネシア東部のアンボン島における「慰安婦狩り」の体験を、 禾晴道『海軍特別警察隊』(太平出版社、一九七五年)が紹介している。アンボン島では、四四年八月の大空襲で残されていた現地人慰安所も解散したが、海軍 司令部から再興しようとの話が出、慰安婦集めの作戦が練られた。
その場合、「アンボン島と周辺の小島から、多くの慰安婦を集めようとすれぱ、慰安婦志望者だけでは少ないだろうし、多少強制でもすれば住民の反日感情を高 めて、治安上おもしろくないことが起きはしないだろうかという心配の点が中心になるだろうと思われた」。
結局、「早急に対象となる女性のリストを作って、本人に交渉する。ある程度の強制はやむをえないだろう」ということになった。現地人警察官を動員して「慰 安婦狩り」が行われた。警察の指導にあたっていた木村司政官は、敗戦後、次のように話していた。
あの慰安婦集めでは、まったくひどいめに会いましたよ。サパロワ島で、リストに報告されていた娘を集めて強引に船に乗せようとしたとき、いまでも忘れられ ないが、娘たちの住んでいた部落の住民が、ぞくぞく港に集まって船に近づいてきて、娘を返せ!娘を返せ!と叫んだ声が耳に残っていますよ。こぶしをぷりあ げた住民の集団は恐ろしかったですよ。思わず腰のピストルに手をかけましたよ。思い出しても、ゾーッとしますよ。
カリマンタン(ボルネオ)島西部のポンティアナック市における海軍派遣部隊の「慰安婦狩り」の実態も明らかにされている。オランダ軍の戦犯裁判関係の報告 書によれば、おおよそ次のようなものであった(大村哲夫「『現地調達』された女性たち」)。
同市では一九四三年前半に派遣隊長が在留日本人の畜妾(ちくしょう)禁止令を出すとともに、日本人と性的関係のあった現地人女性全員を強制的に慰安所に囲 いこむことを命令した。まず日本企業と民政部に勤めていた女性たちが海軍特別警察隊に出頭を命じられた。ある者は全裸にされて日本人との関係を認めるよう に責めさいなまれ、またある者は路上で特警隊に逮捕され、屈辱的な検診を強制された。
こうして特警隊によって集められた女性たちは、海軍軍人用(三ケ所)と民間人用(五ケ所あるいは六ケ所)の慰安所に振り分けられ、海軍慰安所は海軍派遺部 隊が直接に運営し、民間用は南洋興発株式会社に運営が任された。慰安所は鉄条網で囲まれていて、女性は特別の許可がなければ外出することができず、逃亡を 図った女性の母親が報復のため特警隊によって殺されたこともあったという。
今現在、「ナヌムの家」は遺族会系の元慰安婦から「金を横領している」
「ハルモニの血をすするナヌムの家」と告発され、慰安婦同士の醜悪な争いの
只中にある。 ナヌムの家が体現しているのは、ウソにウソを重ねた運動の浅ましい結果に過ぎない。


997 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:42
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p106

武昌慰安所「世界館」
総兵力三○万を投入し、日中戦争の中でも最大規模の武漢攻略作戦を展開した日本軍が、武漢三鎮と呼ばれた揚子江中流沿岸の漢口、武昌、漢陽(ハンヤン)を 占領したのは一九三八年一○月二五日から二七日にかけてである。
武昌と漢陽は、隋、唐の時代から栄えた町である。漢口は、一九世紀末から中国中部の、軍事、交通の要衝として急速に発展し、フランス租界、イギリス租界、 ドイツ租界、ロシア租界等多くの外国権益があった。また一九三七年一二月、日本軍の南京攻略後、国民政府機関の主体は一九三八年七月まで武漢の地にあっ た。中支那派遣軍は武漢占領にあたっては、「武漢三鎮進入要領」を示し、軍の行動を細部にわたって規制した。南京占領の際、日本軍は約四○万人ともいわれ る中国人を虐殺し、強姦、輪姦、略奪を行なった。そのことは日本国内では知らされなかったが、欧米各国では大きく報道された。南京虐殺のような事態を繰返 せば国際的な批難を浴びることは必定だった。また、外国権益を侵害するような事件が発生すれば、諸外国による干渉は避けられないと予想されたため、軍の行 動を規制する必要があったのである。
「武漢進入ニ際シ軍参謀長ノ注意事項」(昭和十三年十月二十四日発)の主な項目をあげてみよう。
 一 第三国権益ヲ尊重シ絶対二被害ヲ及ホササルヲ要ス……略……今万一第三国権益蹂躙ノ結果不幸ナル国際問題発生センカ之力為或ハ赫々タル戦勝ノ効果ヲ 傷ツケ  作戦ノ進捗ヲ妨ケラルル事無キラ保チ難シ……略……
二 無益ノ破壊、放火ヲ厳二戒ムル……略……武漢ノ地ハ差当リ皇軍力戦塵ヲ洗フノ適  地ニシテ次期作戦ノ策源地タルノミテラス将来ニ亙リ永ク部隊ノ駐屯 スヘキ地タリ況ン
  ヤ新生支那ノ為政治的、経済的、文化的心臓部ナルニ於テヲヤ是ニ於テカ克ク現存ノ建築物、諸施設ヲ愛存シ以テ充分ナル利用ニ資スルヲ要ス……略……
三 各種不法行為特ニ掠奪、放火、強姦等ノ絶無ヲ期スルヲ要ス
  皇軍ノ武漢進入ニ方リテハ其一挙一動ニ世界人士ノ耳目集中スヘシ正ニ皇威ヲ宣揚シ皇軍ノ真姿ヲ理解セシムヘキ絶好ノ時機ナリ……略……各種非違ハ軍隊 ノ緊張セル進入直後ノ時機ヨリモ寧ロ若干日経過シタル後二於テ発生ノ機会多カルヘキヲ以テ時日ノ経過ト共ニ監督ヲ緩メサルヲ要ス「陸軍作戦支那事変 <2>」(防衛庁防衛研修所戦史室著朝雲新聞社刊)
コウさんに連れられて神道らが武昌(ウーチャン)に着いた時、中国人の姿はほとんど見られなかった。

998 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:43
日本軍侵攻を知って、家も家具なども放置して逃げ出してしまったようだ。中国人の姿を見かけるようになったのは、一、二か月経ってからであ る。
 ――支那人がいっぱい死んで、遺体、誰も片づける人いないからそのままぶんなげてある。刀で殺されたり、鉄砲に当って死んだ奴か、女も男も死んでる。中 には穴掘って埋めたお墓みたいのもあったし……。遺体がそっちこっちあって、煉瓦だから、血ィいっぱいくっついてるんだ。そこで飯炊いて喰うんだから。汚 いとか言ってられねえんだ。腹は滅ったし……。

川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p108

神道らは煉瓦造りの大きな建物に入れられた。裏手には山があったが、その建物の裏口を出たところに中国人の遺体が横たわっていた。殺されてまだ何日も経っ ていなかったろうと思う。周囲には黒ずんだ血糊がべっとり付いていた。
神道らの到着は兵隊たちに瞬く間に伝わったのだろう。まだ軍から営業許可が下りないうちからやってきて、神道らを把えた。
 ――許可なる前に、死んだ人、側にいても、どこでも、陰の方、見てねえとこさ行ってやらせろっていうんだ。すごいよ。それだけ兵隊さんがやりたがったん じやねえか。
兵隊にのしかかられ動転して神道は、死にものぐるいで兵隊を押しのけ逃げて来た。兵隊は背後から何か叫んでいた。その時神道は日本語はまったく分らなかっ たが、「許可が下りたら遊びに来るからまっててね」、おそらくそんなことぱを神道に投げつけていたのだ。日本軍は中国人の遺体は片づけはしない。娘たちの 仕事はまず、遺体を片づけ染みついた血を洗い流す事から始まった。
武漢に慰安所が開設された当時のことが、「漢口慰安所」(元漢口兵站司令部・軍医大尉長沢健一著 図書出版社刊)に次のように記されている。
「武漢陥落とともに上海、南京で待機していた売春業者らは、慰安婦を率いて続々と武漢を目指し、揚子江をさかのぼりはじめた。派遣軍は彼らを軍需品扱いと し、優先輸送した。……略……軍需品は輸送順位が上位であるから、名目上、そう取りはかった……略……」


999 名前: 名無しさ ん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 02:45
川田文子『皇軍慰安所の女たち』(筑摩書房)p109

さらに、漢口の積慶里に漢口特殊慰安所を設置した経緯を詳述している。
「昭和十三年十一月中旬、漢口兵姑司令部は、上級司令部の指示により慰安所に供
する家屋を選定し、女たちを引き連れて続々来漢する慰安所業者を入居させ、慰安所
開業までこぎつけ」
「十一月下旬から開業した」。
このことは第二軍の司令部が一九三八年一二月一○日に発した「第二軍状況概要」
(防衛庁防衛研究所所蔵)の「第四 漢口及漢陽警備」の項に次のように記されている
ことで裏づけられる。

 三、〔(イ)〜(ハ)略〕
    (ニ)外出、慰安
 外出ハ警備第一主義ニ基キ当分ノ間引率外出、慰安所出入ノ為ノ外出以外之ヲ認メ
 ス慰安所ハ十一月二十五日ヨリ之ヲ開設シ切符制度ニヨリ混雑ヲ防止シ以テ皇軍ノ
 面目ヲ維持スルコトニ努メツツアリテ概ネ所期ノ目的テ違シアルモノト信ス

日本軍が武漢を占領した約一か月後には慰安所が開設されたのだ。神道が働くことに
なる世界館も、おそらくこの頃開設されたと思われる。
神道らが入れられた煉瓦造りの建物は、日本軍の占領前は中国人が使っていたもので
ある。飲食店か旅館の類でもあったのだろうか、広い建物だった。最初その建物の中に
入った時、まだ中国人の体臭が残っているような気がした。数日間にわたって軍から大
工出身の兵隊が来て、間仕切りして部星数を増やすなど、内部を造りかえていた。一階
が帳場と炊事場と食堂、娘たちは二階の間仕切りした小部屋に割りふられた。

1000 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 03:03
ひえええええええええええ

1001 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 03:04


1002 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 03:04


1003 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 03:04


1004 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 03:05


1005 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 03:05


1006 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 03:05


1007 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 03:06


1008 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 03:06


1009 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 03:06


1010 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 03:07


1011 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/05(火) 03:13


1012 名前: 名無し さん@1周年 投稿日:2000/09/08(金) 21:09


1013 名前: 投稿日:2000/09/10(日) 03:11


1014 名前: 投稿日:2000/09/10(日) 03:12


1015 名前: 投稿日:2000/09/10(日) 03:13


1016 名前: 投稿日:2000/09/10(日) 03:14


1017 名前: 投稿日:2000/09/10(日) 03:15


1018 名前: 投稿日:2000/09/10(日) 03:16


1019 名前: 投稿日:2000/09/10(日) 03:17


1020 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:07


1021 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:08


1022 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:08
 

1023 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:08
          

1024 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:09
 

1025 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:09
        

1026 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:09
 

1027 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:10



1028 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:10
    

1029 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:10


1030 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:10
      

1031 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:10



1032 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:11
       

1033 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:11



1034 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:11
        

1035 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:11


1036 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:12
  

1037 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:12



1038 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:12
 

1039 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:13


1040 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:13
  

1041 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:13


1042 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:13
 

1043 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:13


1044 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:13
  

1045 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:14


1046 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:14
 
 

1047 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:14


1048 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:14
     

1049 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:15


1050 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:15
  

1051 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:15


1052 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:16
  

1053 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:16


1054 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:16
 

1055 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:16


1056 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:17
  

1057 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:17


1058 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:17
   

1059 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:17


1060 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:17



1061 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:18
 

1062 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:18
   

1063 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:18


1064 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:18
     

1065 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:18


1066 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:19
    

1067 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:19


1068 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:19
    

1069 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:19


1070 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:19


1071 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:19

 

1072 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:20
  

1073 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:20


1074 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:20
      

1075 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:20
 

1076 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:20


1077 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:20


1078 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:21

 

1079 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:21
    

1080 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:21
  

1081 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:22


1082 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:22
       

1083 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:22



1084 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:22
       

1085 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:22


1086 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:22
     

1087 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:23



1088 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:23
 

1089 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:23


1090 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:23
 

1091 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:23


1092 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:23
 
 

1093 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:24
 

1094 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:24


1095 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:24
 

1096 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:24


1097 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:24
  
 

1098 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:25


1099 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/09/12(火) 03:26
         

1100 名前: 名無しさん@1周年 投稿日:2000/12/07(木) 07:04
事実や証言を書かれると発作的に荒すアホウヨクですね。
みなさん954から読み返しましょう。それでも
慰安婦は皆金儲けのために志願したといえるのでしょうか。



広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー